ホーム > mixiユーザー(id:5501094) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5501094)

日記一覧

西暦2017年皐月蝶人酔生夢死幾百夜 私は貧乏人だったのにもっと貧乏そうな人に車とお金を上げてしまった。その車の中には「探せば車内に50万円あります」という置手紙をしておいたので、彼は今頃大捜索をしているに違いない。5/1「お客様、まずはこのモ

続きを読む

ある晴れた日に 第488回クリスマスの門扉の飾りひとつ残し近隣の家全焼したり20冊を同時並行で読むというあな恐ろしや奥村晃作月曜の朝に出かけてすぐ電話「金曜夜はカレーにしてね」おのおのがたなうなうなんぎなよのなかじゃふんどしのひもきりりしめ

続きを読む

西暦2017年卯月蝶人酔生夢死幾百夜 若い二人の結婚式で、人世の幸福の秘訣は「A=B、B=C、butC≠A」という公式の解読にある、と私がスピーチすると、マエセイゾウが、「そんな馬鹿な話があるものか」と文句をつけたので場内は騒然となったが、新郎

続きを読む

西暦2017年弥生蝶人酔生夢死幾百夜 「マーサ製造所」という看板はいったい誰が掲げたのか? うどんそばを製造している我が家にはにふさわしくないのでなんとかしろ、とさっちゃんに迫るのだが、知らん顔してそっぽを向いているのだ。3/1「なぜおれはな

続きを読む

蝶人狂言綺語輯&バガテル―そんな私のここだけの話op.278○永年勤続表彰式における社長のあいさつ本日、石井俊介さん、中山順二さんの勤続25年の表彰式に際し、ひとことごあいさつさせていただきます。*1おふたりはいずれも昭和44年にわが綾部証券に入社さ

続きを読む

闇にまぎれて tyojin cine-archives vol.1263〜12701)相米慎二監督の「夏の庭」をみてラストの井戸の底から相米、三国、ザード、淡島の精霊がざわざわと立ち上がって来るような不思議な映画。相米にはもっと長生きしてほしかった。2)山田洋次監督の「母べえ

続きを読む

降誕祭の音楽
2017年12月25日10:56

音楽千夜一夜第404回 Sさん、いかがお過ごしでしょうか?12月といえばクリスマスの季節。そちらはもう雪が降りつみ白一色のホワイトクリスマスではないでしょうか。そこで今宵は、北国の降誕祭にふさわしい音楽をピックアップしてみたいと存じます。ま

続きを読む

蝶人物見遊山記第266回& 鎌倉ちょっと不思議な物語第394回 まだ歳の暮れだというのに、早くも恒例の清方正月展が開催されています。今回もメインは、清方作品をもとに名押し絵作家の永井周山が製作した押絵羽子板でしょうね。これら「明治風俗12カ月

続きを読む

西暦2017年如月師走蝶人酔生夢死幾百夜 世にも恐ろしい化け物に襲われて命からがら逃げかえったのだが、地方局の報道を使ってそいつを退治する志願者を募ったら、Aさんが早速協力すると申し出てくれたので、来週一緒に出かけることにした。2/1少数精鋭の

続きを読む

蝶人狂言綺語輯&バガテル―そんな私のここだけの話op.277○姪の成人式を祝う伯母のスピーチ陽子ちゃん、成人式おめでとう。お父さん、お母さんもおめでとうございます。*1おばさんはね、普通の姪が成人式を迎えた日の普通のおばさんよりは、きょうずっとず

続きを読む

西暦2017年睦月蝶人酔生夢死幾百夜 白い顔の女と宿屋に入ったら、なぜだかもうひとり顔のない女も一緒に入ってきた。他には誰も客がいない2階のだだっぴろい大広間に布団を敷いて、まだ夜にもならないのによもやま話をしていたら、急にその気になったの

続きを読む

照る日曇る日第1019回&これでも詩かよ第228番 今日は朝から木曜日アクアに乗ってお買いもの*おらっちはかみさんとアクアの歌をうたいつつ上郷生協でお買い物**  おおアクア おおアクア  お前の名前は なぜアクア?   アクアはラテン語で

続きを読む

蝶人狂言綺語輯&バガテル―そんな私のここだけの話op.276新製品発表会/食品メーカー開発担当者のスピーチテーマ=意欲的な新製品のセールスポイントを分かりやすく解説する本日はお忙しいなか、当社の新製品発表会にご出席いただきましてまことにありがとう

続きを読む

音楽千夜一夜第403回 &照る日曇る日第1018回木下龍也著「つむじ風、ここにあります」という短歌の本を読みました。木下さんは山口市在住のことし29歳、すでに2冊の歌集を出し、2012年には全国短歌大会大会賞を受賞したという、文字通り新進気

