mixiユーザー(id:547825)

2020年10月15日13:13

89 view

「マーティン・エデン」

フォト


アメリカの作家ジャック・ロンドンの自伝的小説を、舞台をイタリアに置き換えて映画化。
上流階級の女性との出会いをきっかけに、独学で作家を目指す労働者階級出身の青年の運命を描く。


ナポリの労働者地区出身で船乗りのマーティン(ルカ・マリネッリ)は、ブルジョワの令嬢エレナに恋をし、彼女に釣り合う身分になりたいと作家を志す。
しかし貧乏な彼は小学校中退で言葉も文法もろくに知らず、一般教養にも欠ける状態。
船に乗り、或いは日雇い仕事をしながら猛勉強をしてひたすら書き、雑誌社に原稿を送るが返却されるばかり。
日々の生活にも困り、何度も絶望感にかられるが、エレナへの恋心を支えに創作に打ち込む。

フォト


前半は面白かった。
厳然と残るイタリアの階級格差。
マーティンとエレナの住む家、普段の衣服、言葉使い、食事の作法、すべてからそれは分かります。
野心がぼろ服を着たような、顔にも喧嘩の傷が残る底辺の男マーティンが、豪邸で召使にかしずかれる令嬢エレナの心をどうやって射止めるのか?
モノクロの20世紀初頭の風景や労働者の姿、マーティンの幼い頃の心象風景も時々挟まれ、興味津々で観ていったのですが…


ネタバレします。
未見の方はお気をつけください。

フォト


後半、自分は社会主義者ではないといいながら、いきなり社会主義のスピーチをするマーティン。
次のシーンでは有名作家となっており、豪邸に住んで秘書を使っている。
横柄な態度で講義をし、訪ねてきたエレナをけんもほろろに追い返す。
成功した作家としてアメリカに行く予定になっていたが、空港ではなく、突然夕陽が沈む海へと泳ぎ出す…


これだけ視聴者を放り出した展開も珍しい。
後半の、マーティンの混乱と絶望は、私にはまったく伝わりませんでした。
私はジャック・ロンドンの本「野生の呼び声」「白い牙」が好きだったのです。
貧困層から出て有名作家となり、40歳の若さで自殺してしまった彼の自伝的映画というので楽しみにしていたのですが。
混乱を混乱のままで突き出されてもねえ…
イタリアの美丈夫ルネ・マリネッリの憑かれたような演技は素晴らしく、去年のベネツィア映画祭であの「ジョーカー」のホアキン・フェニックスを抑え男優賞受賞というのも頷けます。


2019年イタリア=フランス=ドイツ合作映画
公式HP http://martineden-movie.com/

12 17

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月15日 15:15
    人生の起伏が激しい方ですね。
    並みの人ではついていけなかったでしょう。
    キレイにまとまっている感じはしませんが、そもそもそういう人だったのか。
    モデルの人生とどこまで反映されているのかは分かりませんが、イタリアへの置き換えは巧みだったように感じました。
    主演の熱演も良かったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月15日 15:53
    > mixiユーザー 

    感想、改めて拝見しました。
    しかしあの後半、納得出来ました?
    ラストの、窓から見たもうひとりのマーティンは何だったの?
    私は完全に置き去りにされました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月15日 16:02
    納得…というほど思い入れも抱いてないですが、ある時点で「おや?話が飛んでいる?」とは感じました。
    自分に読解力が足りなかったのか、省略したのか…。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月15日 16:13
    > mixiユーザー 

    どんな読解力を以てしても、あれを理解するの無理でしょう?涙
    話、飛びすぎ!
    省略、しすぎ!
    ラスト、「ちょっとそこまで」という感じで泳ぎ始めましたが
    あれが最期だったのでしょうね?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月15日 17:04
    なんと!観てみたい!置き去りにされて、置き去りにされました〜とzooeyさんにいつか書きます。ふふふ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月15日 17:22
    > mixiユーザー 

    前半あんなに期待したのに、後半はいきなりシュールで置いてけぼり。
    この悔しさ、是非共感してください〜〜〜!!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月15日 21:49
    > mixiユーザー ジャック・ロンドンと言えば第一印象は野生のイメージですが、その自伝をイタリアに舞台を移したプロデューサーの意図が理解できないですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月15日 23:00
    > mixiユーザー 

    飼い犬が売り飛ばされて橇犬になる「野生の呼び声」、その逆を描いた「白い牙」の
    どちらも私は好きだったのですけれど。
    イタリアに舞台を変えたことについてはあんまり違和感なかったのですが
    いかんせん、後半が…げっそり
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月16日 00:04
    もしかして、同じ水曜日に観ていたのかも。私は午前中に観て、急いで孫シッターに帰り、すれ違いでご覧になられたのかな。
    話が後半は確かに飛んでいくというか、詰め込み過ぎていた感じはありましたね。ジャック・ロンドンにとっては重要な人物だったのでしょうし、アメリカ人には分かるのかもしれませんが、ブリッセンデンのエピソードなどは抜かしたほうが整理はされたかも?とは思いました。それにしても作家って、太宰や芥川や三島…破滅的な人がいるものですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月16日 07:56
    > mixiユーザー 

    そうです、水曜日の12:55から、恵比寿ガーデンで観ました。

    ジャック・ロンドンが若くして自殺したことは知っていて
    どうして?とそれが知りたかったのに、まるで納得できませんでした。
    ブリッセンデンと画面の中ではそれほど親しい様子も描かれてなかったのに
    彼の死でいきなり慟哭されてもねえ?
    ラスト近くの、窓から見たもうひとりのマーティンについてはどう思われました?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月16日 09:02
    わ、これは面白そうハート
    俄然見たくなったので、ネタバレしますからは見てません。主人公の野心と蒼さと虚無感に惹きつけられますね。イタリア人っぽさもいいわ。彼女のために成り上がるってモチベが。でも、こっち(三重)には来ないかも。ならば、名古屋を探す!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月16日 11:47
    ネタバレ部分だけ飛ばして読ませていただきました。
    観たいと思っている1本なんですが・・・上映劇場が少なくて、悩んでおります。
    遠出してでも観る価値がある1本?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月16日 14:40
    > mixiユーザー 手(パー)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月16日 21:18
    > mixiユーザー 

    イタリアの美丈夫ルネ・マリネッリ、アラン・ドロンの再来とも言われているようです。
    その演技は素晴らしかったのですけどね。
    前半のつかみも古典的でよかったのですけど…
    ご覧になったら是非、感想をお聞かせください!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月16日 21:19
    > mixiユーザー 

    遠出して観る価値があるかどうか?
    ううむ。
    後半のネタバレ部分、私はどうにも納得できなかったので
    ケスさんの感想をお聞きしたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月17日 13:39
    「窓から見たもうひとりのマーティン」ここ、私も分かりませんでした。
    彼が客観的に眺めた己の姿?とは思ったものの…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月17日 16:04
    > mixiユーザー 

    そう、俯瞰して自分を見つめたのかとは思いましたが…

    そこまではリアリスティックだったのに、いきなりシュールになられてもねえ?

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する