ホーム > mixiユーザー(id:547825) > mixiユーザーの日記一覧 > メキシコ旅行ヘミングウェイ尽し

mixiユーザー(id:547825)

2019年12月12日22:09

115 view

メキシコ旅行ヘミングウェイ尽し

ヘミングウェイはアメリカ人でありながら22年ものを歳月をキューバで過ごし、
その作品の殆どをキューバで書き上げたのだそうです。

フォト


彼が足繁く通ったというボデギータ・デル・メディオでランチ。
ここで彼がいつも飲んだというモヒートを。
陽気な音楽隊がやって来て、キューバ音楽を奏でてくれます。

フォト


別の日には、やはりヘミングウェイのお気に入りのフロリディータで夕食を。
ここでは彼は、フローズン・ダイキリと決めていたのですって。
どちらもラム酒をベースにした、口当たりのよいカクテルでした。
白いクロスがかかった、ハバナでは多分最高級のレストランでしょうが、前菜が写真の通り。
お料理はまあ、言わずもがなと言ったところ。

フォト

カウンターの奥がヘミングウェイの定席だったそうで、今はその像が座ってました。
どちらのお店も基本、外国人しか行けないようです。

フォト


ここは郊外の彼の家で、ヘミングウェイ博物館になっています。
小さな丘が丸ごと彼の家だったようで、上って行くと木に囲まれた家が頂上に。
入館者はその外をぐるりと回って、居間、キッチン、寝室など家の中を窓から覗き込むようになっています。

フォト

南国の木が茂る森のような庭の中には、小さなプールもボートもあります。
ボートの前に墓石が4個並び、ヘミングウェイの奥方たちのお墓かと思ったら、愛犬のお墓なのですって。
こんな眺めの良い家で愛犬や愛猫に囲まれて、好きなように海に出て釣りをし、それでも文豪は心を病んで、ショットガンで自殺してしまったのですね。
「老人と海」の舞台になったという、コヒマル海岸にも行きました。

フォト


「老人と海」を中学生の時に読んだ時、私はちっとも好きになれませんでした。
何ケ月も不漁だった老人が海に出て、大きなカジキを3日かかって仕留めるが、鮫の群れに追いかけられ、港に辿り着いた時には骨しか残っていなかった。
こんな空しいストーリーの、何処が面白いの?と思っていました。

数十年経って今回読み直してみても、基本的に感想はそんなに変わらなくて自分にがっかりしましたが、老人が若い頃見たアフリカの光景を思い出すシーン、少年が老人を思いやる気持ちに胸を突かれました。
「少年がかたわらに坐って、その寝姿をじっと見守っている。
 老人はライオンの夢を見ていた。」
という、ラストの文が好きです。

26 29

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月12日 22:31
    「老人と海」は小学生の頃、映画がテレビで放映されたのを見ました。
    今からするとカジキもちゃちい出来なんでしょうが、田舎の子どもにはカジキとの格闘にはかなりドキドキした記憶があります。
    その後わたしも中学生になって原作を読みました。
    わたしもラストの一文、大好きです。

    ヘミングウェイといえば、わたしが初めて海外旅行したスペインで、マドリードの「ボティン」に行きました。ヘミングウェイが座っていたという椅子を眺めて、子豚の丸焼きを食べました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月12日 23:04
    ヘミングウェイというと、フローズンダイキリを思い浮かべます。
     老人と海、読みきれないままになってます
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月12日 23:24
    私もラストが印象的。やはりアメリカ文学の大きな柱。誰がために鐘がなる本で天候と主人公の心情のリンクが際立ってた覚えも。シンガポール ラッフルズホテルとモーパッサンとか、海外での文学者探訪も私も好きです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月12日 23:54
    ヘミングウェイの生涯のドキュメンタリーを見ましたが、なかなかに心理的に複雑な人物なんですね。
    母親が高名なオペラ歌手で医者の父親よりずっと高収入、君臨していたそうで、彼の女性観に影響しているのかも。
    私は「日はまた昇る」が一番好きでした。(過去形なのは余りに昔に読んだから)

