mixiユーザー(id:547825)

2020年07月19日15:52

78 view

「奇妙な死刑囚」

フォト

アメリカで29歳の時に身に覚えのない強盗殺人容疑で逮捕され、
死刑判決を受けて、30年間独房で過ごしたアンソニー・レイ・ヒントンの手記。
1985年、アラバマ州のレストランの店長が現金を奪われ、銃で撃たれた。
店長は一命をとりとめたが、彼が犯人をヒントンだと言ったことから、ヒントンは逮捕された。
その時ヒントンは24キロ離れた倉庫で働いており、退社時刻の記録も残っているというのに。
別の強盗殺人事件の容疑もかけられ、死刑判決を受けて独房に送られる。
上訴をするもことごとく駄目であったが、1999年に人権派のブライアン・スティーブンソンが弁護人になり、紆余曲折を経て2015年に釈放される。
その30年間の闘いを描いた、魂の叫びのような手記です。


アリバイもあり、犯行時に使われた銃が彼の家から押収された銃とはまるで違うということが分かっていても死刑判決が下りたのは、ひとえに彼が黒人であるからということのようです。
最初に送られたジェファーソン郡刑務所の、アッカー警部補はこう言います。
「いいか、お前が何をしていようが、何をしていなかろうが、関係ない。正直な所、おれはな、お前の仕業じゃないと思っている。だが、そんなことはどうでもいいんだ。お前がやっていないのなら、お前の兄弟の誰かがやったことになる。お前は自分の責任じゃないのに罰を受けるんだよ。」
「お前が有罪判決を受ける理由を五つ、説明できるぞ。
その一、お前が黒人だから。
その二、ある白人がお前に撃たれたと証言する筈だから。
その三、この事件の担当が白人の地区検事だから。
その四、裁判官も白人だから。
その五、陪審員も全員、白人になるだろうから。」

フォト

(アンソニー・レイ・ヒントン本人)

ゴキブリやネズミが年中出入りし、死刑囚たちの汗や体液や糞尿が匂う劣悪なホールマン監獄。
30年間に彼の独房の前を通って処刑台に連れて行かれたのは、54人。
彼の無実を信じて祈り続けた母親は、2002年に癌で死去。
そんな中で彼は、何度も絶望に襲われながらもあきらめず、希望とユーモアを忘れなかったといいます。
他の死刑囚とも積極的に関わり、読書クラブを作り、監房でもひとかどの人物と見なされ、刑務官でさえ悩みを彼に打ち明けていたと弁護士ブライアンは言うのです。


ヒントンの冤罪が晴れて釈放されたのは、今からほんの5年前。
これではBlack Lives Matter運動が納まらない筈だと、改めて思いました。


「奇妙な死刑囚 」 https://tinyurl.com/y2eczh5c

20 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月19日 16:01
    これは酷い話ですね。潔白が証明されて良かったです。ちなみに、このケースとは反対に、白人の奥さんと友人を射殺し、「限りなく黒に近い」と目されていながら、捜査陣の不手際で無罪放免された、超有名黒人スポーツ選手の例もあります。アメリカの現状は我々が思う以上にはるかに複雑なのだと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月19日 16:31
     最終的に無罪になって良かったです。
     でも、この無罪を勝ち取るまでに30年もの時間を要したとは、気の毒です。その30年は、通常は人生にとって最も充実した大切な時間だったはずなのに、その時間をまるまる失ったわけですからね。
     ただ、こうした冤罪は(人種差別が絡まなくても)日本にもあり、中でも帝銀事件の平沢貞道死刑囚の話は有名です。
     こちらの方は、死刑判決確定後、17回に及ぶ、再審請求、3回に及ぶ恩赦願が提出されたのに、いずれも受け入れられず、そうこうするうちに死刑囚本人は判決確定後32年で獄死し、現在は、平沢氏の遺族が第20次再審請求を東京高裁に申し立てているという、そんな状況です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月19日 16:39
    狭山事件では被差別部落出身ということで、冤罪事件が起きてましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月19日 16:54
    > mixiユーザー 

    O.J.シンプソン事件ですね。
    当時、アメリカでは無罪も金で買えるのかと有名になりましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月19日 17:01
    > mixiユーザー 

    29歳で収監されて、60歳近くまでですものね。
    貧乏で弁護士も雇えず、最初の裁判所が指名した弁護士は、まるでやる気のない、酷い弁護士だったのです。
    読んでいても腹が立つくらい。
    もし彼がまだ存命で、ヒントン釈放のニュースやこの本を読んだらどう思っただろうと思いました。

    帝銀事件、1948年(昭和23年)ですね。
    第20次再審請求ですか…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月19日 17:04
    > mixiユーザー 

    狭山事件は1963年ですね。
    帝銀事件、狭山事件とともに、どんなんだっけ?とWikiを読んでみて
    あまりの長さに疲れましたげっそり
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月19日 19:43
    酷い話ですね。黒人だからという凄まじい差別の警察、裁判所。こんなことがまかり通るのだから、黒人たちが怒るのも無理はないです。
    30年、人生の大部分を冤罪で刑務所とは!ネルソン・マンデラも27年だったけれど、ヒントン氏も後半生を幸せに暮らせるといいと願われます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月19日 19:55
    酷い話ですね。30年もの人生を返してほしいと思うでしょうね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月19日 19:59
    奇妙な死刑囚というより、
    悲劇の死刑囚といった方がピッタリの様な?

    黒人差別、根深いとは思っていましたが、
    ここまでとは。

    そういえば、日本人の経営する店が、アジア人と言うことで襲われましたね。
    日本人も、安心はできません。

    こういう差別、無くなって欲しいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月19日 22:16
    > mixiユーザー 

    黒人差別を扱った映画も色々観てきましたが
    こうした手記というのも迫力あります。
    ヒントン氏、今は冤罪を晴らすための運動や講演など積極的になさっているのですって。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月19日 22:18
    > mixiユーザー 

    どんなに慰謝料などもらったとしても
    人生の一番いい時の、失われた30年は戻ってこないでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月19日 22:27
    > mixiユーザー 

    ちょっとトリッキーな邦題ですよね。

    私の友人の息子はネブラスカに留学していましたが
    コロナで大学も閉鎖され、この春戻ってきました。
    街を歩いていると、殺されかねない雰囲気だったのですって。
    日本人も中国人も、向こうの人には区別がつきませんものね。

    私自身、個人で欧米に旅行すると
    あからさまではありませんが、微妙な差別を感じることありますよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月19日 22:53
    人種に限らず差別意識は人間にはつきもので、なくすことは至難の業でしょうが、法的には平等でなければなりませんね。
    それとともに民主国家で死刑制度をとっているのは、アメリカの一部の州と日本だけ(だと思う)ということを真剣に考えることが必要でしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月20日 10:46
    > mixiユーザー 

    差別意識は根深いもののようですね。
    どんな世界にも差別がある。
    あのホロコーストにも、あったようですね。
    ユダヤ人がつける黄色い星は、ゲイや知的障碍者がつける星よりは、位が上だったのですってげっそり

    死刑制度については長くなりそうですので、割愛させて頂きますね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最近の日記

もっと見る