ホーム > mixiユーザー(id:548779) > mixiユーザーの日記一覧 > 今の日本人は暴力を否定しすぎる。暴力でしか解決しない問題もある。

mixiユーザー(id:548779)

2017年09月02日22:16

524 view

今の日本人は暴力を否定しすぎる。暴力でしか解決しない問題もある。

■日野皓正氏、平手打ち「問題ない」 「親子に近い関係」
(朝日新聞デジタル - 09月02日 20:53)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4747158
どんな事情があろうと「暴力は悪い」とかいうやつは、世間知らずの大馬鹿。

これは中学生が悪い。
平手打ちされて当たり前。
これは、この中学生にとっても「いい勉強」になったと思う。

「平手打ち」のところだけ抜き取って報道するのは、マスコミの常とう手段。
「前後の状況」があって、日野氏の「平手打ち」がある。

今の日本人は「暴力」を否定しすぎる。
残念ながら、「暴力」でしか解決しない問題もある。

いくら話し合っても解決しないことが、
たった一つの「暴力」で簡単に解決する事がある。
それも「現実」だよ。

俺の甥っ子の中学時代の話。

彼のクラスには「いじめ」があって、
1人の少年が複数の生徒に虐められてた。

ある時、どういった流れか、虐められてた少年と、
いじめっ子グループの1人が「タイマン」勝負になる流れになったらしい。

おそらく、いじめっ子グループのやつは、
いじめられっ子の事をなめてたんだと思う。

しかし、いじめられっ子は、勇気を振り絞り、キレまくって、
いじめっ子を、「フルボッコ」にしたらしい。

それから、彼への虐めはなくなった。
この問題、話し合いで解決したかな?
俺は思わない。

甥っ子は、フルコンタクト空手の有段者で、彼の認識はこうだ。

「あの時の状況を考えると、周りがどうしようと、
 いじめられっ子が、自分でどうにかしなければ「虐め」は止まらない。
 彼が自分で戦うしかない。彼は勇気を奮い起こし戦った。
 あの時の、彼の「気迫」は凄かった。勝っても負けても、
 彼の あの気迫を見れば、今後、誰も彼を虐めようとは思わないだろう。」

 これが「現実」だよ。
16 11

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年09月03日 01:36
    やられてやり返すのは"暴力"ではありません。今の日本は、そう言い切る信念・自信のない者が教壇に立ち、また、人の上に立っている国だから混乱しているんだと思います。
    話題の日記から失礼しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年09月03日 02:29
    > mixiユーザー 
    >やられてやり返すのは"暴力"ではありません。

    これは、定義が難しいと思っています。過剰防衛って考え方もありますし。
    単なる「言葉遊び」になってしまう可能性もあります。
    少年は、日野氏に暴力をふるっていませんしね。
    私は「やり返す暴力」も含め、状況によって「暴力」も必要だと考えています。
    「暴力」が「最善の行為」になる事もあるって思っています。
    それを否定する人に疑問があります。

    日野氏の場合「ビンタした」という行為に過剰反応しすぎて、
    その前後の状況を考えない人に問題があるって思っています。

    甥っ子の昔話にしても、いじめられっ子の少年が、
    いじめっ子を「フルボッコ」にしたところだけ切り取れば、
    ただの「暴力行為」に受け取られるかもしれません。

    前後の状況で「事実関係」は大きく変わってくるものだと思います。

    日野氏の行為も、件の「いじめられた少年」の行為も
    正当な行為だと私は思います。

    >信念・自信のない者が教壇に立ち、また、人の上に立っている国だから混乱しているんだと思います。

    これは、その通りだと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年09月03日 10:57
    なんとなくおっしゃること理解できます。
    しかしながら、大きな勘違いをなさっているのではないでしょうか・・・
    未熟な子供社会と、成熟した大人が介入している社会とは別物です。
    イイ悪いは別として、法的にも区分けされています。

    また、正当なる防衛は暴力に値しません。これに関しては、未熟・成熟に大きな差異は生じませんね。

    本件において小生が問題視している点は、
    大の大人が暴力で制すのが賢明な手段であるのか、
    その行為を社会が後押しするのか、
    この2点です。
    願わくば、教職者のこんな愚行、議論にも値しないと察する社会になってほしいものです。

