mixiユーザー(id:547825)

2020年09月07日18:44

104 view

「ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂」

フォト

ごく若い頃に井伏鱒二の「ジョン万次郎漂流記」を読みましたが、中身を綺麗に忘れた状態で、アメリカ版のこの本を読んでみました。
マーギー=プロイス著「Heart of a Samurai」邦題は「ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂」。
著者は児童文学者で、この本は2011年にニューベリー賞オナー受賞、アメリカでも話題になったといいます。
幕末土佐の貧しい漁師の家に生まれた万次郎は、14歳の時に漂流しアメリカの捕鯨船に助けられ、船長ホイットフィールドに引き取られ、アメリカで4年間学校に通い、英語数学航海術などを学んだ。
この本はアメリカに初めて渡った日本人といわれる万次郎の、成長・冒険物語です。

万次郎が実際に書いたスケッチや手紙をふんだんに挟み、架空の人物も多少加え、言葉も習慣も異なる地で彼がどのように生き抜いていったかを、生き生きと描いています。
19世紀のアメリカ東部の町で、万次郎は奇異の目で見られる。
学校でも熾烈ないじめを受けるのですが、いじめの親玉トムに乗馬での走競争を申し込む。
その競争でのワンシーン。
”自分の下で道が後ろに流れ、まぶしい新緑の森が凄い速さで後ろへ飛び、空はうごめく青い空に見える中、気づいた。これが、自由だ。
この国では誰もが将来に希望を持てる。願いや夢を持つことができる。よし、それに専念しよう。今、このとき、自分の願いは勝つことだ。”

これはアメリカ人に受けるだろうなあという描写があちこちに。
無論よいことばかりではなく、万次郎は陰湿な差別も受けます。
船長は彼を教会に連れて行くのですが受け入れて貰えず、何度も教会を変えたという資料が残っているそうです。

その後、万次郎はまた捕鯨船に乗ったり、西部に金を掘りに行った後、11年ぶりに日本に帰ります。
鎖国中の日本では外国帰りは罪人であり、2年近くも牢に入れて散々調べられた挙句、ようやく帰郷を許される。
そして下級武士に取り上げられるのですが、漁師の息子が侍になるとは、当時の日本では考えられないことだったと。
後にペリーが江戸湾にやって来たこともあって、通訳、そして将軍の相談役となって活躍する。
児童文学なので物足りない面もありましたが、アメリカ人の視点から描いた万次郎ということで、中々新鮮に読めました。


「ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂」 https://tinyurl.com/y29p3akb

26 28

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月07日 18:54
    波乱万丈、まさに嘘のような本当の話。

    菜の花の沖、を読んだ時にジョン万次郎他偶然海を渡ってしまった鎖国日本の日本人たちのエピソードがあって、日本人として人格の良い人は彼方でも受け入れられるし、そうでない人はそうでない、という感想を持ちました。

    今でもあるであろうアジア人差別、あの頃はもっともっと酷かったろうに、不屈の精神、感想読むだけで感動。

    別の人の感想に、アメリカの日本語補習校の副読本でしたという記述がありました。

    ガッツ万次郎ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月07日 19:17
     何度も教会を変えたという話が出てきましたが、変えた甲斐があったというのか、最終的に決めた教会の人々による寄付、援助が帰国する万次郎を経済的に支えたとも聞いています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月07日 19:57
    何年か前にドキュメンタリー番組で見て、子どもの頃に知っていた万次郎物語はもっと複雑だったことを知りました。
    あの船長が偉かったですね。教会が受け入れないと船長が教会を変えたそうですが、その頃の牧師は何を考えていたのでしょう。でも万次郎も受洗したのでしたっけ?持ち帰った聖書も残っているようです。こんなに波乱万丈の体験をした人は稀有でしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月07日 20:07
    私も井伏鱒二の「ジョン万次郎漂流記」を読みました。父親が漂流記や探検記が好きで、女の子なのにそういう本をどんどん選んで買ってきて、読んでいるうちにとても好きになって、「十五少年漂流記」「大黒屋光太夫」「コンティキ号探検記」とか。うっすらしか覚えていないので、新たに読むと面白いかもしれませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月07日 21:00
    > mixiユーザー 

    実家には父が好きだった司馬遼太郎がどっさりあって
    私も中高生の頃、一通り読みました。
    「菜の花の沖」も読んだはずなのに、そこは全然覚えていない!
    残念!

