mixiユーザー(id:5499304)

2020年08月08日23:17

17 view

4日までのテレビ日記

ちょっとこの辺辛気臭い話が固まってますが大丈夫です生きてます(謎)。

●ダンガンロンパ(5話)
意外なキャラが(それにしても「柑箸い僚子学生」って何か元ネタがあるのか?俺これで3人目だぞ?)でネウロの犯人みたいになったり前回からは予想外なところから犯人が来たり処刑がブロッケンマン程度の描写で済んでホッとしたりでよかったです。

●ノーガンズライフ(16話)
次回「貴い腐と書いて貴腐…『痴の漢と書いて痴漢』に通じるものがあるわね…」。諏訪部さんが演じた別の十三のことですか。

◎聲の形(映画)
※さんざん長文でグダグダ書いてますが実は割と飛び飛び視聴だったので間違いがあったらすみません。
・この題材に難聴系主人公展開をかぶせてくるという壮大なジョーク。日本のダイバシティここまで来たよ…!
しかもその返答が「月がきれいですね」。これは結果オーライ。
・「タイガーなんちゃらと違って私は積極的にいじめてたわけじゃない、一緒にしちゃいけないよ」
当事者「私はあの時どっちも怖かったよ」
なんだ、ネットあるあるじゃあないか(白目)。
小学生石田:ネットニュースに汚い言葉の差別的なコメントをつけて大量のイイネを獲得する。ポリコレ、人権はユーモアの分からないPTAババアの戯言。
植野:↑イイネをつけていた人。一緒になって熱心にトロール作業にいそしむが、寄生主の旗色が悪くなるとだんまりになる。でもイジメ行為は大好きなので優位に立てそうなときには平気でまたすり寄ってくる
川井:ネット世論の場がそんな空気になっているのを特に何もせず傍観していたが、だからといって↑と一緒にされると「自分は違う、いっしょくたにするな」と怒りだす。いやだって皆さん↑↑の人たちが色々いっしょくたにして罵倒してたの黙って見てましたよね…??
・↑そんなわけで、よく「いじめは実行犯はもちろん傍観してただけの人も同罪だ」まで言っちゃう人がいるけど、これ実は悪手なんだよね。
私はコウモリの寓話は前提条件が作為的すぎてかなり眉唾なんだけどさ、じゃあもしあの世界でコウモリこそが圧倒的なマジョリティだったとしたら?そしたら今度は動物と鳥の利口者がコウモリを味方につけようと思うんじゃないかね。ここでコウモリまで敵に回そうとするのはどう見ても旗色が悪いよね。
話を『聲の形』に戻すと、恐らく現実の人間で一番多いつまりマジョリティなのは小学校のモブ生徒タイプ。身に覚えのないことで責められても逆恨みもせず下心があったとはいえ曲がりなりにも行動をしてくれる川井はマジでかなり友好的な部類。で、現実ではたまたま今のところ大部分の人間が自分を被害者側の人間だと思い込んでいるからネット世論では「いじめは悪いこと、卑劣なこと」と言ってくれているが、いざ人々が自分が同一化するべきがモブ生徒や植野の方だと気づいてしまったら、今度はいじめに声を上げる方がフェミやポリコレや人権屋の一種として扱われるようになるよ。ましてや傍観者も共犯だなんて責められたら、善良な川井さんみたいに私ちゃんかわいそうで泣かれるくらいじゃ済まないよ。判官贔屓が廃れて水に落ちた犬をたたくのがトレンドな今の世の中、マイノリティが生き延びるためにはマジョリティのご機嫌を損ねないようにしないと何を言われるかわかったもんじゃーない。
ちなみに私は「サハラになりたいけど怠惰な上にジェットコースターにも乗れないので結局使えない」というタイプです。たまに見かねて◆つけてニュース日記とか書いちゃうけど次の日には怯えきって二度と見返さないというのがいつものパターン。使えねえ。
もしくは「ひたすら謝って謝ってそれでも駄目だったのでどうすればよかったのか考えた結果自分が生まれてきたこと自体が間違いだったことに気づいて消えてなくなる事ばかり考えるようになる」けど結局死ぬ勇気もなくついには「自分のようなそもそも生まれてきてはいけない人間を生まれる前に選別する手段がないのならそもそも子供を産むということそのものがエゴであり悪ではないのか?」という思想に発展するので腐りそうなミカンは腐る前にポアできる法律作った方がいいよ(病)。たとえそれが「総理の言うことを全肯定しない奴はみんな死ね」でも「感染者が出たら厩舎ごと皆殺しにしろ」でも「B型はみんな死ね」でも手段さえ安楽死なら私は文句言わないから(病)。こちとら子供の頃から「たとえ必要とする人がいても、1人でもそれをいらないと思う人間がいたらそれだけで『死んで』いい理由になるんだ」ということを何度も何度も何度も何度もたたき込まれて育ったんだ(心の闇)。
・ネット世論の平均値より一応高めに設定されているはずの川井が下手したら一番嫌われるのって興味深いなあ。
明確な悪事といえばチクリ野郎なことくらいだけど、「彼女に今近づいてきてるのはそういう過去のある相手だから警戒はしておいた方がいい」という親切心があったのかも知らんし、そもそもネットで芸能人とかの話題になるといちいち昔のやらかしを書き込んでくる奴普通にいるからなあ。いつまで「別に…」をあげつらうんですか!
あとはまあ自覚のないぶりっ子だってくらいだけど、バクマン。的にはオールオッケーじゃないのか。
・養老天命反転地だー(反応)!!
・散々いじめておいてお望み通り消えてやろうとしたら悲劇のヒロイン呼ばわり、アンチって何やっても文句つけてくんだよなケッ(荒)
そういう時当たり散らすんじゃなく「生まれてきたこと自体がかわいそうだ」と同情してくれる岩柱さんはやっぱり慈悲深い。
ていうか西宮は耳が聞こえないんだから後ろに石田が来ていたことを知らずに飛び降りてるからね、そんなことすら知らない人もいるようだけど。
・西宮あんな過去のある石田に最初から好感度高すぎない?という気もしたが、ちょうどいま赤毛のアン再放送で、いくらシカトされ続け目の敵にされても歩み寄ろうとしてくるギルバート・ブライスの漢っぷりを見てるところなので、まあそういう人もいるかな、と。
ていうかそれを言い出したら植野はもっとわからない。単にシビれるアコがれる男が好きなだけなら落ちぶれた石田はさっさと見放して次を探せばいいんだから、一応彼女にも罪悪感があったってことかな。
・でも本当に石田は偉いよ…自分の過ちを反省して償いをしようとするなんてアメリカ大統領だってできないことをこいつはしたんだぜ…。
・登場人物が完璧じゃないこういう話って荒れるの目に見えてるからあんまり他の感想見たくなかったんだけどちょっとだけ見てみたら自分を守るのも自虐するのもどっちも叩かれててもうこれわけわかんねえと思いました。ロバ売り?
ていうか、人間関係で私より理解力ないって相当ヤバいんだけど皆さんまともに社会生活送れてるんですか。
・ともかく、耳が聞こえていても人の話が聞けているとは限らないという落ちでした(うまいこと言った顔)。君に届け。

