ホーム > mixiユーザー(id:547825) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:547825)

日記一覧

2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件に巻き込まれ、両脚を失くした男性の実話の映画化。ジェフ・ボーマン(ジェイク・ギレンホール)はコストコに勤める、ごく普通の27歳の青年。たまには仕事をさぼったり、恋人エリンと何度も別れてはくっついたりとだらし

続きを読む

あっという間の…
2018年11月26日10:32

イタリアの高級ブランド「ドルチェ&ガッバーナ(D&G)」が作った中国向け広告動画が中国をバカにしていると大炎上し、上海での大規模なショーも中止になったのだそうです。チャン・ツィイーなど有名人がショーへの不参加を表明しただけでなく、次々と不買

続きを読む

19世紀末フランスで活躍したピエール・ボナールの回顧展。オルセー美術館所蔵の作品を中心に、130点超が集められた六本木の国立新美術館に先日行って来ました。日本美術に大きな影響を受け、「日本かぶれのナビ」と呼ばれたボナールですが、日本ではまだそこ

続きを読む

エジプト旅行値切り交渉
2018年11月21日14:13

しつこいチップねだりや、十倍にも吹っかけてくる物売りたち。そういった連中に旅行中、ずっと辟易していたことも事実ですがこうして思い返すと、それをもっと上手に楽しめばよかったとも。(モハメド・アリ・モスク)カイロのレストランで昼食を取った後、道

続きを読む

帰省先からの投稿です。エジプトの子どもたちは人懐っこい。町を歩いているとニコニコと声をかけてきたり、バスに乗っていると、こんな風に手を振ってくれたりします。ローカルガイドのM氏によるとカイロのような都会では小中学校は義務教育であるが、地方に

続きを読む

私はクィーンの特別熱心なフアンという訳ではないのです。それでも十代の頃、ラジオから流れる彼らの曲に夢中で聴き入りましたし、今も彼らの曲のいくつもが、脳内に沁みついてしまっている。洋楽に多少なりとも興味があれば、そういう人が多いのではと思いま

続きを読む

第18王朝のファラオ、ツタンカーメンのミイラはルクソールの王家の墓に、そしてその黄金のマスクは、カイロ博物館内の特別室にありました。どちらも撮影禁止だったのが残念です。歴代のファラオ達の墓の財宝は、墓泥棒によって根こそぎ盗られてしまったようで

続きを読む

カイロ考古学博物館は、1858年創設、所蔵品は20万点。ピンクの建物の中庭は世界中からの観光客で溢れています。入ってすぐ、巨大なラムセス2世像が出迎えてくれます。あちこちの神殿で像を見て来た、あの有名な第19王朝のファラオです。一階の正面奥には、高

続きを読む

エジプト旅最前列の乗客
2018年11月10日13:01

二十数名の我々のツアーが乗るバスの最前列に現地人らしい紺のスーツの男性が座っていることに気がついたのは、何日目のことだったか。何も話さず、誰とも目を合わせず、ただ座っているのです。我々が観光地を歩く時には、一番後ろを歩いてついて来る。我々が

続きを読む

アスワンから飛行機に乗って、再びカイロに。いよいよ今回の旅行のハイライト、ピラミッドへと。エジプトにはいくつものピラミッドがあるようですがやはり、ギザのクフ王、カフラー王、メンカウラー王の三大ピラミッドが有名。その中で最大のクフ王のピラミッ

続きを読む

ルクソールを出て4日目、クルーズ船はアスワンに到着。ここはナイル川の河口から900辧∈2鷁罅垢訪れたエジプトの最南部であり、気温も41℃でした。そして高さ111m、全長3,600mの巨大なアスワン・ハイ・ダムがあります。1960年代、当時のナセル大統領が、

続きを読む

エジプト神話は、ほんのちょっと読み齧ったくらいでは荒唐無稽、支離滅裂、まるで論理性がなく、私などには訳がわかりません。「太陽神ラー」「冥界の王オシリス」「豊饒の女神イシス」など出てきますがドロドロの近親相姦あり、壮絶な兄弟殺しあり、腹黒い騙

続きを読む

(船窓からの眺め)ルクソールを離れて、船はナイル川を南下します。窓からは緑色にたゆたう水、遥かに生い茂る川辺の椰子の茂みが見えます。(船のデッキ)4階建ての船の屋上は広いデッキとなっていて、プールや沢山のデッキチェアやカフェがあります。夕方

続きを読む

エジプト旅行せ犲圓猟
2018年11月01日09:36

ナイル川をはさんでルクソール神殿などがある東側は生者の町と呼ばれ、ハトシェプスト女王葬祭殿、王家の谷という巨大な墓群がある西側は、死者の町と呼ばれるのだそうです。西側は陽が沈むことから、闇の国、つまり死者の町ということなのだと。どちらもとに

続きを読む