ホーム > mixiユーザー(id:5501094) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5501094)

日記一覧

闇にまぎれて tyojin cine-archives vol.2070〜741)ジェームズ・マーシュ監督の「博士と彼女のセオリー」ホーキング博士と糟糠の妻をめぐる愛の物語だが、2人の間に3人も子供がいたとは知らなかった。しかも彼女と別れて別の女性と一緒になるなんて!しか

続きを読む

照る日曇る日 第1320回これは「わたしには きらいなひとがいる。なんにんか、いる」と言うて始まるちょっと風変わりな、というより哲学的な童話ずら。主人公は、その「嫌いな人を嫌う状態を放置していてはまずい」と考える女の子なので、ああでもないこ

続きを読む

照る日曇る日 第1319回左ページに「へいわのチチ」、右ぺージに「せんそうのチチ」という文章と別のイラスト画(すべてモノクロ)を対比しながら進行するのだが、終わりの「みかたのあさ」、「てきのあさ」、「みかたのあかちゃん」「てきのあかちゃん」

続きを読む

音楽千夜一夜第440回2017年に93歳で没したポーランド生まれの指揮者が彼の手兵だったザールブリュケン放送交響楽団(現ドイツ放送フィル)を振った全28枚組のCDを楽しく聴き終わりました。ここに収められたのは彼が得意にしていたブルックナーを

続きを読む

自由律詩歌その49
2019年12月06日10:11

ある晴れた日に 第592回らはらはらはらひらひらひらふらふらふらへらへらへらほらほらほらまらまらまらみらみらみらむらむらむらめらめらめらもらもらもらやらやらやらゆらゆらゆらよらよらよらららららららりらりらりらるらるらるられられられらわらわら

続きを読む

照る日曇る日 第1318回久米正雄の小説、随筆の他に俳句まで要領よくスクープした1冊である。小説はあまり感心しないが取るとすれば「受験生の手記」だろうか。一高受験に失敗した主人公が上京して親戚の家に下宿し、若い女性に恋する。そこに同じ一高を

続きを読む

蝶人狂言綺語輯&バガテル―そんな私のここだけの話第331回むかし選良という言葉があったが、今は選悪。たとえばうちの2階からコウ君が道行くひとに石を投げる。その当たった人よりも、著しく程度の悪い人物が、安倍蚤糞内閣のメンバーなんだろうなあ。11

続きを読む

西暦2019年葉月蝶人酔生夢死幾百夜私の詩集の校正をしているのだが、目次に聞いたことも見たこともないタイトルが続々と登場するので、いったいこれはどんな詩に対応しているのかさっぱり分からず、右往左往しているわたし。8/2スズキ氏の新刊が出たので

続きを読む

ある晴れた日に 第591回なにゆえにアルカイダ首謀者退治を自慢する要するに人殺しじゃないかなにゆえに萩生田光一の首を切らない身の丈に合わない文科大臣なにゆえにコウ君寝まくり食べまくる施設でそれはできないからねなにゆえに安倍蚤糞は浪費するかつ

続きを読む

ある晴れた日に 第590回連敗は絶対しないぞと白鵬は眦決して朝乃山屠る次々に怪我人が出て休場し上位が敗れる九州場所だ丸腰の学生目掛け拳銃をぶっ放すのは香港警察民草を守るはずの警察が香港にては学生を殺すジャッキー・チェンがいた頃の香港警察は人

続きを読む

蝶人物見遊山記第326回 &音楽千夜一夜第439回歯医者のついでに久しぶりのカマキョウです。じつはここんとこ鎌倉芸術館が工事中なので横浜や横須賀で引っ越し公演をやっているそうです。横須賀なんてガラガラかと心配していたら、横須賀交響楽団に匹敵

続きを読む

照る日曇る日第1317回エジプトを出てシナイ山に着いたものの、その麓で壮大な幕屋構築に血道を上げはじめたのはモーセとアロンでもなく、2人の指導者に従うイスラエルの民でも無く、ほかならぬ神自身であるから驚く。神は、このベースキャンプにおいて動

続きを読む

照る日曇る日第1316回イスラエル人でありながらエジプトで善政を敷いたヨセフが110歳で亡くなり、新世代が勃興するようになると、ヨセフなんかてんで知らないエジプト人たちは、大繁殖しているイスラエルの民を抑圧し始め、ファラオは男子の新生児を殺

続きを読む

照る日曇る日第1315回1950年パリ、サンドニ生まれの推理小説作家が綴った文章に、ジャーナリストのペフが装画をつけたドキュメンタリータッチの戦争警告絵本である。ヒトラー政権が1933年から大戦が終わる1945年までのわずか12年間にドイツ

続きを読む

蝶人物見遊山記第326回昨日25日に千秋楽を迎えた歌舞伎興行を雨の金曜日に見物しました。源氏と壮烈なゲバルトを繰り広げた平家の荒武者、悪七兵衛景清を巡る伝説は能、舞、浄瑠璃と数多いが、今回の公演は「大仏殿万代楚」と「嬢景清八嶋日記」をミック

