ホーム > mixiユーザー(id:547825) > mixiユーザーの日記一覧 > 摩訶不思議な反戦映画「天国でまた会おう」

mixiユーザー(id:547825)

2019年08月18日22:49

122 view

摩訶不思議な反戦映画「天国でまた会おう」

フォト


第一次世界大戦の終結前後、好戦的な上官プラデルの悪事に気がついて
生き埋めにされたアルベール。
彼を地中から救い出したエドゥアールは、顔の下半分を吹き飛ばされてしまう。
パリに戻った二人を待ち受けていたのは、帰還兵に冷たい世間だった。

フォト


銀行家の御曹司エドゥアールは、戦死を装い、生還を家族にもひた隠しにする。
小心者のアルベールは仕事も恋人も失い、エドゥアールを見捨てることもできない。
顔の下半分を失くしたアルベールは、食べ物を噛むこともできず、注射器で注入。
痛みをモルヒネで抑えるという地獄のような生活。
声も失った彼はしかし、無垢な孤児の少女と心を通わせ、通訳して貰うことになる。
更にアートの才能に溢れる彼は、次々に奇抜なお面を作り、自分の顔とする。
彼らはかつての上官への復讐と、国を相手に一儲けする大胆な詐欺を企てるのですが…

フォト


冒頭、凄惨な戦争シーンで始まります。
社会派の映画かと思って観ていくと、奇抜な仮面がファンタジーの世界へと誘う。
戦場、1920年代のパリの街角、銀行家の豪華な邸宅、そしてきらびやかな仮面と
リアルとファンタジーが入り混じった、摩訶不思議な世界。
気がつくと、魔術のような映像世界にどっぷり引き込まれていました。
そして終章、華麗な仮面をつけたままのエドゥアールが父親に逢い、
驚愕の行動を取ることで、彼が本当に求めていたものが分かるような気がするのです。
異色の反戦映画には、親と子の悲しい軋轢が伏線として入っていたのですね。

フォト

(フランス版ポスター)

「その女アレックス」の人気ミステリー作家ピエール・ルメートル氏が原作、脚本。
アルベール・デュポンテルが監督、アルベール役として出演。
フランスのアカデミー賞と称されるセザール賞で監督賞、脚色賞など5冠に輝き、
本国では大ヒットとなったというのも頷ける作品です。
この春に上映され、私は映画好きな友人から聞いて今頃知ったのですが
日本では殆ど話題にもならなかったことが残念です。

http://tengoku-movie.com/
23 35

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月18日 23:35
    これは全く知りませんでした。面白そうですねー。
    セザール賞5部門は脚色賞・監督賞・撮影賞・衣装デザイン賞・美術賞。
    予告編を見ましたが、本当に美しい! これは大画面で見たかったです。

    https://youtu.be/2RSaka8dja0
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月18日 23:40
    9月7日からギンレイで上映するので、観に行く予定にしているのですが、日記を拝読してとっても楽しみになりました。
    ただ…「その女アレックス」は嫌いな小説でしたが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月18日 23:42
    > mixiユーザー 

    そうなのです、私もまるで知りませんでした。
    映画好きな友人に是非観て!と言われて
    半信半疑でDVDで観たのですが、驚きました。
    フランス映画の面目躍如です。
    是非お試しください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月18日 23:44
    > mixiユーザー 

    まあ、私もギンレイで観たかったな。
    これは大画面じゃないと勿体ない。
    ピエール・ルメートル、未読なのですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月18日 23:44
    ロードショーには間に合わなかったのですが、二番館で見れました。
    独特の美学が感じられる寓話ですね。
    アート色あるのがおフランス映画っぽい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月18日 23:47
    予告編を止めながらマスクを鑑賞していて「ブルーの瞳とよくマッチしているわ。まるでデザインの一部みたい…ん?この瞳には見覚えが…」

