mixiユーザー(id:5501094)

2020年01月16日10:03

52 view

半蔵門にて通し狂言「菊一座令和仇討」をみて



蝶人物見遊山記 第328回

四世鶴屋南北の原作「御国入曽我中村」の中身はともかく、一枚看板をこれほど夜郎自大に塗り変えるとは、国立劇場も菊五郎もけしからん。

確かに尾上菊五郎一座総出演の年頭興業には違いないが、出てくる奴出てくる奴、なんだか生気も根性も芸への精進もなく、チンタラチンタラうわべだけのお芝居をなぞっている。じつに不愉快極まりない狂言だ。

ゆいいつの収穫といえば、2幕目で私の住いの近くの「朝比奈切通福寿湯」の場が登場したくらいか。

鎌倉時代から明治の終わりまでこの峠は殷賑を極めた街道筋で、昼夜を問わず多くの商人、旅人たちで賑わったから、茶屋、旅籠はもちろん、銭湯の一つや二つあってもおかしくは無いのである。

なお、この芝居は今月27日までやっているが、ことさら見るべき値打ちもないのでお勧めしない。

  誰もかも「1日1日集中」か ボキャブラリーの貧しき関取 蝶人

8 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月16日 16:52
    せっかく時間をかけて出向いていったのに、それは誠に残念でしたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月16日 22:30
    > mixiユーザー げっそり
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月17日 08:22
    >誰もかも「1日1日集中」か ボキャブラリーの貧しき関取 蝶人

    日本相撲協会として、関取に、インタビューの受け答えレッスンを
    して欲しいですね。(とある競技では、そのようにしていると、聞いた
    ことがあります。)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月17日 09:10
    > mixiユーザー でも受け答えすらしない、できない政治家よりマシかも。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年01月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031