    アジア人差別は、欧米を旅行していてたまに感じることがあります。
    その頃なんて酷いものだったでしょうね。

    感想文では思い切り端折っちゃったのだけど、彼の人生はアメリカでも日本に帰ってからも波乱万丈です。
    凄い人がいたものですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月07日 21:02
    > mixiユーザー 

    そうだったのですか。
    この本には、教会による援助についての記述はありません。
    万次郎はその頃金金鉱に沸いた西部に出かけて金を見つけ、
    そのお金を基に帰国したように書いてありました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月07日 21:06
    > mixiユーザー 

    船長は万次郎を息子のように可愛がったそうです。
    牧師とか神父というと人格者のように捉えがちですが(実際に親しくしてるアメリカ人牧師さんはとても良い人です)
    近年、そういう人たちによる児童への性虐待を暴いた、実話に基づいた映画を幾つも観ました。
    万次郎の受洗については、この本では触れていないです。

    感想にはとても書き切れないエピソードが山ほど。
    日本に帰ってからも、これでもかと色々あったようですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月07日 21:12
    > mixiユーザー 

    冒険記や漂流記、私も好きでした。
    「十五少年漂流記」「大黒屋光太夫」「コンティキ号探検記」、どれも夢中で読みました。
    加えて「ロビンソン・クルーソー」「海底二万マイル」「失われた世界」とかね。
    先週、久しぶりに「ロビンソン・クルーソー」を読んで懐かしかったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月07日 21:20
     ごめんなさい<m(__)m>
     新島襄と混同してました(>_<)
     ゴールドラッシュで帰国の資金を稼いだというその本の記述が正解です。
     どうも、失礼しました。
     
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月07日 21:39
    > mixiユーザー ジョン万次郎にまつわる逸話は枚挙にいとまがありませんが、アメリカでの生活の詳細は余り伝わっていませんね。ご指摘の通りアメリカへ渡った頃の万次郎はサムライではありませんが、当時のアメリカ人が日本人の勇敢な行動を見ると全てサムライ魂に見えるのが面白いですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月07日 23:18
    ジョン万次郎のことを考えると、人材とは何ぞや?といつも思ってしまいます。
    彼は、敬語の使い方や文字の読み書きにおいて、相当なハンデがあったはずで、帰国後の苦労は並大抵のものではなかっただろうと思います。

    ところで、zooeyさんはどうしてこのタイミングでこの本をお読みになったのでしょうか?
    何かきっかけがあったのですか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月08日 00:31
    > mixiユーザー わぁ!同じくそれらも読んでいます。zooeyさんは確か以前も光太夫だったかしら、漂流物を再読していらっしゃいましたよね。
    知人と同じ本を読めるのって嬉しいです。
    そうそう、影響されて村上春樹も「騎士団長殺し」は読みました。これはとても面白かったです。彼は私には当たり外れがあるみたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月08日 05:31
    明治の外国人もの、や江戸末期から明治人の見た外国ものは視点変わり面白いですね。これは読みたくて、積ん読だったような。引っ張りだそう!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月08日 08:34
    > mixiユーザー 

    どういたしまして。
    新島襄はそのようにして、お金を得たのですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月08日 08:37
    > mixiユーザー 

    この著者はアメリカ人ですが、当時の日本の社会状況についてかなり調べたようで
    漁師の息子が武士になれるわけがないという記述が何度も出てきます。
    捕鯨船の上での生活の様子もかなり詳細に書いているのですが
    ここではアメリカに渡ってからのことだけを取り上げてみました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月08日 08:40
    > mixiユーザー 

    万次郎は貧しい漁師の家に生まれて、しかも父親が早くに亡くなったので
    寺子屋にも行けず、したがって読み書きもできなかったのです。
    アメリカでは航海学校まで行っても、日本に帰ってから大変だったでしょうね?

