ホーム > mixiユーザー(id:5501094) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5501094)

日記一覧

ある晴れた日に 第369回 わが家でも猫を一匹飼っているすぐネコになる私の背中耕君が「ネコですよ」と言ったので今年のわが家は猫年なんです「お母さん今日は迎えに来てくださいね」5年前の記憶生々し施設の息子こんな児は世間じゃ誰も可愛がらない妻と

続きを読む

蝶人物見遊山記第199回&鎌倉ちょっと不思議な物語第364回   鎌倉若宮大路の段葛は長らく工事中でしたが、本日から開通したので中村吉右衛門丈とその一族を迎え、そのお披露目がありました。彼は昔8代目、9代目幸四郎の父兄共々岐れ道の近所に住んでい

続きを読む

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.997 当然スーパーを解雇された中年男が、学歴ではくをつけるために通いはじめた大学で知り合った奇妙な女教師ジュリア・ロバーツと恋に落ちる話なり。 はじめは退屈だが次第にひきこまれて観終わってしまういう、ゆる

続きを読む

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.996成人した自閉症児とその父親の苦闘を描く2011年製作の香港・中国映画。うちは妻が健在だから助かっているが、この映画の主人公は妻に死なれ、自分も癌に侵されて余命いくばくもない。にも関わらず父亡きあとの子

続きを読む

照る日曇る日第855回全世界で八面六臂の大活躍を展開している著者による新作は、ぬあんと四方田家の女三代にハイライトを当てた一族の波乱万丈の物語であった。著者の祖父、四方田保氏は、貧困の家から身を起こし、人権弁護士として活躍。祖父の前妻、柳子

続きを読む

これでも詩かよ第172番ある晴れた日に 第368回春一番が吹いた朝、主がいないお向かいの家では、梅が満開だった。紅白の梅は、これで1113年の間、主人が帰るのを待って毎年律儀に咲いている。あるコピーライターは、今は亡き吉本隆明選手から、「1

続きを読む

照る日曇る日第854回本邦の時代精神を美術、思想、文学の3つのポイントから総括する規模雄大な歴史書ですが、タイトルのいかめしさとは裏腹に、その内容は第1章「三内丸山遺跡」、第2章「火炎土器と土偶」、第6章「古事記」、第10章「最澄と空海と「日

続きを読む

音楽千夜一夜 第360回  シャルル・ミュンシュのベートーヴェンは1番、8番を除く7曲がライヴ録音で8番の仏コンセルバトワールを除く8曲が手兵ボストン響を振っています。何回か聴いているとやはりスタジオよりもライヴ演奏の方が生気に富んでいて、

続きを読む

母死して14年
2016年03月23日10:12

ある晴れた日に第367回天ざかる鄙の里にて侘びし人 八十路を過ぎてひとり逝きたり  日曜は聖なる神をほめ誉えん 母は高音我等は低音 教会の日曜の朝の奏楽の 前奏無みして歌い給えり 陽炎のひかりあまねき洗面台 声を殺さず泣かれし朝あり 千両、万両

続きを読む

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.995スコット・フィッツジェラルドの原作を1974年に映画化したもの。敵役トムのブルース・ダーンとガソリンスタンド男のスコット・ウイルソンは適役だが、主人公のロバート・レッドフォード、ファム・ファタールがミ

続きを読む

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.994 亡くなったばかりの人の家を訪ねて個人が発注したと称する聖書を訪問販売!する放浪の行商人をライアン。オニール。ともしかすると実の娘かもしれない少女をテータム・オニールの実の親子が織りなす珠玉のロードサ

続きを読む

音楽千夜一夜 第359回 シャルル・ミュンシュ(1891−1968)は、大好きな指揮者です。 長くボストン交響楽団の音楽監督を務め、彼の生地ゆかりの独仏両国の音楽にいずれも堪能で、明晰かつ情熱的な演奏を後世に遺してくれました。 彼がフランス

続きを読む

鎌倉ちょっと不思議な物語第363回  先日わが十二所公民館にて鎌倉考古学研究所理事伊藤一美氏の講演会が開催されましたので、少しくその内容をレポートしてみたいと存じます。全体のテーマとしては鎌倉時代以降の鎌倉はどうなっていたのかということです

続きを読む

照る日曇る日第853回&音楽千夜一夜第358回 シャルル・ミュンシュは大好きな指揮者だ。長くボストン交響楽団のシュフを務め、彼の生地ゆかりの独仏両国の音楽にいずれも堪能で、明晰かつ情熱的な演奏を後世に遺してくれた。 彼がフランス国立放送響と

続きを読む

ある晴れた日に 第366回ある日、東映から健さんがやって来た。なんちゃら組の親分役として、わが社の営業を手伝ってくれるというので、感激した私は一本の包丁を買って来て、「♪包丁いっぽおん、さらしにまいてえ」とア・カペラで歌いながら、東映映画で

