ホーム > mixiユーザー(id:5501094) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5501094)

日記一覧

ある晴れた日に 第348回われもまた一匹の獣であるMGMのライオンとなりて吠えておれば友ありて利他だ利他だと叫んでいたが今頃どこでどうしているか北海道には棲息しないのになぜヤマトシジミ家の中でくたばっておる霜月尽また朝日は昇る頭領を無くした

続きを読む

十一月の歌
2015年11月29日09:30

これでも詩かよ第163番〜ある晴れた日に第347回朝から晩まで風が吹きムクロジの葉っぱが落ちる実も落ちる太郎には太郎柿、次郎には次郎柿、宮部みゆきには太郎次郎柿ゲゲゲの鬼太郎には輝太郎たもれ紫式部には西村早生柿、清少納言には高瀬柿和泉式部に

続きを読む

ある晴れた日に 第346回屁理屈で捻くり回した歌詠んでいったいなにが楽しいんじゃなにゆえに男性ダンサーのあそこはあんなに大きいいったい何が入ってるんだなにゆえに数字の1をiと書くイッヒMozart電話も一番セッテンバー紅葉が燃える歩道橋の上で君を待

続きを読む

茫洋物見遊山記第193回あまりに書斎に座ったきりでは心身が腐ってしまうと危惧して寒さと雨を冒して半蔵門まで辿りつき、平賀源内作の「神霊矢口渡」全4幕を見物してきました。近年では大詰めの「頓兵衛住屋」がよく単独で上演されるそうですが、今回は序

続きを読む

原節子死す
2015年11月26日09:24

そんな私のここだけの話op.215&鎌倉ちょっと不思議な物語第361回  原節子嬢が9月5日に95歳で亡くなっていたというニュースを聞いて、ああついに来るべきものが来た、という感慨に襲われた。このひとだけはいつまでも死なないのではないかとひそかに考

続きを読む

ある晴れた日に 第345回瑠璃蜆また瑠璃蜆てふてふてふ瑠璃子と瑠璃男の瑠璃色ダンス蝶よりも蛾を低く見るそのこころ人種差別のはじまりなるか 何気なくを何気視線を目線と平気で書く奴等とは今日を限りに絶好じゃなくて絶交失せ物ありシャープの液晶テレ

続きを読む

ある晴れた日に 第344回午前零時銀座通りの真ん中で黄色いウンチが湯気を立ててるカバライキンカバライキンと叫んでる君も私もバイキン仲間年に二度寺尾家にやってくる富山ナンバーの薬売りのおじさん果樹園のてっぺんに立ち眺むれば西に富士山東に東京湾

続きを読む

照る日曇る日第829回 げんざい中央公論新社の創業130周年記念事業として同社から刊行されている文豪谷崎潤一郎の最新版全集を毎号楽しみにしている今日この頃ですが、前からちょっと気になっていることをレポートしておきたいと思います。 谷崎の全集

続きを読む

鎌倉ちょっと不思議な物語 第360回&そんな私のここだけの話op.215鎌倉に55年間住んだ絵本作家、故柿本幸造さんの絵本原画展が開催されます。誰もが知っている「どうぞのいす」や「じゃむじゃむどんくまさん」から隠れた名作まで、錦秋の3日間に限り、

続きを読む

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.945&946初期の映画はみな面白かったが、だんだん化けの皮がはがれてきたような気もする。しかし才能はある人なので、来年の五郎丸、じゃなかった真田丸に期待してるずら。○三谷幸喜監督の「THE有頂天ホテル」をみてい

続きを読む

照る日曇る日第828回この巻に収められたのは「蘆刈」、「春琴抄」、「陰翳礼讃」を含めた「摂陽随筆」、単行本未収録の「夏菊」他計2編などであるが、なんといっても「蘆刈」が圧倒的に素晴らしい。著者自身を思わせる主人公が、ある日ふと思いついて、後

続きを読む

ある晴れた日に 第343回「ノア」という箱車が走り去る選ばれし家族とプードル乗せて要するにただの白い車じゃないかライムホワイトパールクリスタルシャインカラー車などみな似たりよったりなれど買う人が無理矢理個性をつける 或る夜に大イノシシが現わ

続きを読む

ある晴れた日に 第342回一冊の書物を遺しこの世から立ち去らんとする人の原稿を直す目を閉じて髭を剃らるるわが息子大仏に似た顔となりけりニッポンはアメリカと組んで中国を抑えつけようとしているわれら民草の頭越しに何匹も犬や猫を飼う人を「犬猫病患

続きを読む

戦争映画をみる
2015年11月16日11:33

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.941、942、943、944○ケヴィン・マクドナルド監督の「第九軍団のワシ」をみて英国に侵入したローマ軍第九軍団がワシの軍旗を奪われて全滅。その軍団長だった父親の敵を息子がうつ歴史戦争ものずら。当時はイタリアが先