    日本が真の先進国と認知されるには、まだ幾分かの時間を要しそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年09月03日 12:43
    > mixiユーザー 

    貴方は、この事件を調べましたか?
    俺は動画を見て、この音楽会の観客の感想もいくつか読みました。

    俺の見解はこうです。
    この事業は、日野氏が音楽家として後進を育てるために参加しているものです。
    ドラムの彼は、緊張からか、それともステージでの演奏で「ハイ」になったのか、
    正常ではなかったと思います。一種のトランス状態になったのかもしれません。

    画像が悪く正確には判断できませんが、日野氏は初め口で注意をしたと思います。
    それから少年のスティックを奪いました。
    それでも少年は、素手でドラム叩き続けました。尋常じゃないですよね?
    その状況を見て日野氏は「平手打ち」をしたんです。
    意識を正常に戻すためには、当然の行為でしょ?

    もしそうじゃなく、少年の悪ふざけの場合でも殴られて当然だと思っています。
    演奏者は、彼だけじゃないんですよ?
    この音楽会のシステムは、同じ楽器を演奏者が交代して演奏するらしいです。
    彼は自分の時間を無視し勝手な演奏をしていました。
    日野氏が止めなかったらどうなります?
    彼の次の演奏者もこの日にむけて一生懸命練習したと思います。
    彼の暴走の為に、その他の演者は犠牲になれと?
    日野氏はおそらく、一部の人にたたかれるのも覚悟してたはずです。
    そのリスクを背負ってでも行動したのは、責任ある大人の対応だと思いますよ?


    >大の大人が暴力で制すのが賢明な手段であるのか、
     その行為を社会が後押しするのか、
     この2点です。

    じゃあ聞くけど、自分の子供が目の前で壮絶ないじめにあってるとして、
    助けないの?俺は相手をぶんなぐってでも助けるよ。
    世間なんて関係ない。大人、子供関係ない。子供が大事だからね。
    もしあなたに子供がいたら不幸だよね。

    俺だったら、自分の子供がいじめられてて、教師がいじめてる生徒を、
    殴ってでもいじめを辞めさせてくれれば、感謝こそすれ批判はしないけどな?
    議論に値しないとは思わんけど?
    まあ、人それぞれなんだろね?俺には理解不能だけど。

    >日本が真の先進国と認知されるには、まだ幾分かの時間を要しそうです。

    ほんと、つまんねーな。先進国?どーでもいいよ?
    正しい事を正しいと言える世界のほうが、少なくとも俺には価値がある。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年09月03日 13:26
    ご返信ありがとうございます。
    勘違いに拍車が掛かっているようです。

    まず、プロセスやバックグラウンドは重要ではないでしょう。
    教職者としての立場である大人が、少年の髪の毛掴んで引っ叩いた。このファクトとしての結果を問題視しています。
    その暴力行為を、その他かずあるベターが模索できる中「当然のこと」となるのでしたら議論の余地なしです。
    例えるなら、どんな犯罪者にも言い分はあるのと同じです。そいつの育った環境、そしてそうせざる負えなかったプロセスと理由。それは裁判だとかといった場では加味される内容ですが、「結果なにした?」その行為そのものに対して小生は述べています。それが順当である行為、結果でしょうかという提起です。

    次に、じゃあ聞くけど、自分の子供が目の前で壮絶ないじめにあってるとして、
    助けないの?俺は相手をぶんなぐってでも助けるよ。
    世間なんて関係ない。大人、子供関係ない。子供が大事だからね>>
    勘違いも甚だしいですよ。よく読み取ってください。既述の通りです。正当なる防衛に値すると気付きませんか?目前での壮絶なるいじめですよ!?

    むしろ何をもってして正しいと言っているのか、言いたいのか理解に苦しみます。
    見解の相違という範疇ではなく、許容の度合いの差なのでしょうかね。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年09月03日 14:20
    > mixiユーザー 
    イヤイヤ、あなたの方が矛盾してるし勘違いしてるよ?
    「正当なる防衛」って言うのは、
    プロセスやバックグラウンドがあって成り立つんですよ?

    警察官が、いきなり発砲して許されますか?違うでしょ?
    相手が凶器を持って暴れてる。周りに危険が及ぶ状態。(状況)
    説得するが応じない。拳銃を構え威嚇する。威嚇射撃。発砲。
    ってプロセスが重要だろ?