    御曹司のエドゥアール役は、『BPM ビート・パー・ミニット』主演のナウエル・ペレーズ・ビスカヤートですね!!
    とても好きな役者さんですハート達(複数ハート)うれしい顔
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 00:10
    ギンレイでかかるんですね!頑張って調整しよう……♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 00:44
     タイトルは、第一次世界大戦に出陣する際のチェコスロバキア人若人の合言葉「ウ・カリハでまた会おう」を思い出させるものがあります。
     「ウ・カリハ」というのはプラハに実在する老舗居酒屋(ビヤホール)で(https://news.arukikata.co.jp/column/sightseeing/Europe/Czech_Republic/PRAGUE/49_601699_1479956032.html)、フットワークの軽いzooeyさんならすでに訪れたことがあるかもしれませんね。
     ここはチェコスロバキアの国民的人気小説『兵士シュヴェイクの冒険』にも出てきて、すっかり有名になったので、上記のような合言葉も生まれたわけですが、作者も、挿絵画家も、ここの常連だったようですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 07:47
    > mixiユーザー 

    おお、ようやく観た方が!
    独特の美学が感じられる寓話、まさにそうでしたね。
    あの終章の、モロッコの警察の取った措置には泣きました。
    ハナミズさん、感想書いてらっしゃる?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 07:49
    > mixiユーザー 

    この役では顔の上半分しか出さないのです。
    銀猫さん、良く分かりましたね!
    話題にもならなかった映画で感動することあるんだと思いました。
    反応して頂けて嬉しいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 07:54
    拙文あげてます。
    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1972226720&owner_id=11939455
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 07:55
    > mixiユーザー 

    プラハには行きましたが
    その小説知りませんでした。
    確かにビアホールがいっぱいありました。
    惜しいことしました。
    カレル・チャペックは好きだったのですけどね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 08:06
    顔が戦争によって欠損した兵士のために、さまざまななマスク(義顔?)が開発されたのは、NHKの「映像の世紀」に出てました。

    ちょっと興味のある映画です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 08:31
    > mixiユーザー 

    拝見しました。
    割と淡々と書いてらっしゃいましたね。

    >伏線の回収や構成、美術設計などもどこかノスタルジックで懐古趣味的な作りに思える

    伏線や構成の作りについてまではよく分かりませんが
    ノスタルジックな懐古趣味は、画面全体から感じました。
    あの様々な仮面は、映像ならではのパワーでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 08:33
    > mixiユーザー 

    顔の下半分を失くすって、ちょっと想像できません。
    現代だったら再建手術もできるのでしょうが。
    映画の中で病院がある程度の手術をしようとするのですが、
    エドゥアールはそれを拒否するのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 08:41
     『兵士シュヴェイクの冒険』は、ヤロスラフ・ハシェクの長編小説なのですが(岩波文庫で邦訳されてます)、本当は利口なのに、馬鹿のふりをしているシュヴェイクが主人公なので、結構笑えます(可愛い挿絵も付いてます)。
     チェコスロバキアが共産圏に組み込まれていた時代には、ソ連に忠実そうにみえて、実はその理不尽な要求をのらりくらりとかわし続けるチェコスロバキアの政策が、“シュヴェイク戦術”と呼ばれたり、次のようなジョークもあったりして、本当にチェコスロバキアの人々からは愛されていたようですよ。
    ノヴォトニー(←国民からは評判の悪かった大統領)とシュヴェイクの違い:シュヴェイクは利口なのに馬鹿のふりをしている(今の東洋の島国の政治家を皮肉るのにも使えそうです)。 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 09:14
    > mixiユーザー 

    横レスですが。
    古典的反戦映画『ジョニーは戦場へ行った』の主人公は、爆撃で顔と両手両足を失った兵士でした。
    あれは思い出すだけで胸が痛くなる傑作です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 09:27
    > mixiユーザー フランス映画らしい複雑で心揺さぶる作品のようですね。最近は映画館とは程遠い日々ですが、中学3年から高校生のころには、フランス映画にのめり込んでいました。「パリ祭」「パリの屋根の下」「自由をわれらに」「天井桟敷の人々」「北ホテル」「美女と野獣」「花咲ける騎士道」などなど、今でもよく覚えています。それだけ鮮烈な印象を少年の心に残したのでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 09:58
    あぁあああ〜〜、羨ましすぎるぅう。
    今、もう、映画館ではやってないはず・・・と思いきや、なるほどDVDでだったんですね。
    私も観たくて、観たくて。でも、ギンレイホールは遠いし。
    でも、大きなスクリーンが似合いそうですよね!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 12:04
    > mixiユーザー 