続きを読む

照る日曇る日第852回台湾に生まれて台北で過ごし9歳で日本に移住した変わり種の血沸き肉踊る一大歴史変遷人間惑乱&世紀の悲恋物語ずら。題材とプロットが大きく、それなりに造型が魅力的に描かれているので直木賞を受賞したのだろう。中国からやってきた

続きを読む

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.993時はペストが蔓延し誰もが最期の日は近いと暗い予感におびえる北欧の中世。「そろそろお前の番だ」というてお迎えに来た悪魔を、まだ生に未練のある元十字軍兵士が、「ちょっと待ってくれ。俺はまだ此の世に未練があ

続きを読む

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.992 特撮を駆使しても噺につじつまが合わないところがあるのはこの原作自体が事実ではないからだろう。 あんな小さい船に凶暴な虎と一緒にいたらすぐに喰い殺されるはずずら。 それでもまさかめ映画として成立してい

続きを読む

照る日曇る日第851回 後期高齢者の元気な老人たちが、腐敗堕落したこの国を一変させるために、テロをも辞さず立ち上がるという勇ましい話だが、その中に棺桶に片足入れた下流老人の私なんかが加入していないことだけは疑いない。 村上選手などはまだ少し

続きを読む

照る日曇る日第850回「あの「源氏」を書いたあなた、ちょっとなんか言いなさいよ」などと道長やまわりの人たちからちょかいを出された挿話をこの日記に書きとめているのを読むと、やっぱり紫式部があの偉大な「源氏物語」の作者なんだなあとしみじみ思う。

続きを読む

茫洋物見遊山記第198回 イタリア・ルネサンスの「至高の美」!(本展のキャッチフレーズずら)が20点以上もやってくるというので雨の都美術館へやってまいりました。ここは国立と違って65歳以上のロートルは1000円で入場できるので助かります。 ボッティチ

続きを読む

茫洋物見遊山記第197回 天気が悪い平日ならそれほど混まないと思って桜にはまだ早い上野の森に駆けつけ、どうしても観たかったカラヴァッジョの特製11点をとっくり鑑賞いたしました。 ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1751-1610)、略してカ

続きを読む

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.991 ペネロペ・クルスがヒロインとなって監督・主演のセルジオ・カステレットと繰り広げる切るに切れない愛憎のもつれ物語い。 イタリア映画には昔からトイレで用を足している女をそのまま見せるレアリズモがあったが

続きを読む

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.990 ナチを逃れたユダヤ人親子が異卿の地ケニアで異人に出会い異文化に触れ、さまざまな苦難を乗り越えてドイツへ帰還するまでの苦労話だが、残された家族は強制収容所行きとなる。あのとき同行していれば助かったと後

続きを読む

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.989勝ち誇る極悪に対して忍耐の限りを尽くした正義の味方が最後に実力行使するてふ生理的快感、暴に対して暴で酬いる快感が健さんをヒーローに祭り上げた侠客映画の定石だが、映画から限りなく遠ざかって考えてみると、

続きを読む

照る日曇る日第849回 新聞で小説を連載するのは大変な仕事だろう。いちおうおおまかな構成とプロットを立てた上で、毎日何枚かを書いていくわけだが、その短い中にも小説全体を通底する「核」とその回における「山」がなければ読者は退屈してしまう。「門

続きを読む

照る日曇る日第848回昨年5月17日、誤嚥による窒息死で還暦を目前に急死した車谷長吉、本名嘉彦の遺稿集です。5本の短編小説、9本の随筆、さまざまな俳句と連句、3つの対談と鼎談、4つのインタビュー、脳と指のためのリハビリ日記で構成されたまあ寄せ

続きを読む

ある晴れた日に 第365回なにゆえにマーラーの二番を二枚組にするCD一枚に収められるのになにゆえに「元気を貰いました」などと軽々にいう元気は己が湧かすものなにゆえに公明党員は自宅にポスターを張る参院選にもう夢中なにゆえにベンチャーズは便々と

続きを読む

西暦2016年如月蝶人狂言畸語輯&バガテル―そんな私のここだけの話 op. 226以前東京新聞の歌壇の老選者が、現代口語で応募した人の作品を勝手に文語に直して特選とし、「どうです、これで格調高い短歌になったでしょう」なる評語を添えていたが、こういう

続きを読む

西暦2015年水無月蝶人酔生夢死幾百夜私が勤務している会社は、地道に米を販売する地味な会社なのに、社長がとつぜんとち狂って若者向けの2種類の新製品を発売し、それぞれにマスコット・キャラクターをくっつけて売り込むのだと張り切っている。6/1しか

続きを読む