    >俺は相手をぶんなぐってでも助けるよ。
    貴方が言うとおり、状況やプロセスを無視して、結果だけを問題視するなら、
    俺は相手を殴った「だけ」じゃね?
    日野氏の行動に対しては、プロセスやバックグラウンドを無視し、
    他の事については「正当なる防衛」って言葉で、
    プロセスやバックグラウンドを考慮してると思わない?
    とんだダブルスタンダードじゃん?矛盾しまくってるよ?貴方の文章。

    つまり、俺とあなたの決定的な見解の相違は、
    ドラムの彼の行動が、殴られるに値するか値しないかって事だよね?
    俺はプロセスやバックグラウンドも重要だと思う。
    俺は彼は殴られてしかるべきだと思ってる。
    日野氏は、ちゃんとプロセスを踏んでいるし、状況を考えれば、
    日野氏が行動しなければ、少年は演奏を辞めなかったと思う。
    他の出演者の事を考えれば、少年の暴挙を止めるのは当然だと思う。

    貴方はそう考えてない。ただそれだけでしょ?

    >むしろ何をもってして正しいと言っているのか、
    言いたいのか理解に苦しみます。

    俺は、日野氏があの状況で、
    少年を殴ってでも演奏を止めた行為は正しいと思ってる。

    じゃあ、あなたの正解は何なの?俺にはあなたの「正しい」がわからない。
    スティックを取り上げられて、素手でも演奏し続ける彼に演奏させること?

    俺は、いろんな考えがあっていいと思ってる。
    人それぞれだから。

    でも、あなたのダブスタの矛盾しまくってる理論は理解できないな。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年09月03日 15:16
    レスを頂きありがとうございました。

    自分は日野氏についてもこの音楽会についても取りたてての関心がなく、言ってみれば、このニュース記事の文章でしか状況を知りません。またニュース記事の文章というものがいかに著者の恣意に満たされているかを知っています。なので、この"事件"については、非があったのが日野氏か件の中学生なのかは分かりません。

    ただ一つ言えば、どんな集まりであっても、人の集まりには何某かの取り決め・約束ごとがあるような気がします。
    当然「音楽会」にも、(それは成文化されているか否かを問わず)その領域に存在する「(ある種の)法」があるものと思います。
    自分は暴力とは「乱暴にふるう力。無法な力の行使」と理解しています。
    日野氏は一般則で言えば"暴力をふるった"のかも知れませんが、むしろ"音楽会に存在する「法を執行した」"と見る方が妥当かも知れません。
    そんな気がします。

    貴殿の甥御さんのお話は実にもっともな話だと思います。
    勇気を出してよく戦われました。偉いと思います。

    図らずも「言葉遊び」と仰ったように、"暴力"の定義、線引きは難しいと言うより不可能なのではないでしょうか。
    その定義を導き出す努力は、その姿勢が真摯であればあるほど答えが出ず、結局は曖昧な状態が続くのではないかと思います。

    言葉遊びの愛好家たちの狭間で、真摯な者が定義・線引きに苦しむ状態がそのまま続いてきたのが今の状態。まさに現実を見ず、「言葉遊び」に夢中なのがこの国の混乱した状態そのままかと思います。

    「やられてやり返すのは"暴力"ではない」と言うのはそういう「言葉遊び」を脱して、無理やり線を引いた結果です。

    こういう線の引き方はある意味"暴力的"で、眉をひそめる向きもあるかも知れませんが、(同列には論じられないにせよ)件の「いじめられた少年」の行為と同じく、理に則った力の行使であり、言葉遊びで徒に時を浪費する愚をさける、肯定されるべき暴力だと自分は思っています。

    長々と失礼しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年09月03日 15:24
    > mixiユーザー ご返信ありがとうございます。
    矛盾とのご指摘、理解できます。

    貴殿の例えで矛盾を解こうと努めるのであれば(矛盾が解消するか否かは、視点も違うため定かではありませんが)
    発砲したという結果が重要と言っているのですよ。貴殿も書いているように、いきなり発砲したら・・・まさにそうです。その結果としての行為を言っています。
    その結果をもとに、プロセスとは紐解くだけの事と。
    その分析の後、「あ〜発砲に足る事案」だとか「発砲に足る事案ではない」
    と結論付けられるかと。よって度々あるこの手の警官が発砲したという報道、重視されているのは「発砲した」という結果。

