ホーム > mixiユーザー(id:5493780) > mixiユーザーの日記一覧 > ハナレグミ「家族の風景」

mixiユーザー(id:5493780)

2019年09月23日14:39

13 view

ハナレグミ「家族の風景」

ハナレグミ/家族の風景


作詞・作曲
永積タカシ


キッチンには
ハイライトと
ウィスキーグラス
どこにでもあるような
家族の風景
7時には帰っておいでと
フライパンマザー
どこにでもあるような
家族の風景

友達のようでいて
他人のように遠い
愛しい距離が
ここにはいつもあるよ

キッチンには
ハイライトと
ウィスキーグラス
どこにでもあるような
家族の風景

何を見つめてきて
何と別れたんだろう
語ることもなく
そっと笑うんだよ

キッチンには
ハイライトと
ウィスキーグラス
どこにでもあるような
家族の風景
7時には帰っておいでと
フライパンマザー
どこにでもあるような
家族の風景

キッチンには
ハイライトと
ウィスキーグラス
どこにでもあるような
家族の風景








この曲は静かなので
初めて耳にしたときは
おうちにいて
うっ、となった
しんとするしかない。笑

手を休めて
ただ聞いて
情景がまんま浮かんで
うちのキッチンテーブルには
ハイライトも
ウィスキーグラスも
フライパンマザーもないのだに
(フライパンマザーはいるか・・)
全く流れてくる旋律のままに
声の中に
調べのすべて
「うちだ・・」って感じで一発で魂に染み込んでしまった、ソウルフードのモツ煮みたいなやつである

今ほど、i-mode検索(最近改めて使ってみるといい感じ。見れないサイトだらけになってから真価を発揮してるやも)したらば蟹

「家族の風景」という曲は色々あった

有料のi-modeサイトの並びもどこか懐かしい

着メロ、私はハマらなかったけども、有料で取り放題で選ぶ愉悦があった

NAGAZUMI TAKASHI

1974年11月27日
東京生まれ
高校2年の頃よりアコースティック・ギターで弾き語りをはじめる。
1997年、SUPER BUTTER DOGでメジャーデビュー。
(公式ぷろふより)

二十代でスーパーバタードッグの名を聞いたのは、大阪の女の子からだった

覚えやすくエロいので、わりかしパッと広まった感じがあった

いつのまにか、「サヨナラCOLOR」らへん

いつのまにか、ハナレグミ

上手い
上手すぎる
上手すぎるし飽きない
つまりは神いわゆるGOD
ベリーグッドですよおおおおおお

売れた

ライブ大好きだけど、あまり大きなコンサート行こうとゆう気がない私(体力と経済力が・・)は、実際耳にしたのは、入場無料の復興フェスだった

それまでにもう様々なコラボ聞いてて

誰と何を歌っても
最も安定して乗れる
磐石極まりないいいやつ!と思っていたので

実際聞いたら拍子抜けするくらい
よかった

あら?あら?あら?いいわぁ←周回遅れデフォルトで実物が後からパターン多い狂った蝸牛のすり合わせ方。笑

セトリ忘れたけど、陽気でフェス慣れしてて、好きなところに寝転がって聞いても、るんるん(美輪の子会)踊ってても、何してても何してなくても、

よかった

家族の風景を思った

あたり一面に生えてるきのこ軍団よ、僕ら、この星に生えちゃった以上は、美味しきのこ鍋になるしかないんだぜ?

と思った

その頃から、きのこ鍋に御執心なわけだが、元はマジカルヒステリーアワーである
喫茶店で読んだそれ
エピローグに、「温泉に生えてるきのこ話」があって、ひなびた温泉の常連客をきのこ扱いしていたのだ

「なるへそ」と納得した私は、いつものアメリカンを飲み干し、帰りにスーパーできのこを眺め、「スーパーにも沢山生えてる」「しかもこいつら動くぞ」とか思ったので、その後の人生に多大なる影響を及ぼし、サブカルチャーにもきのこは確固たる地位を築いていた関係もあって、ワールドイコールきのこ鍋幻想にうっとりする、馬鹿げたアジアン・ネイティブに育ったのである

思えば遠くに

きたもんだ

美術館のお庭?プロムナード?に生えてた立派すぎるきのこが今のところ、目にしたナンバーワンきのこ

ごぜ【瞽女】
しゃみせんをひいたり、歌を歌ったりして、物ごいをして歩いた盲目の女性。

の像のかたわらにいた

あれは絶景だった

ハナレグミはファンも多いし、友達も多いし、ものすごくスターダムなのに、そこらへん歩いてそうな、近所のあんちゃん風味をなくさない

だから、ちゃんと歌詞にできるんだろうな、とも感じる

「抽象度を上げる」と、先生は言った

私はまんま・・

「コスモスが庭に咲いてる美しく」

と詠みあげた高校生当時のフライパンマザーを思った

フライパンマザーを先生の単発講座への代打に出したらよかったのも大きい
(点滴入院して退院したあと、再び夜間救急でお世話になり、とても出席できなかったので代打お願いした)

フライパンマザーはやる
先生の色紙二枚
後から出てきた
葬儀などあったので一気に忘れ去られ後回しにされた可哀想な色紙は、

早朝
部屋出たら
そこに置かれていた

二種類あって
小さな方
折り畳む色紙が
屏風のよに
つくねんと
床にたっていた

先生・・

色々な意味で染みました!

ありがとうしかない今日この頃

自分も良いきのことなり

美味しいお出し組の一員くらいにはならねばバチがあたる

家族の風景

何度聞いても

心がしんとして

ホームポジションに戻れるありがたい曲★
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する