    きっかけなどたいしてないのです。
    図書館に何冊も予約しているのですがちっとも回ってこず、
    ブックオフに行ってたまたま見つけました。
    ちなみに、この前のヨシダナギの本もそうですわーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月08日 08:44
    > mixiユーザー 

    光太夫は近年ロシアに行った際に、読み返したのでした。
    あの広大なロシアの大地を10年以上かけてよく横断したものだと、感慨深かったです。
    しかも彼の場合も、死ぬ思いで日本に帰ったのに、牢に入れられちゃうのですよね。

    春樹の近年のは「騎士団長殺し」「女のいない男たち」など好きでした。
    「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」には怒り狂いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月08日 08:45
    > mixiユーザー 

    万次郎の小説は色々出ているようですが、アメリカ人が書いたというのは珍しいです。
    これはすぐに読めますよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月08日 09:26
    10年程前、聖路加の日野原重明先生が、
    「私の将来の夢はジョン万次郎がアメリカで船長と暮らした家を買って記念館を作ることだ」
    とおっしゃっていたのを思い出します。
    当時日野原先生は百歳を越えていらして、将来の夢を語るのもものすごい事だと思いますが、亡くなられた後、記念館ができた、とニュースで見ました。
    名前を知っていても特に読んだことも無かったですが、一度読んでみたくなりました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月08日 12:06
    主人公が実在の人物でも、読んでワクワクしそうな物語になってるようですね。
    漂流中に助けられ、またよい人の助けで教育を受けられ、日本に帰国したタイミング次第では、死罪や入牢になりかねなかったのに、本当に波乱万丈とはこの事って感じですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月08日 13:33
    > mixiユーザー 手(パー)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月08日 16:40
    > mixiユーザー 

    日野原先生、そんなことがあったのですか。
    万次郎とどんな接点があったのでしょうね?
    万次郎の記念館というのは、高知にある万次郎資料館とはまた別物なのでしょうか?
    その資料館をググって知ったのですが、万次郎を大河ドラマにという署名活動があるようです。
    http://www.cciweb.or.jp/tosashimizu/sign/?fbclid=IwAR1SV9R_uetaNQV56PQKcITw2dBeqVRs5Ksk-60WXh7NLmiSV3NKpv6_FNw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月08日 16:42
    > mixiユーザー 

    実在の人物の生涯に、架空の人物も絡ませて物語を作り上げる、
    原田マハなどもよくやる手法ですが、こちらでも見事に作り上げていました。
    万次郎も実際、帰国してから2年間ほどは大変だったようです。
    その日を夢見て死に物狂いで頑張ったのでしょうにね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月08日 21:24
    日野原先生が言われていたのは多分これのことだと思います。
    行ってみたいですが、いつになることか。
    https://4travel.jp/travelogue/11110857
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月08日 23:29
    > mixiユーザー 

    なるほど、ありがとうございます。
    日野原先生の名前も出ていますね。
    マサチューセッツはボストンだけ行ったことがありますが…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月13日 18:17
    この日記を読んだ翌日に図書館に行ったら、お目当ての本は借りられていて、ふと見たオススメ本の棚に、これがドンと置いてあり、これは神様が読めと言っていると借りて読み終えたところで、ここを皆様のコメントも含め読み直しました。

    ここを読まなければ借りなかったろうから、やはり人生というのは人との交流で進んでいくものだと思いました。

    ご紹介ありがとうございました。
    レビューも書きます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月13日 20:14
    > mixiユーザー 

    レビュー拝見しました。
    これは本当に分かりやすい成長、冒険物語でよかったですね。
    自分が子供の頃、児童文学を熱愛した理由が分かるような気がしました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月13日 20:59
    zooeyさんは十分児童文学を堪能しての今なんですね。わたしも時を戻せるなら、もっともっと本を読みたいです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する