mixiユーザー(id:547825)

2020年07月24日18:29

118 view

「ぶあいそうな手紙」

フォト


ブラジル南部の街ポルトアレグレに暮らす78歳のエルネスト。
隣国ウルグアイからやって来て半世紀近く、老境を迎えて視力を殆ど失っている。
息子が一緒に住もうと言うが耳を貸さず、一人暮らしに固執する。
ある日、故郷の古い友人から手紙が届くが、彼には読むこともできない。
ひょんなことから知り合った23歳の娘ビアに、手紙の代読と代筆を頼むことになります。

このビアという娘、溌溂とした明るい娘ではあるが、手癖が悪い。
平気でウソをつくし、たちの悪い暴力男と繋がっているようでもある。
そんな娘を信用していいのか、合鍵を渡していいのかと、ヒヤヒヤしながら観ていくと…

フォト


本、レコード、手紙、蘊蓄が好きな頑固老人のエルネスト。
奇抜なピアスをつけ、ベリー・ショートのヘア、刺青だらけの娘ビア。
本来ならおよそ交わる筈もない二人は、実は孤独という共通点を抱えていた。
正体不明の娘ビアが、凝り固まってしまった老人の心をほぐしていく様は、見ていて楽しいものです。
エルネストがビアに教えて貰って、彼女のスマホで長年会っていない孫への動画を撮る。
天気の挨拶から始めようとした彼に、そんなつまらないことを言うな、本当に自分が言いたい事だけを言えとビアは教えます。
そうして撮った動画メッセージの中で孫に勧めた「宝島・黄金虫・ロビンソン漂流記」は、私も大好きだった児童文学です。

フォト


結末については、私は多少の疑問も持ちます。
自分のスタイルを何十年と貫いてきた老人が、いきなり他人と暮らして上手くいくものか?
それでも、老いるということはあきらめることばかりではない、幾つであっても新しいことを始めることはできるのだということを教えてくれる作品でした。
原題は「Aos Olhos de Ernest」(英語題Through Ernesto's Eyes)。


公式HP http://www.moviola.jp/buaiso/

17 18

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月24日 18:35
    これ、今月のラジオスペイン語講座のテキストに紹介されてて見たかったんですけどね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月24日 18:44
    > mixiユーザー 

    公開は始まったばかりですが、銀座でしかやっていません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月24日 18:45
    > mixiユーザー そうなんですよねー。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月24日 19:05
    シネスイッチ銀座に「グレース・オブ・ゴッド」カチンコを見に行った時、ちょっと見ようか迷った作品です。ここのレディースサービスはかなり魅力です。最も交通費考えたら、かかっていれば大人しく新宿辺りが、正解ですがあせあせ南米もマイブームなので、ブラジルカチンコといのにも引かれますが、DVD待つべきか🤔
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月24日 19:08
     余談めきますが、ビア役の女優さん、どこかで見たような気がしたので、記憶を辿ってみると女子マラソンのロサ・モタでした(単に、ベリー・ショートの女性はみんな同じに見えてしまうオジンというだけのことなのかも)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月24日 20:53
    ああ、それで銀座に…。
    確かに公開館が少ないですね。
    余りブラジルの映画ってかからないので、新鮮味を感じます。
    (あの横暴な彼氏は案外と気が弱かったんでしょうか。)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月24日 21:09
    > mixiユーザー 

    「グレース・オブ・ゴッド」にも惹かれたのですけど。
    しぃさんの所に感想を拝見しに伺ったのですが…

    私は映画を観るのはほぼ水曜日と決めているので、こちらのレディスディの恩恵に預かったことないのですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月24日 21:11
    > mixiユーザー 

    これだけベリー・ショートの女性は珍しいですものね。
    昔だとセシルカットと言ったのかな?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月24日 21:12
    > mixiユーザー 

    時間的にこちらがピッタリでしたので。

    あの暴力男、どうなることかと思いましたが
    意外に腰砕けでしたね?わーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月24日 22:57
    > mixiユーザー >>幾つであっても新しいことを始めることはできる。その通りですが、耳が痛いですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月24日 23:07
    > mixiユーザー 

    まあ映画ですからねえ。
    実際問題この人は目が見えないので、薬の管理もままならず、見ていてハラハラします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 04:57

    もうかなり昔ですが、ブラジルと言うとタンゴ・レッスンという映画が記憶にあります。

    行ってみたい国でしたが、あまりにも遠く、そして今は大変な状況で心痛みます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 08:13
    > mixiユーザー 手(パー)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 08:31
    > mixiユーザー 

    「タンゴ・レッスン」、私も観ました。
    手紙の代筆という点で「セントラル・ステーション」を思い出しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月25日 17:43
    間もなく観賞予定の1本です。
    まずまず良さそうな?
    で、私は『グレース・オブ・ゴッド』観てきました。
    いつものオゾン監督の作風は封印して、めっちゃストレートな力作でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月26日 08:55
    > mixiユーザー 

    ちょっとじれったく感じるほどに
    のんびり話は進みました。
    「グレース・オブ・ゴッド」も気になっていたのですが
    こちらを選びました。
    感想を楽しみにしています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月26日 19:49
    「グレース・オブ・ゴッド」「ぶあいそうな手紙」両方とも魅力的。
    時間をうまく合わせて見られるかな〜。
    「タンゴ・リブレ」、ドキュメンタリーの「ラスト・タンゴ」と観ているのに、
    「タンゴ・レッスン」を見落としているんですよね…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月26日 21:15
    > mixiユーザー 

    両方一度に観られたらいいですねえ。
    タンゴの本場ですものね。
    私は「セントラル・ステーション」を懐かしく思い出しました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最近の日記

もっと見る