●ワールドトリガー
>23話
・魔王軍会議だ!魔王軍会議だこれ!!
・作品における戦闘シーンの割合を考えると紛れもなくバトル漫画な割に意外と設定の多い作品だから毎回の解説コーナー助かる。FF7で途中「あれ?リユニオンってなんだったっけ?」ってなってた人です。
>24話
レインメーカー…ベルリン?それとも雪代巴……

●ソーマ5(5話)
・ブラッククローバーが時間ずれたから久しぶりに見てみたらいつの間にか列車編終わってたー!
・なんやカラーになったらブリード加賀みたいなのいるな。
・久しぶりに見て思ったんだけど、これこそビビットアーミーとコラボさせるにふさわしいよね…
でもあちらさん最近は以前みたいな虐待画像がなくなったから不快指数がブレイクソードブレイドソールレベル(「もぉ〜、男の子ってば本当知能の低い女子が好きなんだからあ〜自分が上に立ちたくて仕方ないんだねしょうがないなあ〜」という生暖かい目で見守る程度)まで下がったよよかったね!

●アリシゼーションアンダーグラウンド(16話)
・初めて気づいたけど主題歌歌ってるのレオナって人なんだな…『ダイ』の主題歌も歌いますか。魂の色?白じゃないかな。
・なんだこの変態!流し切りを入れてやれ!
・やないさん汚染されていた(笑)。「アドミニストレーターは『容量節約のために全裸』なんてやってるんならいっそ人体なんて複雑な形してるのやめて光の玉かなんかにでもなってた方がいいんじゃないの?」って思ってたんだけど、まさかそんな実用的な意味があったなんて…
・なんだ、刑事ドラマあるあるか。自分で手を汚さずに相手を殺人犯に仕立てるプーかしこい。刑事ドラマだったら一人勝ちだあおめでとう。余罪には気をつけろよ。

