ホーム > mixiユーザー(id:5501094) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5501094)

日記一覧

ある晴れた日にある晴れた日に 第412回ロンダリングはよく分からないがリンダ・ロンシュタットなら知っている10月2日午前9時いまだ秋にあらずとミンミンは鳴くこんな歌のどこがいいんだという歌を歌壇の大家がこぞりて選ぶ死なずともいい人が死にさに

続きを読む

音楽千夜一夜第375回& 蝶人物見遊山記第217回&鎌倉ちょっと不思議な物語第372回曇天の午後、久しぶりに鎌響のマチネーを聴きました。曲目はいつもの私の大好きな天下の名曲、鎌倉市市歌に続いてチャイコフスキーのイタリア奇想曲、メンデルスゾーン

続きを読む

自由律詩歌その10
2016年10月28日09:37

ある晴れた日に第411回山居幽勝赤面の至りです造像起塔智慧高才持戒持律称名念仏弥陀の本願変態大事もうもう厭だなにもかも寄ると切られた越えるべき多くの峠がある渡るべき多くの川があるけふもまた母に似た歌を詠む息子哉青空から鶯の初音が降ってきた野

続きを読む

闇にまぎれて cyojin cine-archives vol.1098CIAで朝から晩まで本を乱読することを命じられている主人公のレッドフォードが不可解な殺人事件に巻き込まれてもがくうちに謎の写真家フェイ・ダナウエイの深情けの御蔭で命をとりとめるという1975年製作の

続きを読む

戦争映画を2本
2016年10月26日12:55

闇にまぎれて cyojin cine-archives vol.1095、1096○サミュエル・フラー監督の「最前線物語」をみて第1次大戦にも出兵した鬼軍曹リー・マーヴィンに率いられて第2次大戦の欧州各地を転戦する6名の若き兵士らの痛苦に満ちた赤裸々な体験を、サミュエル・フ

続きを読む

照る日曇る日 第904回著者が鎌倉山で斃れたのが2014年の春のことで、もう鬼籍に入って2年を過ぎたわけだが、懐かしい人柄を偲んでまだこういう絵入り随筆が登場するのはファンとしては嬉しいことだ。これは「チルチンびと」という雑誌の連載を1冊の

続きを読む

闇にまぎれて cyojin cine-archives vol.1094NYで広告のための音楽を作り続けていた初老の男、ダスティン・ホフマンは英国で老いらくの恋をして熟女エマ・トンプソンとロンドンで新しい生活を始めようとする。日本ならすぐに小原孝を越えることができるだろ

続きを読む

照る日曇る日 第903回私はむかし会社からリストラされたあと、暫くフリーライターで生計を立てていた。そのときに出版社からリライトを依頼される素人作家の原稿のなかでいわゆる後期高齢者の手になるポルノ小説が多いことに驚かされました。例えばリタイ

続きを読む

西暦2015年師走蝶人酔生夢死幾百夜ふと見ると目の前の白い花にウスバキチョウが止まって一心不乱に蜜を吸うておる。北海道のそれも大雪山系・十勝岳連峰の高山地帯にしか棲息しないはずの天然記念物がどうしてこんな里山にいるのかと私は訝しく思った。12

続きを読む

蝶人物見遊山記第216回幕末に長崎にきて活躍したドイツの博物学者フォン・シーボルトの死後150周年ということで「国立科学博物館」と「江戸東京博物館」で同時に2つの展覧会が開催されています。前者「日本の自然を世界に開いたシーボルト」展では植物

続きを読む

闇にまぎれて cyojin cine-archives vol.1093ヒトラーの個人秘書の証言を基にしている脚本らしく、かなり真に迫って来るドキュメンタリータッチの映画である。なんといっても狂気の独裁者ヒトラーに扮したブルーノ・ガンツの演技、そして愛児6人を毒殺したあ

続きを読む

照る日曇る日 第902回おととしの「人類が永遠に続くのではないとしたら」、去年の「戦後入門」に続く著者の最新の政治・社会論集が早くも登場しました。全国民必読の記念碑的力作「戦後入門」の熱いたぎりの余韻を残す論考が、すでに日の残りを勘定してい

続きを読む

闇にまぎれて cyojin cine-archives vol.1092夏目漱石は探偵と高利貸は下賤の仕事であると喝破したが、この映画に登場するジンーン・ハックマンがその手合いの心象を好演している。最後に思いもかけぬドンデンガエシが待っていて、見る者をあっと言わせるが、

続きを読む

邦画を3本
2016年10月16日08:03

闇にまぎれて cyojin cine-archives vol.1089&1090&1091○溝口健二監督の「山椒大夫」をみて淡いモノクロームと悠揚せまらぬテンポで繰り広げられる、この有名な親子別れと奇跡的な出会いの物語を見物していると、日本の昔の優れた映画はいまより100層倍