    博物館には有名な猫たちはいなかったのですか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 00:21
     私も『老人と海』は子どもの頃、映画がテレビで放映されたのを見ました。確かスペンサー・トレイシー主演のものだったと思います。おそらく、テレビを通してではあれ、自分が映画というものを見た記憶がある最古の作品です。
     なぜ記憶が残っているかというと、(ごんふくさんも述べておられるとおり)今見るとちゃちなものなのでしょうが、カジキとの格闘シーンがワクワク、ドキドキさせるものだったからです。
     その後、中学になってから原作を読みましたが、正直、映画で見たときほどの感動はなかったです。
     この作品は、高校の時には、原文の一部が英語の教科書に載っていましたが、その時も大した感銘はなかったです。
     もっとも、映画からも原作からも遠ざかっている現在、ふと思うことは、この作品は、精神状態が若々しいうちは理解できないものなのかもしれないということです。多分、この作品でヘミングウェイが描き出した老人のカジキ漁の顛末には、ある程度年齢を重ねた人の多くが自分の人生と重ね合わせて共感できる部分がかなりあるのではないかという気がします。 
     勝手な憶測ですが、ヘミングウェイがこの作品が決め手となってノーベル文学賞を受賞したウラにもそうした背景があるのでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 07:31
    あれは死後、何年経ってからだったか、ヘミングウェイの死は自殺だったのだと分かったときは、衝撃を受けました。「老人と海」を中学生で読み、この孤独な闘いとその結果の徒労と、にもかかわらずの威厳は、そうか、シェイクスピアだなあと強烈に打たれた記憶が忘れられなかったからです。私といっしょにバーに行くとき、カミさんの飲むものはつねにダイキリです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 10:11
    > mixiユーザー 

    私はその映画は観ていないのですよ。
    子どもの頃観たら、さぞ衝撃でしょうね。

    以前マドリードの「ボティン」に行く筈だったのに
    その日スリに遭って、警察に行ったりでそれどころじゃなくなってしまったのでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 10:12
    > mixiユーザー 

    フローズンダイキリとモヒート、お店によって飲み分けていたのですって。
    「老人と海」はごく短いですから…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 10:15
    > mixiユーザー 

    ラスト、切ないですね。
    「誰がために鐘はなる」は若い頃に読んだ筈ですが、殆ど覚えていません。
    ホテル・オリエンタル・バンコクの「オーサーズ・ラウンジ」には行きましたわーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 10:18
    > mixiユーザー 

    ヘミングウェイ、そうだったのですか。
    ハバナでは相当モテたそうですが、あれだけの富と名声を得て大きな家に住んでいたら
    そりゃ女性たちが放っておかなかったでしょうね?

    多指症の猫たちは、キーウエストの家の方にいるようです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 10:23
    > mixiユーザー 

    あの小説を読んで感動した!という人ばかりでないのに、少々安堵しています。
    まあ淡々とした短い作品ですしね。
    それでも確かに、中学生の時よりは感情移入できました。
    あと20年も経ってから読めば、また違った味わいがあるのかもしれませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 10:27
    > mixiユーザー 

    最初は事故だと言われていたのですってね。
    私にとってのシェイクスピアは、「リア王」や「マクベス」など劇的なドラマ展開という印象です。
    この淡々とした小説との共通性は中々思いつかないのですが
    つまり表層的にしか読んでいないのでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 10:44
    ヘミングウェイの猫いましたか? 6本指の猫猫 幸運をもたらすそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 10:57
    > mixiユーザー 

    それは、キーウエストの方のヘミングウエィの家だと思いますよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 11:14
    > mixiユーザー あ、そうなんですねあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 12:18
    > mixiユーザー 

