mixiユーザー(id:547825)

2020年07月21日13:36

114 view

「セヘルが見なかった夜明け」

フォト

小さな薄い本です。
短い12の短編が入っています。
著者のセラハッティン・デミルタシュはトルコのクルド系民族出身で、現在も政治犯として服役中ということです。
そんな人が書いた本として読むとなると、嫌でも少々身構える気になります。
しかし第一章は刑務所に住みつく雀の夫婦を擬人化した軽い話で、少々肩透かしを食らう訳ですが。


12の短編中、何といっても表題作の「セヘル」が印象的でした。
こちらだけネタバレします。
22歳のセヘルは、縫製工場に自宅から通う、純真な娘です。
工場の同僚ハイリに密かに恋心を抱いていたが、一度お茶をしただけという関係。
そのハイリがある日工場の帰りに、セヘルを車で送って行くという。
セヘルが車に乗ると、そこにはハイリの男友達2人も乗っており、そしてセヘルは森に連れて行かれて、輪姦されます。
破かれた服、血だらけの体でセヘルがようやく家に帰ると、母親は泣いて娘を抱きしめます。
静かにお湯で清められたセヘルは、初めて絶叫し、号泣する。
異様な様子で帰宅したセヘルを見、その絶叫や号泣を聞いた隣人がセヘルの父親に連絡して、父親、兄がすぐに帰宅する。
セヘルの伯父たちも集まってきて、親族会議が開かれる。
母親が必死にセヘルを守ろうとすると、セヘルの兄ハーディが「首を突っ込むな、母さん。俺たちの名誉の問題なんだ」と。
そしてセヘルは再び森に連れて行かれ、家族によって銃殺されるのです。


父親はセヘルの弟、15歳のエンギンに銃を渡す。
”セヘルは地面に跪いた。
エンギンは姉のうなじに銃口を押し付けた。銃身は震えていた。
「エンギン、あんたにこの身を捧げるからね。怖がるんじゃないわよ。
(中略)牢屋に入ったら身体に気をつけるのよ」と幼い弟を元気づけた。”


いやはや。
「名誉殺人」(honor killing)とは、
”婚姻拒否、強姦を含む婚前・婚外交渉、「誤った」男性との結婚・駆け落ちなど自由恋愛をした女性、さらには、これを手伝った女性らを「家族の名誉を汚す」ものと見なし、親族がその名誉を守るために私刑として殺害する風習。
アムネスティ・インターナショナルは、名誉殺人が行われている国および地域として、バングラデシュ、トルコ、ヨルダン、パキスタン、ウガンダ、モロッコ、アフガニスタン、イエメン、レバノン、エジプト、ヨルダン川西岸、ガザ地区、イスラエル、インド、エクアドル、ブラジル、イタリア、スウェーデン、イギリスを挙げている”(Wikipedia)
上の説明で列挙された国の中にイタリア、スウェーデン、イギリスが入っているのは
欧州へ移民が広がっているからということのようです。


イスラム圏の本や映画にしばしば出て来る「名誉殺人」。
この場合エンギンが牢屋に入るということは、一応無罪放免ではないのか。
それでも、それほど重い罪ではないようです。
トルコはイスラム圏の中でも非常に寛容な国と言われ、実際トルコを旅行した時も女性は肌を露出した服を着ていた人も多かったし(観光客も多いでしょうが)、アルコールなども自由で、街は活気に溢れていました。
そのトルコで、今年になってまだこんな本が書かれたとは・・・
トルコの中でも、クルド人地域は特殊であるという説もあるようですが。


「セヘルが見なかった夜明け」 https://tinyurl.com/y5x6y4fh

13 23

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月21日 17:41
    あっ、この本読みたいと思っていた本でした。思い出しました。ありがとうございます!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月21日 18:08
    ISISを引き合いにだすまでもなく、イスラム教徒の価値観のズレには辟易しますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月21日 19:40
     クルド人は『千夜一夜物語』の時代でもすでに馬鹿にされていたようですね。
     あまりにも愚かな所業をした人物が、それを愚かなことと分からなかったら、「なぜなら、彼はクルド人だったからです」と説明される話が2〜3ありました。まるで、「のび太のクセに生意気だぞ!」というジャイアンの考え方みたいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月21日 19:59
    未だに、こんな小説が書かれるって異常な感じがしますね。
    輪姦した相手を恨むのではないく、被害にあった娘を銃殺って驚きです。