◎東離剣遊紀2(5話)
・主題歌ちょっと変わった?
・要するに、ローさんうっかりバルスとかティッラーとか言っちゃったら大惨事!
・何ゆえに殺し何ゆえに生きるのか…わからないまま終わる、そんなのは嫌だ!
・今度は角をよこせ。まあ、舌よりはマシだけど…
・デカ汗(漫画的表現)
・「お前は殤のためにならん」
・さらにはペラペラ男呼ばわり。
・レムさんみたいなこと言い出したー!!
・解毒剤効き早くね!?毒はじわじわスリップダメージだったのにゲーム並みだ!きっと今まで抑えてた気の流れを全力で全身に流したんだよ。

●未来少年コナン(14話)
ああ、労働のよろこび!!
・ハイハーバーの適度なファンタジー感いいなあ〜きれいだな〜21世紀のファンタジーともちょっと違うんだよね。
適度なファンタジー世界の日常、ええのお〜
・待て!お前それ、鼻の下をこすった指でパンをこね続けるのか!!

●銀河英雄伝説(18話)
・一人だけ作風が違うのいる(爆笑)
・…と思ったらクール代表のラインハルトさんまで「あの下種野郎!」とか言いだした。ギャグになりそうでできないギリギリ攻めてきやがった(汗)
・うわあああ!身分どうこう言うキャラのキャラクターじゃないいいい!!!どっちかというと、張飛とか…そっちのタイプ!

◎この差(火)
サスペンス系は門外漢でコナンも金田一も一通りの設定くらいしか知らなかったので勉強のために見てみたんだけど、悪いけど金田一のプレゼンはどうして私がサスペンス門外漢で刑事ドラマ嫌いなのかを再確認する内容だったなあ。
犯人に感情移入できたからって何?ここは惑星単位で殺してもあまりくどくど言わないドラゴンボールの世界じゃなくて、一人殺したらもうそれで一生一族郎党犯罪者でただただ叩かれ続けるためだけに生かされる世界なんですよ?
傑作の例として出されたエピソードも、結局のところ「これで善良な人間が犯罪者として一生罪悪感を背負って生かされることになって、悪い奴はみんなかわいそうな被害者に収まったりさんざん好き勝手したけど貧乏くじは引かずにすんだりで平和に過ごしましたV」みたいなのばっかりでただの胸糞だろと。懲善勧悪ですか。
「最大の感動エピソード」とやらも、これじゃ「この女のせいで今まで社会に貢献してきた立派な人間が犯罪者にされた挙句命まで落としましたVマジ疫病神だな!」って話にしかなってないじゃん。これタイムパラドクスゴーストライターや聲の形の植野だったら絶対ボコボコされるやつじゃん…てか多分本気で彼女を大切に思ってたのはこの段階で犯人だけだったんだろうけど、彼女自身ももう頼る人もなく、ていうか唯一頼りにしていた父親は自分のせいで地位も名誉も命までも失いましたという事実を背負って、これからどういう人生を送るんだろうって考えたら、これ結局は犯人の自己満じゃないかと怒りさえ湧いてくる。戦国じゃない方のBASARAで一家心中をあえて止めないエピソードがあるけどこれはその逆で、事故に遭った野良犬を助けてあ〜いいことをしたと一人で盛り上がってる感。野良犬をそのままにしていたら事故よりもっとひどい殺され方をすることは見て見ぬふり。そんな人間を毎エピソードのように生み出しては放り出すのがこのジャンルなんだよ。
弱い人間、差別される側の人間は存在することが害悪、その証拠に彼らに近づいて正義感を発揮しちゃった奴は大体全員犯罪者となり一生一族郎党社会の底辺でただただ叩かれ続けるためだけに生かされる惨めな人生を送ることになる。差別やいじめやゆすりたかりを行った人間は肉体的には殺されるが社会的には命を奪われたかわいそうな被害者として扱われるし殺した方は上記のような報いを受けることになるからある意味勝ち組、1番得をするのはいじめや差別を見て見ぬふりして何もしなかった人たち。そんな世界観を刷り込まれた人間はどういう教訓を得てどういう価値観を持つだろう。まあ為政者としては管理はしやすいだろうね。その代わり海外派兵された自衛隊が石投げられる覚悟はしておけよ。
それとコナン、オートロック輔なんてマンガみたいな名前のキャラを出しておいて完全スルーとか、この作家さんそういうとこあるよね。ヤイバとサヤなんてネーミングにするなら抜刀斎と巴みたいなエピソードの一つもあると思うじゃない!もし物語を作る能力がもっとあったら私がやりたかったくらいだ!!
0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月09日 10:20
    アクタージュ原作者捕まる
    さて本題
    アンのギルは漢というよりめっちゃ下心あるんで牡(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月26日 22:36
    > mixiユーザー 
    いや多少下心あってもあの一途さと忍耐強さと誠実さは敬意に値するよ!下心とはいってもしっかり責任は取るし(笑)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する