    子供が目前で壮絶なるいじめにあっていたら・・・おっしゃる通り、結果は親御が加害者を殴った「だけ」となりますね。
    その殴っただけの結果をプロセスから紐解き、「あ〜子を守るためだったのね。なんなら自身にも被害が及ぶところだったのね」「正当防衛に値する、値しない」と物議を醸しだすだけのこと。

    そして本件として言うのであれば、髪掴んで引っ叩いたという結果。それに値するプロセスであったか否かは先の極端な例と同一として見るのは乱暴かと。よって、そんな乱暴とも取れるところに着眼する必要はないでしょう、と小生は述べています。
    ここに対して、矛盾と捉えられてらっしゃるようですので非常に理解できます。
    なぜなら、極端な例えとは異なり、複雑です。犯罪者を取り締まる行為でもなければ、正当防衛でもありません。ましてや大の大人が少年に対しての行動。
    そして金を出して見に来ている聴衆の面前。などなど、いくらでもこの事案が複雑な事象と読み取れてきます。よって、そんなバックグラウンドやプロセスに着眼するのは重要ですか、その必要はありますか!?そんなところを重要視するのではなく、結果に対してどうなのよ、と語りましょうと言っています。

    行きつくところ鶏と卵でしょうね。どこに着眼するかです。
    職場でもプロセスを見てもらいたい従業員と、結果のみ重要視する経営陣。。
    その差といったところでしょうか。

    長くなりましたが最後に、何がベストか分かりかねますが、ベターな対応はいくらでもあるでしょうね。私なら?スティック取り上げて、少年の脇に手を添え手を引っ張って舞台裏に連れていきます。警備員なり関係者にこの子を保護しといてと伝え、壇上に戻ります。

    貴重なお時間ありがとうございました。建設的なるお話ができて嬉しく思っております。



  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年09月04日 19:51
    > mixiユーザー 
    俺のあなたに対する評価は、
    「考えが浅く、視野が狭い人」って感じです。
    まだ若いのかな?頭でっかちって印象。

    でも、あなたの文章を見て分かったことがあります。
    どんな事情があろうと「暴力は悪い」という人の思考です。

    日野氏の場合、少年のスティックを奪う。
    それでも少年は、素手でドラム叩き続ける。少年に「平手打ち」。
    少年が演奏を辞める。
    この場合、俺は周りの状況を考えれば、
    少年に「迅速」に演奏を辞めさせるという「結果」が最重要だったと考えます。
    彼の暴走に付き合って時間を少しでも浪費するのは「良い結果」とはいえない。
    その為には、あの状況での「平手打ち」は許容範囲だったと俺は思う。
    そう思う理由は、
    俺が日野氏だったら、やっぱり同じような行動をとったと思うし、
    俺がこの少年の親だったら、日野氏の行動は当然だと思う。そして、
    少年を連れて、日野氏や、他の演者、スタッフ、観客に謝罪すると思うから。

    甥っ子の話にしてもそう。
    いじめられっ子が虐められなくなったっていう「結果」を、
    彼が戦って勝ち取ったって事が重要なんだよ?
    彼は確かにいじめっ子に「暴力」をふるった。しかし、
    多分その「暴力」が、「いじめ」を最短で解決する方法だったと思うから。

    「発砲」にしてもそう、発砲するという行為をとって、
    被害を最小限にしようとする努力と、その「結果」が重要なわけ。

    確かに、「結果」というのは、やってみないとわからない。
    しかし、その時点で、考えうる「最善の結果」を目指す為に、
    どう行動するかっていう選択の中に「暴力」を完全否定するのは間違ってる。

    俺は、「最善の結果」の為には「暴力」という手段(プロセス)も、
    やむをえない場合があるっていう考え。

    貴方は、「暴力」を「結果」と考えてる。
    どんな事情があろうと「暴力は悪い」と捉え、
    前後の状況を正確に判断できないし、しようとしない。
    だから、他人の日記に、良く事情も知らないで書き込みをするっていう、
    軽率な行動をとるし、的外れな理論を展開する。