    トルコに旅行に行った時、確かに
    肌を隠すのは、モスク内に入る時だけでしたね。
    ただ、ホテルは銃を持った人が入り口に立ち、厳重なセキュリティでしたね。

    その点、インド行った時は着るもの気を付けました。
    夫と二人での旅行だったので、よけいね。
    (ガイドさん運転手さんは頼みました)
    どちらの国も、女性の地位が低いのでしょうね。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月21日 21:41
    いろいろ考えさせられます。
    初っぱなに書くのはどうかなあと思って、書かずにおいたのですが、クルド人、イスラム教徒の考えややり方が望ましくないのは私もそう思いますが、これは、自分とまったく関係のない異常な世界の話なのだろうかと。

    「名誉殺人」・・・なんともすごい言葉ですが、ひるがえって今の日本社会。
    例えば、不倫をした芸能人、遊びに出てコロナに感染した芸能人、さらには、匿名によるネット上の中傷。
    社会にとって「恥ずべきこと」をした人を、社会的地位を失うまでバッシングする。

    もちろん、本人に落ち度がある場合もあるでしょうが、社会から抹殺するような違法行為があったのか。
    あるいは、彼、彼女の社会的地位を喪失させることで、社会は何かよくなったのか。そんなことはない。
    これは、現代日本社会における「名誉殺人」という側面があるように思えます。

    日本では、性被害にあった女性に対し、「夜中に歩いている女性にも問題がある」「そんな格好をしていたら襲われても仕方ない」と常識人ヅラをした意見を、たくさん目にします。
    私には、クルド人も日本人も、イスラム教もキリスト教も、人間や宗教という点では、大した差はなく、(よいところはありつつも)愚かしい部分も多いように思えてなりませんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月21日 22:45
    > mixiユーザー 

    図書館で借りました。
    薄くてすぐに読めるので、お回ししたい位です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月21日 22:47
    > mixiユーザー 

    この著者、今服役中ではありますが
    大統領選に出たこともあり、トルコでは人気の政治家なのだそうです。
    考えさせられる短編が多々ありました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月21日 22:53
    > mixiユーザー 

    そう、クルド人は大昔から嫌われていたようですね。
    クルド人が出て来る映画をいくつも観ています。
    世界一の、国を持たない民族なのですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月21日 23:00
    > mixiユーザー 

    数年前、ドバイで、現地の男性にレイプされたことを訴えたノルウェイ女性が
    婚外交渉の罪で逮捕されたことがありました。
    あの時も驚きましたが…

    トルコはとても自由な雰囲気だったのにね。
    勿論、要所要所では厳重な警戒がありましたが。
    アヤソフィアが近々、モスクに代わるのですってね。

    インド、私も夫と二人でニューデリー、アグラ、ジャイプールを車で廻りました。
    現地ドライバーと現地ガイドを頼んで。
    同じような旅をなさったのかしら?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月21日 23:08
    > mixiユーザー 

    >現代日本社会における「名誉殺人」

    確かにねえ。
    今回のコロナ禍で、日本の良い面、悪い面が見事に浮き上がってしまいましたね。
    罰則もなく、禁止もしないのに、皆が一斉自粛をしたのは凄いことだと思いますが
    その反面、同調圧力が強すぎて、自粛警察だのマスク警察だの、色々と…。
    ネット上の中傷では自殺者まで出てしまいましたものね。

    ただ中東辺りの映画を観ると、婚外交渉をしたり、異教徒と恋愛した女性が簡単に殺されるシーンがよく出て来るのです。
    あれは本当に恐ろしいと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月21日 23:10
    > mixiユーザー 手(パー)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月22日 06:14
    このアメリカ社会でもイスラム教徒の家族が、名誉殺人を起こす事件は時々あります。私の身近ではありませんがそう遠くないある街で若い女性が父親に車で轢き殺されました。直接の原因は忘れましたが名誉殺人。娘は小さい頃からアメリカで育っておりボーイフレンドもイスラム教と以外も含めて何人かいたらしい。地元ニュースで大きく取り上げられていました。私の小学校でもイスラム教徒の家庭の子供達はいます。やはり家族環境など前もって知っておかないとややこしいことになりかねない、と個人的には感じています。イスラム教では自分たちの宗教以外のモラルはすべて認めません。問答無用です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月22日 07:44
    > mixiユーザー 

    ドバイでの レイプされたノルウェイ女性の逮捕、
    衝撃的ですね。
    そういう状態に相手を陥れる可能性が高いのにレイプが無くならないのは
    モラル以前に心の問題もあるのかも?

