mixiユーザー(id:547825)

2020年01月15日20:36

170 view

「しょうがない人」

一人暮らしをしている著者のもとに、派出所から電話がかかって来る。
父親が無免許でバイクを運転して捕まり、身元引受人として迎えに来て欲しいという連絡だった。
書籍のセールスをしていた父親は博打にのめり込み、サラ金から追い立てられて夜逃げし、一家離散の原因となり、その後も家族に散々迷惑をかけて来た。
好き勝手なことをして家を出て、たまに連絡してくる時は金の無心ばかり。
必ず返すからと言いながら、返したためしがない。
その日も著者はウンザリしながら、派出所にいる父親と電話で話す。

”父親は何か言いかけましたが、咄嗟に上手い言い訳を思いつけなかったのでしょう、すぐに口籠り、随分長い間黙り込んだ後にようやく「申し訳ない」と呟きました。
「もういいよ。とにかくあんたは今無免許でドジを踏んで捕まって、
オレが迎えに行く他ないんだろ」
「うむ…」
「行くよ。行けばいいんだろう」”

著者はそれまでの父親の姿を思い起こし、嫌々派出所には行くものの、
事務的な手続きだけをして、徹底的に父親を無視しようと心に誓う。
年中サラ金から追い立てられ、家族に迷惑ばかりかける父親をつくづく情けなく思う。
しかし派出所で、うなだれる父親を執拗に叱り続ける若い警官を見て
「おいッ!おまえ…」
「おれのおやじを…何だおまえは!おれの、おやじを…」
と叫んで、嗚咽を漏らしてしまうのです。

情けない父親にも、かつては頼もしく輝かしい時代があった。
今はどんなにみすぼらしくても、家族には忘れられない過去がある。
憎みたいと思っても見捨てたいと思っても、中々できるものではない。
親子って切ないなあとつくづく思います。

原田宗典は他にも何冊もこの父親のことを小説に書いており、これはどうも私小説のようです。
原田宗典は、原田マハの兄。
つまりこの「しょうがない人」は、最近私が読みこんでいる原田マハの父親でもあるのです。
元ニューヨーク現代美術館のキュレーターであり、NYやパリやロンドンを舞台にした
華麗なアート小説「ジヴェルニーの食卓」「楽園のカンヴァス」「暗幕のゲルニカ」など次々と書いている原田マハの。
英語が堪能で美術に造詣が深く、日本人にしてMOMAのキュレーターになるなんて
どんなに恵まれた家に生まれたお嬢さんかと思っていました。
驚きました。

しょうがない人 https://tinyurl.com/suqvutw

16 17

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月15日 21:27
     子にとって親は選びようがないですね。
     ただ、どんなにしょーもない親でも、それをどう受け止めるかは、子にもある程度選べるところがありますね。
     概して、しょーもない親をしょーもない人としか見ることができない子は、自ら不幸になっていることが少なくないように感じます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月15日 21:47
    どうしようもない親に育てられても、それを反面教師にしていく人と、巻き込まれてしまう人がいるのでしょう。
    ただ、巻き込まれてしまう人を、その人の責任とだけは言い切れないところはあると思います。
    親に殴られて育った人が、何とか親を克服したと思っていたら、突然PTSDが出て苦しむとか気の毒でなりません。
    過去は変えようがないから、横に置いておいて、今を大切に生きれば未来は変わるのですけれどね…。
    どうしようもない親でも、幼い時は可愛がっていたとか、子供にも愛情が感じられていれば少しは違うのでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月15日 23:09
    恵まれた家庭だったかどうかは分かりませんが、小説家の書くことは信用できませんからね(笑)私だって親をネタにしてひどいことを創作出来るかも。
    この本は読んでいないのですが、しょうがない肉親を見捨てられない、というジャンルの作品は何だかイライラして好きじゃありません。きっぱりと見捨ててほしい。一番ひどかったのが映画の「おとうと」。あれ以来鶴瓶が大っキライになってしまいました(最近薄れてきましたが)。もっと昔の「おとうと」(岸恵子と川口浩)の方が良かったですね。古すぎるかな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月16日 06:43
    面白そうるんるん原田マハはzooey様の影響で今読みかけの「ゲルニカ」以外文庫は読了スマイル

    古本で1円送料のみに、なってるあたり食指動きますが、やはり日記にあった「オランダの文豪が見た大正の日本」もまだ読了せず。

    zooey様の多読精読力にあやかりたい!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月16日 07:47
    小説家の書く世界は、誇張しているところあるから、実際はそんなにひどくなかったかもですね。宗典さんは、すばる文学賞でデビューされたときは華々しかったけれど、それ以降、ヒット作に恵まれてないです。そして、逆に、マハさんは
    実際はものすごく苦労して今の地位を築かれたのかも。小説の世界は実際とは、どこまでが虚かは、わかえいにくいのでは。(*^_^*)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月16日 08:38
    > mixiユーザー 