続きを読む

照る日曇る日第1315回しがない受領の娘が、エリート貴族にのぞまれて玉の輿に乗ったはいいいが、一夫多妻の世の中なれど、かてて加えて色好みの夫に「夜離れ」の憂き目にあわされ、いくつかの喜びの夜はあれども涙に暮れる日々多く、「こんなのありかよ、

続きを読む

照る日曇る日第1314回信者の方には怒られそうだが、聖書は読むたびにいろいろな発見(無知な私にとっての)があって興味深い。他の神話にあたってみたわけでもないが、旧約聖書の創世記では、神は安息日を含めて7日間で天地を創造している。中国の古典や

続きを読む

蝶人物見遊山記第325回昨日3つの展覧会をみたとレポートしましたが、都美術館で他にも駆け足で2つみたことを思い出しました。「松本力 記しを憶う」、と「子どもへのまなざし」です。東京都写真美術館のコレクションを中心にした前者では、劇画のいくつか

続きを読む

蝶人物見遊山記第324回1)都美術館にて「コートールド美術館展」快晴の水曜日に上野に行ったらシルバー無料日で大助かり。そのうえ「魅惑の印象派」てふ惹句なんざあふふんとせせら笑っていたのに、思いのほかの充実ぶりに驚く。これはキャッチフレーズ通

続きを読む

香港上空への手紙
2019年11月21日09:31

これでも詩かよ第270回&蝶人狂言綺語輯&バガテル―そんな私のここだけの話op.330在天のH・Mさん、その後いかがお過ごしですか?こちら下界はいま晩秋。今日は少し寒いけれど快晴ですが、そちらの雲の上でも四季はあるのでしょうか?季節はなくても五風

続きを読む

本日はお休みです。
2019年11月20日20:18

久しぶりに東京に出てすっかり疲れましたので。

続きを読む

照る日曇る日第1313回本巻では安倍清明のよる陰陽五行説が図解され、火、土、金、水、木の相関関係を描いた五芒星に基ずいて十二支がひきだされ、壮大な宇宙観が展開される。しゃあけんど、ゆうたらなんやけど、まことに退屈。それ以降に登場する源高明の

続きを読む

蝶人霜月映画劇場
2019年11月18日15:08

  闇にまぎれて tyojin cine-archives vol.2065、66,67、68、691)マーティン・ブレスト監督の「ミッドナイト・ラン」「賞金稼ぎ」のデ・ニーロがやっさもっさするが、最後には正義に味方してメデタシメデタシとなる犯罪活劇の一幕物。2)リュク・ベッソン

続きを読む

照る日曇る日第1312回2018年に98歳で他界した作者最後の句集である。で、どういう作品かというと、ざっと以下の通り。人のためにこの人あり春怒濤弱者いたぶる奴等狼に喰わす胡蝶翔ひらき閉ず被爆なき国を熊谷の暑さ極わまり美しき暗闇の大王烏賊と

続きを読む

照る日曇る日第1311回とって72歳の作者の最近作であるが、歳の割には老成の陰影が濃く、世の中老人だらけなのだから、それほど早く枯淡の隠者にならずとも、という気がする。でもこの人が「小津安二郎の映画のような歌が詠みたい」と呟いたり、鴎外や茂吉

続きを読む

照る日曇る日第1310回仲が悪かった藤原兼通と兼家の兄弟の争いに伊勢物語の在原業平の鬼に喰われた女の逸事をからめた見事な王朝怪異ロマネスク。原作に光彩と想像力の輪を加えた岡野玲子の構成と作画が素晴らしい。   君が代もわが世の春に取り込んで

続きを読む

音楽千夜一夜第438回& 蝶人物見遊山記第323回昨日は美容院へ行った妻と待ち合わせて女声合唱団「ぶどうの会」による第11回チャリテイコンサートに行ってきました。鎌倉市の障害児の保育や福祉活動などに地道に携わってこられた歌うことが大好きなお

続きを読む

照る日曇る日第1309回「少年マガジン」に掲載され、1990年に講談社から初版が出た初期の作品集である。まだ「アキラ」のような百花繚乱の大爆発には至らないが、その萌芽状態の蠢き、あるいは現在の作風とは異なる異世界への咆哮などを窺い知ることが

続きを読む

蝶人物見遊山記第322回 & 鎌倉ちょっと不思議な物語418回 キャッチィ?なタイトルがつけられ、5つの国宝、15の重文が並んでいるが、私が盗んで持って帰りたいほどの魅力的な「名宝」が出品されているわけでもない。いつもガラガラの室内で、珍しくも

続きを読む

蝶人物見遊山記第321回 & 鎌倉ちょっと不思議な物語417回 清方と鏡花は相性がよく、明治34(1901)年に.以来長きにわたって鏡花作品の挿絵を描くだけでなく、深いちぎりを結んだようだ。本展でも鏡花の「高野聖」、の挿絵をはじめ、数多くの関連

続きを読む