ホーム > mixiユーザー(id:5501094) > mixiユーザーの日記一覧 > 高木正幸著「新左翼三十年史」を読んで

mixiユーザー(id:5501094)

2017年12月06日09:44

378 view

高木正幸著「新左翼三十年史」を読んで



照る日曇る日第1011回

小嵐九八郎の「新左翼死人列伝」を読んで本書のことを知り、内ゲバのことが気になってページをめくる。

内ゲバによる最初の死者は1970年の、中核派が革マル派活動家を殺害した海老原事件であるが、それ以降のあらゆる党派を含めた内ゲバの犠牲者は、本書が刊行された1988年8月の時点で83名である。

その内訳は中核派の革マル派活動家殺害が45名、解放派の革マル派活動家殺害が22名、革マル派の中核派、解放派活動家殺害が15名、その他マル青同の同士リンチ殺人1名となっている(連合赤軍メンバー12名のリンチ殺人などは除く)。

本書は今からざっと30年前に書かれた本だから、その後死者の数はもっと増加し、いまもなお時々新聞の雑報で報じられたりしてすたることがない。

むかしは政治思想の異なる党派が殺し合っていたが、比較的最近では、同一党派内の対立勢力同士で殺害を繰り返していると知って、言葉を失った。

ひとはいつでも見解を異にする他人を、いくぶんかは憎むものだ。そしてその憎しみが嵩じて増殖していくと、いつの間にか他者は不倶戴天の敵として対象化されて、その死を願ったり、みずから手を下したりしてしまう。

いったん敵を殺せば、敵は報復と称して味方を殺し、その報復のために殺戮が続き、この連鎖はよほどの契機が出現しない限り未来永劫にわたって途切れないことに理屈の上ではなってしまう。

ひとはひとをあやめてはいけません。されどいったいいつまでこういう不毛な殺戮地獄が続くのだろう?

今も昔もイデオロギーの対立は、お互いの存在を抹殺しないかぎり、解消されないのだろうか?

みんな違ってみんないい。かつて金子みすゞが夢見た世界は、ついにこの地上では訪れないのであろうか。

   12345678910 1時間おきに小便するわれ 蝶人


14 19

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月06日 10:03

    〉内ゲバによる最初の死者は1970年の、中核派が革マル派活動家を殺害した海老原事件

    この時点でそのキャンパス内にいました。その3年後の、今度は革マルが下手人側になってキャンパス全体が摺動した事件の際も、いました。

    政治党派は数多くても、対立党派の者をこのようにいくらでも殺害して怪しまないのは、左翼だけだと思います。
    それは、なぜなのか?
    その理由は分からずとも、このドストエフスキイの悪霊を地で行っていた時代にほとんどその内部で生きていた一時期の生の記憶は、忘れられるものではありませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月06日 10:18
    うーむ、悲しいことです。しかし、革マル派を憎む気持もわかる気がします。そういうのが左翼だけだとしたら、なぜ?と考え込んでしまいます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月06日 10:59
    内ゲバ、左翼に特有のように感じていて何故だろうと思っていました。今のところ考えているのは、元々「俺達が世の中を変えてやる」「俺達が正義」という意識で集まった集団だから次第に誰の正義を採用するかの争いになるのではということです。その意味では保守の跡継ぎ争いと同じことなのかもしれませんね。ともかく私は思考回路は漸進左翼的だと思っていますが運動としての左翼は怖くて近寄りがたいです。ロックと違うのは数を頼みにする所でしょうか。ロックも音楽は好きですがミュージシャンは怖いですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月06日 11:25
    > mixiユーザー はたして左翼だけかはいざ知らず、どうして敵に向かわず、本来はスクラムを組むべき相手を殺しに行くかいくら考えても不可解です。いったんその渦中に入ったらもう没論理になるのでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月06日 11:29
    > mixiユーザー 私も心情的には反革マルでしたからその気持ちはよく分かります。今も昔も党派内の論理と倫理はともすれば客観性と普遍性を失ってしまいますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月06日 11:30
    > mixiユーザー おらっちロックミュジシャン大好きずら。いまでも激しく憧れています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月06日 12:49
    > mixiユーザー ロックミュージシャンの場合は成果物は音楽だから生活が死活的にかかっているとしても協力し合えない場合は解散とかになるわけで、バンド仲間を殺したりということにはまあ普通ならないですよね。怖いと思うのはジョニー・デップが滞在中のホテルの家屋を壊しまくったとかジョン・レノンがアビーロード制作中だったかにポール邸に夜中に忍び込んで肖像画を剥がしたとかの逸話ですね…あと薬物。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月06日 20:34
    まだ続いているんですか。驚き。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月06日 22:16
    > mixiユーザー 御意。げっそり
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月07日 04:14
    > mixiユーザー 新左翼そのものの各党派性だの各活動の意義や意味などがよくわかりませんでした。分裂していった革マルは早稲田を拠点に「解放社」を回していましたが、革共同に残った連中がまとめた中核派は池袋だか要町だかを拠点に革マルのアジトにゲバルトをしかけて喜んでいました。爆破予告で池袋の立教大学の試験を中止に追いやるという暴力革命も中核派がよく使う手でしたが、あれにどんな意味があったのでしょうか? そういえば、革マル派は、愛知県では愛知大学の豊橋本校舎の学生会館二階を占拠して、左翼県としてならした愛知県の一大拠点としていましたが、愛知大学に居たわずか1か月ほどの短期間に何十ぺんもかれらのオルグを受けた私は、ごく自然に新左翼運動のデモなどに馴染むようになりました。しかし、反日帝主義やら反スターリニズムのことがよくわかりませんでした。私を誘い込もうとした人も、そのへんはよくわかっていなかったようでした。中核派も革マル派も、共産党から離れたブントの動きはよくわからず、新左翼というレッテルもどこにどう使うのか未だによくわかりません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月07日 09:20
    > mixiユーザー お尋ねの大問題にまっすぐ答える能力は私にはありませんが、この本を通読するとおおよそのことが分かると思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月07日 10:52
    > mixiユーザー ありがとうございました。一度整理してから読んでみます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月07日 16:52
    > mixiユーザー 本書によれば1957年、革マル、中核派の母体である日本革命的共産主義者同盟の発足をもって新左翼誕生と勘定しているようです。巻末に党派一覧表がありまして参考になります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月08日 00:49
    > mixiユーザー 重ねて御礼を申し上げます。いろいろと済みません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月08日 09:53
    > mixiユーザー 手(パー)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月11日 10:23
    この著者の高木という人、あの解放派の高木じゃないですよね?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月11日 10:25
    > mixiユーザー 違います。元朝日新聞記者ずら。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月13日 08:04
    新左翼も、内ゲバ殺人が起こってからは、完全に市民からそっぽを
    向かれて、衰退の一途を辿りました。凄惨な印象しかありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年12月13日 19:52
    > mixiユーザー げっそり

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年12月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31