続きを読む

ある晴れた日に 第341回「お母さん、輸血ってなに?」「怪我をしたときに他の人の血を入れることよ」「宇宙戦艦ヤマトの島大介さん、輸血したお」「そうなの?」「マコトさんとファミリーナの田中さん、好きだお」「マコトさんってお父さんのこと?」「そ

続きを読む

音楽千夜一夜第351回 ついこないだ亡くなったばかりの指揮者を偲んで全41枚のCDを聴いてみました。 収められているのは順番にモーツアルト、ハイドン、ベートーヴェン、メンデルスゾーン、ブラームス、ブルックナー、マーラーで一番多いのは彼がシェ

続きを読む

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.940 世界一だか日本一だか知らないがおバカどころかアホバカな犬は世界中、日本中にごろごろいるようだ。 隣のアホ犬などは朝の六時から無駄吠えをして、向こう三軒両隣のみならず町内の善男善女を叩き起こしているの

続きを読む

秋の鎌倉文学散歩
2015年11月12日11:09

茫洋物見遊山記第192回&「鎌倉ちょっと不思議な物語」第359回 鎌倉文学館の主催で年3回行われているこの催しですが、今回は「鎌倉文士の足跡」を辿るウオーキングでした。 というても行動半径は駅の周辺の近場ばかり。午前10時に裏駅の時計広場に

続きを読む

照る日曇る日第827回 この本をデビッド・リンチの映画「インランド・エンパイア」や「マルホランド・ドライブ」を見ながらの感想を綴ったエッセイだと云うたら、それはそうかもしれない。 あるいは小島信夫やカフカやベケットやランボオや聖アウグスティ

続きを読む

茫洋物見遊山記第191回&「鎌倉ちょっと不思議な物語」第358回 いつも仏像や御雛様の展示をしている国宝館が異色の展覧会を来る12月6日まで開催しています。題して「鎌倉震災史」。歴史地震と大正関東地震という副題がつけれれているとおり、当地に

続きを読む

音楽千夜一夜第350回 一聴すればたちまち分かるように、これまでのどんなピアニストのどんな演奏とも鋭く一線を画する恐るべき音楽が鳴っている。 内田光子は死んだシューベルトの霊を呼び出し、彼になりかわって白鳥の歌をうたい、鎮魂の真心を捧げてい

続きを読む

高橋源一郎選手独演会
2015年11月07日10:47

「鎌倉ちょっと不思議な物語」第357回&バガテル−そんな私のここだけの話op.218 秋日和の昨日は、商工会議所で鎌倉文学館開館30周年記念の「鎌倉文士前夜とその時代」という講演会があり、高橋源一郎、館長の富岡幸一郎両氏の対談があった。 富岡と云

続きを読む

闇にまぎれてbowyow cine-archives vol.937,938,939○パトリス・ルコント監督の「髪結いの亭主」をみて 相思相愛の一方の若妻が、年配の夫に性交を挑んだあと、激流に身を躍らせる。 もうこれ以上の至福の時はないだろうから、その絶頂で身を絶とうというわ

続きを読む

照る日曇る日第826回「潤一郎犯罪小説集」(「日本におけるクリツプン事件」、「或る罪の動機」「黒白」)、「卍(まんじ」を中心に、芥川龍之介の思い出噺などを交えたコンピレーションである。 谷崎の小説では、男は女への奉仕者であり、女たちはいきい

続きを読む

ある晴れた日に 第340回川島なお美は、がんだった。坂東三津五郎も、がんだった。この国の、ふたりにひとりが、がんになる。アンパンマンも、がんだったアンパン、ジャムパン、クリームパン胃がん、肺がん、食道がん乳がん、舌がん、子宮がんカレーパン、

続きを読む

蝶人五風十雨録第7回「十月三十日」の巻1982年10月30日 土曜 午前中、裏庭の整理をする。日本シリーズ、4勝2敗で西武勝つ。1983年10月30日 日曜 はれ 寒みかん狩りなれど長男は行かぬと主張して行かぬ。妻は映画を何年振りかで観たり

続きを読む

ある晴れた日に 第339回お土産はすぐき八橋五色豆何回行っても京都旅行は仙人草も薄も怨んでいるだろう草刈り爺さんに全部刈られてハロウィンなるかぼちゃ祭りを持て囃す軽佻浮薄な日本人かな死ね死ね死ね手前こそ死ね死ね死ね死ね今日も吠えてる平成死の

続きを読む

西暦2015年神無月蝶人狂言畸語輯&バガテル―そんな私のここだけの話 op.217握った右手の強さを上回る力で握り返さない人間は本当の友ではない、と考えるマッチョなインテリが多いので驚く。いかなる正論にも異論の余地はあり、反論の出来ない立論はない

続きを読む