続きを読む

照る日曇る日第1017回偉大なる文豪、谷崎潤一郎を生涯にわたって支え、インスパイアーした松子夫人の妹重子とその義理の嫁渡辺千萬子を軸に、その芸術と人生の内幕を鋭くえぐる。谷崎の創作の女神は周知のごとく「蘆刈」「春琴抄」の頃は松子だったが、「

続きを読む

蝶人物見遊山 第265回 いつものように、泰西名画をうやうやしく観賞するていの、普通の展覧会、ではない。かわりに、葛飾北斎の「北斎漫画」を左に、それを模したと思しきおふらんすの作品を右に並べて、「さあどうだ、おらっちが誇る純国産の大家、北斎

続きを読む

蝶人物見遊山 第264回 並木五瓶作の傑作らしいが、どこがそうなのかはさっぱりわからんかった。ともかく中村吉右衛門扮する武家くずれのいなせな頭巾姿の侠客が、主家への恩返しのために大金を借りたり、その金が用立てできずに甥を殺してしまったり、最

続きを読む

照る日曇る日第1016回車谷長吉に「純愛物語」という作品があるそうだが、これは亡き夫の3周忌に霊前にささげられた妻、高橋順子による渾身献身の「純愛物語」で、涙なしには読めない、見事な見事な大人の恋の物語であります。当時43歳の長吉選手は、遠

続きを読む

本日休演です。
2017年12月13日19:55

おやすみなさい。また明日。

続きを読む

照る日曇る日第1015回2作ともロシア語からの直接の初邦訳というが、英語訳も読んだことがないナボコフ選手20代の若書き中編小説であった。表題の「マーシェンカ」というのは、主人公の憧れの初恋の女性である。若き日にロシアの故郷で「好きにして」と

続きを読む

照る日曇る日第1014回「六花」2号2017年12月号には、「奥村晃作へ16の質問」がその回答とともに掲載されていて、これらを通読すると、この偉大な歌人の人柄がおのずと浮かびあがって来るようです。座右の1首が氏の恩師である宮柊二の  おそら

続きを読む

蝶人狂言綺語輯&バガテル―そんな私のここだけの話op.275新社屋落成式/建設会社社長のお礼のスピーチテーマ=独自の企業ポリシーで景気後退を乗り切る決意を示す本日は皆さまご多用中のところ、山川建設株式会社の新社屋の落成式にご出席たまわりましてあり

続きを読む

宮崎駿監督の2本ずら
2017年12月09日13:08

闇にまぎれて tyojin cine-archives vol.1261、1262○宮崎駿監督の「崖の上のポニョ」をみて陸にすむ人間と海にすむ生物との友愛を描く宮崎選手得意のファンタジー映画。愛すべききゃら、ポニョが初めて登場するシーンについて苦心惨憺していたようだが、その

続きを読む

照る日曇る日第1013回夭折したわが子が、2代、3代、4代と、さながら月が満ち欠けを繰り返すように彼岸と此岸を幾たびも渡って蘇る。その再生が子供のみならず死せる愛妻にまで及んでいたことを知って愕然とするところでこの奇跡的な夢物語が感動的にス

続きを読む

照る日曇る日第1012回手足や視力を喪いながらも、親子2代にわたって反権力闘争に挺身していく筋金入りの革命家の兄弟一家の、端正な筆致で記述した、なんだか一場の夢のように美しくも果敢ない抵抗小説である。物語の題材としては、1973年の東アジア

続きを読む

照る日曇る日第1011回 小嵐九八郎の「新左翼死人列伝」を読んで本書のことを知り、内ゲバのことが気になってページをめくる。内ゲバによる最初の死者は1970年の、中核派が革マル派活動家を殺害した海老原事件であるが、それ以降のあらゆる党派を含め

続きを読む

音楽千夜一夜 第402回  久しぶりにクナを聴いた。1962年4月14日と63年5月10日ににケルンでライブ収録されたブラームスの交響曲3番とブルックナーの7番。どちらもクナ選手の18番だが、なぜだかいつものようには心弾まず。いったいどうし

続きを読む

西暦2016年師走蝶人酔生夢死幾百夜 突然家の中に大きな蛇が入ってきたので、ゼンチャンもコウチャンもケンチャンも大騒ぎ。お母さんが大蛇の上に座布団をかぶせたので、私はその上から岩を落としてやろうと思ったが、念のために座布団の下をそっと覗いた

続きを読む

蝶人狂言綺語輯&バガテル―そんな私のここだけの話 op. 274いつのまにやら「自己批判」、「自己否定」、「自己解体」という内省的な言葉は死語となり、能天気な「自己肯定」や「自己第一」だけが、らりらりらああんと世間をまかり通っている。11/1ドジャース

続きを読む

ある晴れた日に 第487回なにゆえにあっと言う間に霜月になる八百万神が帰ってきたからなにゆえにラミちゃん立派に勝負ができた凡事徹底「マタ明日ガンバリマス」なにゆえに車のスペアキーが無くなったどうして探せばいいのだろう?なにゆえに拉致被害者が

続きを読む