    子は親を選べない。
    どう受け止めるかはある程度選べるとは言っても
    例えば、虐待をする親とか犯罪者だったりした場合には
    いかんともしがたいですね?
    新聞やテレビで事件の犯人逮捕というニュースを聞く度に
    その犯人にも親や子供がいるのだろうにと思ってしまいます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月16日 08:41
    > mixiユーザー 

    >巻き込まれてしまう人を、その人の責任とだけは言い切れないところはある

    本当にそうですね。
    私はそういう人を身近には知らないのですが
    本や映画で嫌というほど見て来ました。

    >どうしようもない親でも、幼い時は可愛がっていたとか、子供にも愛情が感じられていれば少しは違う

    この著者は、まさにそれだったようです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月16日 08:43
    > mixiユーザー 

    まあ「小説は根も葉もある嘘」ですからねえ。

    >しょうがない肉親を見捨てられない、というジャンルの作品は何だかイライラして好きじゃありません

    その気持ちは分かるような気がします。
    「おとうと」も観ましたが、私はあれはそんなにイライラしなかったのですが
    殺人者の兄を持った弟を描いた「手紙」は、小説も映画も辛かったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月16日 08:46
    > mixiユーザー 

    古本はamazonで1円になるのもありますが
    最低、配送手数料で350円かかりますね。
    まあそれくらいは仕方ないか。

    多読精読なんてとんでもないですが、他にも色々読んだ中で感銘を受けたものについてだけ、書いています。
    軽いのしか読まないので速いのかも。
    例えば今回の本も一日でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月16日 08:47
    > mixiユーザー 

    >マハさんは実際はものすごく苦労して今の地位を築かれたのかも

    それ、私も思いました。
    原田マハの作品の中にも家族について書いたものがあるようなので、
    読んでみようと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月16日 13:10
    原田マハさんからは、想像がつきませんね。
     今度読んでみたいです
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月16日 15:24
    世の中には程度の差はあれど
    しようがない人(親)は沢山いるのね・・・と最近思います。
    この小説の
    「長年家族を困らせてきたどうしようもない父をいざとなると庇ってしまう」辺りは

    そりゃ嘘だろう?

    と思いましたがw

    「自分を産んでくれた親なのだから大切にしないと」という周りの言葉に長年苦しみました。
    今は当時よりマシです。
    嫌いなものは嫌い。
    でもできる範囲で暮らしは助ける。
    ささっと行ってささっと帰宅しますw

    私事ですみません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月16日 20:41
    > mixiユーザー 

    でしょう?
    私も驚きました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月16日 20:48
    > mixiユーザー 

    そりゃ、裏社会に生きる人や犯罪者にも、子供がいる場合も多いのでしょうし。

    庇ってしまうというか、ただ、警官を怒鳴りつけてしまうのです。
    その後で、自分の行動に驚いて、派出所を飛び出してしまうのですけどね。

    私も今の実母には相当悩まされています。
    私の不眠症の原因にもなっています。
    でもそんな母とも、かつては愛情に満ちた日々もあった。
    だから見捨てることもできないのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月18日 01:26
    しょうがない人って原田宗典のお父さんのことだったのかと思うと納得ですが
    (たしか覚醒剤や大麻で警察沙汰になってたような)、
    原田マハのお父さんでもあったというのは意外です。
    こうなるとお母さんのことが知りたくなってしまいます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月18日 15:02
    > mixiユーザー 

    ね、意外でしょう?
    お母さんはごく普通の、常識人であったようです。
    夫に散々迷惑をかけられて人生が狂ったと嘆いていたと
    原田マハの「キネマの神様」に書いてありました。
    それ、次の日記でご紹介しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月19日 07:35
    先の日記と合わせて拝読しましたが、流れ的にこちらに。

    どうしようもない人は、親、という立場にしたって
    、いるのですが、子どもにとっては愛情を(子ども側が)感じられたか、で、その後が変わる気がします。
    ま、もちろん言い切れないのですが…。

    我が家は全然マシといわれる状況なのは頭ではわかりつつも、義母とは根本的に擦れ違うのでしょう…と、決定的メール?単に堰が切れただけ??なひと月たったいま、思うのです。借金しないだけマシ(子から用立てはさせるけどね!…あの人1人では相続税払えませんでしたから…そして還暦超えて初めて自分で車を買うとか…運転歴40年オーバーですよ)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年01月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

最近の日記

もっと見る