ホーム > mixiユーザー(id:5493780) > mixiユーザーの日記一覧 > 幽魂関連

mixiユーザー(id:5493780)

2019年11月13日17:11

15 view

幽魂関連

幽魂を慰める、という表現がある
死者を弔う、悼む、葬る、など、関連を見てゆくと、どうしても各地の風習は一旦は読むようになっているようで、エリア毎に異なることを、敬意を持って読んでゆく姿勢が問われる


続日本紀は、愛知の蔵書を見開きで読んだことがあって、結構現代的なフォントの印刷物だったことに先ず感動した
レトロな活版印刷みたいな(まんまかな。笑)

景徳鎮のヒビには魑魅魍魎が住うと言うらしいのだけれど、そうゆうのは大陸の神話や各地の童話などに顕著にあらわれてくる「サムシング」で、名を与え難いところがある

ハッキリと、タロウくん、ハナコちゃん、と呼ばないでおくような「サムシング」である

幽魂は、幽かな魂と書くだけあって、幽かな、という点をよくよく丁寧に見ていかないと、あっとゆうまに、よくあるお話に落ち着く、とゆう、面白い性質があるワードでもあって、兎に角、敬意第一

余程すりこまれている概念なのだと、用心してかかっても、イメージは定着していて、抗うことなど不可能に近い

この「学習済みの事項」は、ハッキリ言って、非常に手強い

言語を用いて学び、経験から知り、知識とした分は一生物で、どうしてもまっさらには洗い流せない、地の模様のようにあって、地縁や血縁でもある

大人がミスった分は、小人が発見して、いつしか大人になったら直してくれる

大まかには、この流れで来てるのである

考えてみるとすごいことなんだけども。汗汗

お慰めする、という考え方は、どこかもの悲しい

慰霊、と同じなんだけど、もっと幽かな、もっとささやかな、細やかな泥の粒子が下まで到達する濾過の筒のような塩梅がある

自然で、時間がかかる

満ちるのを待つようなけなげさがあると思う









・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.



続日本紀‐和銅二年(709)一〇月癸巳「普加二祭・一以慰二幽魂一」 〔長生殿‐冥追〕


https://kotobank.jp/word/幽魂-650641


・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.









・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.


琵琶記(中国語)


https://zh.wikisource.org/wiki/琵琶記

・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.









・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.


世界史の窓「元曲」

https://www.y-history.net/appendix/wh0403-054.html#wh0403-054_02

参考 元曲の定説とその批判

↓引用の水色の部分全文


(引用)「通説」では、モンゴルの士大夫にたいする冷遇が興隆の要因となったといわれる代表例は、「元曲」である。ところが、最近の研究によれば、元曲は元代中国ではじめて出現したものではなく、元代よりもずいぶんまえから存在していた。モンゴル治下の、中国士大夫・文化人が抑圧される特殊な状況だからこそうまれたのだ、という奇妙な説明はなりたたない。むろん、士大夫・読書人たちの鬱積したエネルギーの産物であるとする解釈も無理がある。
 出現の時期だけでなく、その実態のほうも、庶民のみを対象としたいささか低級で鄙俗な面もある大衆芸能と、単純に割りきってかんがえあれるかどうか、疑問視されている。・・・
 元曲をとりまく状況を特別な先入観をもたずに素直にながめれば、それ以前からすでにあった口語体による舞台演劇が、モンゴル時代という時をえて、いっそう活発で華やかに社会の各層で歓迎され流行したということである。ただ、それだけのことである。<杉山正明『クビライの挑戦』1995 講談社学術文庫版 p.57-58>



・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.








・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.

松岡正剛の千夜千冊
メグリツラナル
連環篇
れんかんへん
1404夜
2011年02月28日

https://1000ya.isis.ne.jp/1404.html


杉山正明

遊牧民から見た世界史
民族も国境もこえて



・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.:*:.。.・.。.
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する