    知ってはいたのですけど、私も多指症の猫、つい探してしまいました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 12:55
    あの凄絶な物語を、「淡々と」読めるのは、現実的ではないわれわれ男には絶対に出来ない行為だなあと、痛感させられました(苦笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 13:00
    > mixiユーザー 

    それ、他の男友達にも言われたことがあります。
    あれは男にとっては物凄いロマンと人生なのだと。
    女にとっては、あんな非生産的な話はないと思うのですがw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 19:06
     あとヘミングウェイ博物館にもいらっしゃったようですが、ゲーリー・クーパーとの親交を物語る写真等の展示はありましたか? 
     ふたりは無二の親友であったらしく、実際、『誰がために鐘は鳴る』の映画化に際してヘミングウェイは、クーパーを主役にすることを条件の1つにしたと云われてます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 21:17
    「老人と海」は、せっかくのカジキが骨だけになっちゃった…という印象が強いです。育ったのが漁師町ですから、漁師の残念さが身に沁みたというか。それと大物がかかった時の釣り糸の張り具合、引くときの大変さとか。
    最後のライオンの夢の話はサッパリ覚えてないのです…。
    私は「武器よさらば」「誰がために鐘は鳴る」の戦争を舞台にした2作が好きでした。これらと「老人と海の映画はTV放映の際に観ています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 21:34
    ロマンという情緒的な話ではありません。
    自然、その代表である動物を対等の相手に全身全霊、死力を尽くした闘いが、なぜ、ロマンなどという情緒的な世界になるのか、私には理解できません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 21:40
    生きるための闘いが、なぜ、非生産的なのですか?
    なぜ、wなのですか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 21:44
    これでもうやめます。
    漁師が魚を獲るのが、なぜ、非生産的なのですか?
    なぜその行為が、wなのですか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 22:47
    > mixiユーザー 

    名前はヘミングウェイ博物館なのですが
    実際には、ヘミングウェイが住んでいた家を、その名前で公開しているだけなのです。
    今は国有にして、ちゃっかり料金を取って。
    普通の博物館のような展示品などはありませんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 22:49
    > mixiユーザー 

    私は海なし県で育ったので
    何もかもが新鮮でした。
    老人が食料も尽きた沖の海で巨大なカジキと闘う場面は、想像も中々できませんでした。
    ライオンの話は老人の回想として、小説の中に何度も出て来るのですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月13日 22:55
    > mixiユーザー 

    FaceBookにこのブログ記事をリンクしたら
    男友達がそう言ったと、私は言ったのです。
    これは男のロマンであり、人生であると。

    私にとっては、全身全霊、紙力を尽くした闘いが結果的には無となって
    何も残らない、何も生み出せない、こんな非生産的な話はないと思ったのです。
    「w」は特に深い意味はなく、雰囲気を緩和させるためのものです。
    自分の日記のコメントにそれを書いたからといって何故そこまで噛みつかれなければならないのか
    私には分かりません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月14日 09:10
    おっしゃるとおりです。
    大好きな本が低評価なのに納得できなかったのでしょうが、よそさまの場所で、それも何度も書くことではないのは自明です。猛省し、いい歳をして未熟をお詫びし、二度とご迷惑をお掛けしないことをお約束いたします(ペコリ)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月14日 19:00
    ヘミングウェイがキューバで22年間も過ごしたとは知りませんでした。

    私はどうもヘミングウェイの長編は苦手なのですが、「インディアンの村」を初めとする短編群は好きです。
    ボクシングとか、全然興味を持てないものがテーマでも面白く読めちゃうんですよね。なぜでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月14日 22:44
    > mixiユーザー 

    「老人と海」がキューバの海を舞台にしたとは知っていたのですが
    22年間もとは、私も知りませんでした。

    私はそこまでヘミングウェイを読んでいないのですよ。
    全然興味を持てないものがテーマでも面白く読ませるって
    それこそが作家の力量でしょうね?

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する