続きを読む

自由律詩歌その9
2016年10月15日07:46

ある晴れた日に第410回哀れなるかな文語定型に殉ずズンズンズン ズンタタズン百年の後会おう千両を喰らい尽くして万両へ今日がその56億7千万年目各々方すわ一大事反革命ですぞ只今空襲警報発令!善が限りを尽くした果てに悪が生まれる今朝死者を見たど

続きを読む

照る日曇る日第901回我が敬愛する詩人の最新作27編を通読しておのずから浮かんできたのは京の六波羅蜜寺に立っている平安時代の僧、空也上人の彫像でした。浄土教の先駆者、口唱念仏の祖と伝えられる上人の口からは、6体の小さな仏像が流れ出し、それは

続きを読む

自由律詩歌その8
2016年10月13日09:16

ある晴れた日に第409回ギンギラギンに騒ぐ奴紅白には分けられませんLGBT海鴎ヒチコック映画の如く来襲す源氏池ナウくてイカす奴やったなあボウイボーイじゃなくてボウイ男ではなく女でもなさそうな第三の性男でもあり女でもあるような私たちの性高橋の

続きを読む

邦画を2本
2016年10月12日09:20

闇にまぎれて cyojin cine-archives vol.1087&1088○熊井啓監督の「日本の黒い夏 冤罪」実際はオウムの殺人事件であったのに、無実の人を警察とマスコミが犯人にでっちあげてゆく冤罪事件の事の次第を追及する映画である。こういう冤罪はその後も後を絶たず

続きを読む

音楽千夜一夜 第374回 1958年ルドルフ・ルービとDr.アルフレート・クリングス(故人)により創立されたドイツ・ハルモニア・ムンディ・レーベルの50周年を記念して2008年に発売された50枚組CDの第2弾です。あの余りにも素晴らしかった第1

続きを読む

照る日曇る日第900回この巻では「武州公秘話」、「倚松庵随筆」、「青春物語」の3篇を中心に編まれているが、やはり未完に終わった「武州公秘話」の被虐趣味の果てしもない暗さと深さに驚かされる。鼻を削がれた武者の女首になって、美女の手や指や冷酷な

続きを読む

闇にまぎれて cyojin cine-archives vol.1085、1086○ドン・シーゲル監督の「ダーティハリー」をみて記念すべきシリーズ第1作ではあるが、その出来ばえはあまりぱっとしない。連続殺人犯がかける公衆電話に振り回され必死でサンフランシスコじゅうをかけずり

続きを読む

闇にまぎれて cyojin cine-archives vol.1084典型的な不倫映画なのであるが、演出がいかにもフランス風に洒落ているうえに、ヒーローとヒロインの魅力を鮮やかに描き出している。今年91歳になるジャン=シャルル・タケラ監督が1975年につくった生きる喜

続きを読む

第1章 丹波人国記〜水無月祭り 「てらこ履物店」のいちばんの上得意は、色街の月見町の芸者さんたちでした。彼女たちは、上等の着物をきて酒席にはべりますから、当然、その行き帰りにはこれまた上等の草履をはきます。 下駄よりも、ヘップ(オードリー・

続きを読む

蝶人物見遊山記第215回開場50周年を記念して3カ月連続完全通し上演がはじまったので、例によって天井桟敷席からと見、こう見して参りやしたが、なんか中身がスカスカという感じ。3日初日の3日目だから、まだ殺陣も決まらないし全体に締りがないやね。

続きを読む

どうでもいい映画3本
2016年10月04日13:52

闇にまぎれて cyojin cine-archives vol.1081&1082&1083○マイケル・アプテッド監督の「007ワールド・イズ・ノット・イナフ」をみてはじめはおぼこ娘と思ったソフィーマルソーが突如悪女の本性をむき出しにして5代目ボンド、ピアース・ブロスナンの首を

続きを読む

照る日曇る日第899回「日本語のために」という総合タイトルのもとに古代の祝詞から始まって道真や漱石の漢詩と漢文、伊藤比呂美訳の「般若心経」「白骨」、「どちりな・きりしたん」やマタイ福音書の様々な翻訳、琉球の「おもろさうし」とアイヌの「神韻集

続きを読む

西暦2016年長月蝶人狂言畸語輯&バガテル―そんな私のここだけの話 op. 244 なんでちゃんと仕事をして結果を残している青木を、またしてもマイナーに落とすのか。マリナーズの監督の馬鹿野郎。9/1愛用していたスピーカーが2つとも壊れてしまった。とりあ

続きを読む

ある晴れた日に 第408回「これからもずっと横浜です!ヨロシク!」と叫んで 三浦大輔別れを告げたり生まれしがついに飛べない黒蝶に末期の水を飲ませる朝黒蝶の短き命尽き果ててげに懐かしき五齢の緑木金は息子が鬼怒川へ旅行するなんとか無事に終わって

続きを読む