    >行きつくところ〜いったところでしょうか。

    全然違う。仕事は「結果」だよ。
    従業員も「結果」を出すために、プロセスを考えなきゃいけない。
    つまり、「結果」が出なければ、プロセスを変更するって努力が必要。
    仕事は、「結果」あっての「プロセス」だよ?
    確かに、経営者は、「結果」を従業員よりこだわる。
    例えば、5人1グループの売り上げ結果。
    全体では、売り上げは達成してるが、うち2人で9割かせいでる。
    それでいいと思ってたり、他の3人と同じ待遇をしてる経営者は無能。
    だって、その2人は辞めるだろうから。
    優秀な経営者はそういった事を見抜けないとダメ。
    会社が潰れるっていう「結果」を招く。

    なぜこんな見当違いなことをあなたが考えるのか?
    「暴力」の話と一緒だよ。
    貴方は、「プロセス」を「暴力」と同じで「結果」と考えてる。
    俺は、「暴力」を良い「結果」をもたらすために、
    排除できない「プロセスの1つ」だと考えてる。
    正直、俺なら君を雇わないと思う。

    最後に。
    自分なりに物事を考えようとする姿勢はいいと思う。
    そして、最後まで自分なりだけど論理的に話そうとする姿勢も立派だと思う。

    世の中には、自分と違う意見を認めず、感情的に人を罵倒する馬鹿が結構いる。

    俺の過去の日記でも、俺に論破されて、感情的になり、
    暴言を書き逃げた奴らが結構いるからね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年09月04日 23:05
    > mixiユーザー 残念です。意見交換、議論ができると労力かけたのですが。。
    人の評価をしだす意図が分かりません。優位性のアピールなのか、攻撃なのか、感情に流されているのか、、いずれにせよもったないですよ。

    続ける気はないですが、
    どんな事情があろうと「暴力は悪い」という人の思考です。>>
    おっしゃる通りです。原則を重視します。
    その原則を犯したら、そこには正当性はないと考えます。

    人様と触れ合う時も同様に、原則、ルールは守りたいものです。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年09月05日 18:27
    > mixiユーザー 

    これが本当に最後ね。
    これ以上の書き込みは削除するから。

    >残念です。意見交換、議論ができると労力かけたのですが。
     人の評価をしだす意図が分かりません。
     優位性のアピールなのか、攻撃なのか、感情に流されているのか、
     いずれにせよもったないですよ。

    だから、あなたは、「考えが浅く、視野が狭い人」なんだよ?
    自分の書きこみを、もう一度、読み返してみろよ?

    「見知らぬ他人の日記に、良く事情も知らないで批判的な書き込みをする。」
    こういった行為は、無礼とは思わないの?
    俺は途轍もなく無礼な行為だと思うよ。俺は絶対にしない。
    反対の立場だったらどう思う?
    「よく知らないくせに、何言ってるんだ?」って思わん?

    批判的な書き込みじゃない?意見交換?

    >願わくば、教職者のこんな愚行、
     議論にも値しないと察する社会になってほしいものです。
     日本が真の先進国と認知されるには、まだ幾分かの時間を要しそうです。

    >勘違いに拍車が掛かっているようです。

    上から目線で、充分、人を小馬鹿にしてるよ?
    そう感じない?
    それとも何か?自分が、俺より優れてると思い、
    感情のままに、何を書き込んでもいいと勘違いしたか?

    >優位性のアピールなのか、攻撃なのか、感情に流されている

    貴方そのものじゃん?気が付かないの?自己紹介じゃん。

    貴方に決定的に欠けているものは、
    自分以外の、他人の立場になって物事を考える能力だよ。
    それは、あなたの文章からもにじみ出てる。
    じゃあ何故そうなのかっていうと、
    「考えが浅く、視野が狭い」からだよ?
    他の視点から多角的に物事が見れないから。

    >人様と触れ合う時も同様に、原則、ルールは守りたいものです。

    この言葉、そのままあなたに返すよ?

    自分は、人を小馬鹿にするのはいいけど、
    他人に評価されるのは嫌なんだ?

    俺は、自分がやられたら嫌な事は、
    出来るだけ他人にしようとは思わない。
    でも、先に、自分がやられたらその限りではない。

    貴方は、もう少し冷静になって自分を鑑みたら?
    見事なまでのブーメランだよ?

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年09月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930