    インド、zooeyさんも、同じような旅をされたのですね。
    そうです。現地ドライバーと現地ガイドを頼んで、
    夫と二人でニューデリー、アグラ、ジャイプールを車で廻りました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月22日 17:10
    「名誉殺人」、未だにあるというのは聞きますが、酷いこと。女性は何も悪くないのに。宗教が絡んでいるのかしら、それでなかなか解消できないのかしら。
    モトさんの「日本では、性被害にあった女性に対し、「夜中に歩いている女性にも問題がある」「そんな格好をしていたら襲われても仕方ない」」は、これ「名誉殺人」につながる考え方ですよね…女性自身からもこういう意見が出て来ることが、被害者を追いつめるのでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月22日 22:36
    > mixiユーザー 

    アメリカでも!?げっそり
    Wikiの説明に書き足さねばなりませんねえ。

    これだけ時代が進んでもそんなことってあるのですね。
    なんともはや。
    そういう話を聞くと、宗教を狂信する人が怖くなります。
    宗教は本来、人々をよく導くためのものなのにねえ?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月22日 22:40
    > mixiユーザー 

    ドバイの事件、こちらです。
    https://jp.reuters.com/article/l4n0fs16c-dubai-rape-norwegian-idJPTYE96L06720130722

    インド旅行、自分と同じように行かれた人の話、初めて聞きました。
    ちなみにいつ頃行かれましたか?
    私は2015年の1月でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月22日 22:42
    > mixiユーザー 

    本当にね。
    今日、トルコ人の友人(アメリカ在住10年以上)に聞いたら
    トルコでも、ごく一部のクルド人地域での話だろうと言っていました。
    この著者は、獄中とはいえ、トルコで人気のある政治家なのだそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月23日 00:36
    > mixiユーザー
    今回のドバイ以外にも、こんなに事件があるのですね。
    飲酒が禁止というのなら、販売しなければ良いのに。

    インド旅行は、2017年1月2日からです。
    ちなみに、夫と行ったカンボジアも、同僚と行ったラスベガスからグランドキャニオン、セドナ、アンテロープの時も、同じ様に現地のガイド&運転手さんを頼みました。
    交通の不便(電車が通っていない)場所での観光の場合、この方法は、行きたい所に行けて良いですよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月23日 08:08
    初めて書かせていただきます。よろしくお願いいたします。
    心痛む話でさっそく図書館へリクエストいたします。

    私がトルコに行ったのは丁度オリンピック招致を争っていた時で初めてのイスラム圏の旅行でした。
    朝夕のコーランにのんびりと観光していました。

    インドの理不尽な名誉殺人は有名で知っていましたが、現在でもこんなにたくさんの国で行われているんですね。
    日本は女性の地位が低いことで憤慨してましたが、命の危険がある国がたくさんあることにびっくりしました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月23日 09:33
    > mixiユーザー 

    インド、やはり1月に行かれたのですね。
    タージマハールがスモッグに包まれていて驚きました。
    インドでは冬の方がスモッグ酷いのですってね。
    PM2.5濃度、インドは世界一だとその時知って驚きました。
    色々な点で興味深い旅でした。

    カンボジアもラスベガス、グランドキャニオンも行っています。
    やはり似ていますねえわーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月23日 09:40
    > mixiユーザー 

    はい、こちらこそよろしくお願いします。

    この本はごく薄い本ですぐに読めちゃいますが、味わいのある短編が入っていました。
    トルコ人の友人に聞いたら、トルコでは知らない人はいないという政治家なのだそうです。
    トルコでは一日5回ほど、拡声器からアザーンが流れていたように思います。
    でものんびりした国でしたよねえ。

    名誉殺人はヒンズー教が多いインドよりも、イスラム圏での風習のようです。
    そちらの本や映画にたまに出て来るので、昔、初めて知った時は驚きました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月28日 07:32
    今 この本を読んでいます。本 薄くて 詩のような短文で読みやすいのに、内容の濃さが背筋を伸ばさせます。

    訳する方は言葉を選ぶセンスがありますね。 紹介してもらい感謝します。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月28日 17:35
    > mixiユーザー 

    最初の雀の話で少々驚きましたが。
    確かにあんなに短い短編ばかりなのに、結構ずっしり来ましたね。

    共感して下さる方がいて、嬉しいです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最近の日記

もっと見る