    なるほど、ありがとうございます。
    つまりノヴォトニー、もしくは東洋の島国の政治家は
    お利口のふりしたバカだったのですねわーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 12:06
    > mixiユーザー 

    「ジョニーは戦場へ行った」観ました。
    肉体のかけらだと思われていたジョニーが
    必死にモールス信号を送っていた。
    その意味は…泣き顔泣き顔泣き顔
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 12:08
    > mixiユーザー 

    私はアメリカ映画から入ったので
    (十代の頃はやはりアメリカに憧れていましたし、英会話の勉強も兼ねていた)
    古いフランス映画にはまるで詳しくないのです。
    「男と女」「太陽がいっぱい」くらいは好きでしたが…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 12:08
    > mixiユーザー 

    DVDになったばかりじゃないかな。
    でも大画面で観たかった!と痛切に思いました〜
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 12:59
    色々な趣向を凝らして、反戦映画が作られているのですね。
    内容、奇抜ですが、伝わってくるものがありますね。

    私は一昨日、お墓参りに来てくれたお嫁ちゃんと
    『この世界の片隅に』を見ました。
    この映画も、ほのぼのとしていますが
    反戦映画ですよね。

    皆が平和を願っているのに、嫌な方に向いていそうで怖いです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 13:51
    デュポンテルというだけで辛気臭ぁーと思って見る気がしなかったのですが、
    なかなか面白そうですね。
    ローラン・ラフィットも出ているし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 14:19
    これ以前に原作読みましたよ。ルメートル氏は個性的な作品が多いですね。
    映画化されたんですか。知らなかった・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 16:51
    日本では夏になると、靖国でまた会おうと軍服コスプレ好きが騒いでいます。
    フランス語に通じませんが、直訳すると「さようなら、あの高いところで」を、「天国でまた会おう」と訳したのでしょうか。
    私も観に行きます、ギンレイ。でも、ギンレイって何だろう。壇れいさんが宣伝しているビールかな。あれは金麦か。
    「アベンジャーズ」なんかは、ずいぶんと宣伝を見せられましたが、知られていない映画の方がよいものがあるというのは、どういうことなのだろうか。
    まあ、フランス映画は、終わり方がもにょもにょしているのが、多分、日本人にはわかりにくいのでしょう。日本文化も、微妙な部分は外国人にはわかりにくいかとは思いますが。
    ギンレイ、ギンレイ。忘れずに行かなくっちゃ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 18:35
    > mixiユーザー どちらもバック・ミュージックが素敵でしたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 23:29
    > mixiユーザー 

    「この世界の片隅に」公開時に観ました。
    静かな、日常生活を丁寧に描いていましたね。
    ほのぼのとしながら、確かにちゃんと反戦映画でした。
    こういう描き方もあるんだなあって思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 23:31
    > mixiユーザー 

    デュポンテルを私は知らなかったからよかったのかなw
    ローラン・ラフィット、パルデル役ですね。
    徹底的な悪役、中々のものでしたよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 23:33
    > mixiユーザー 

    原作はどんな感じなのでしょうね。
    レメートルが脚本も手掛けているのですよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 23:38
    > mixiユーザー 

    ギンレイって私も行ったことないのです。
    飯田橋という場所も中途半端だし、2本立ても若い時だったら嬉しいでしょうけど
    今は1本に集中したいかな、と。
    でも公開時見逃した作品をかけてくれるようで、それはありがたいですね。

    これはフランス映画ですけど
    最後に珍しくサービスがあってホッコリしました。
    数年前のアメリカ映画「チョコレート・ドーナッツ」のように
    最初は数館から始まっても全国的に広がったというケースもあるのですけど
    これは、話題にもなりませんでしたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 23:39
    僕は1年に1回映画館に行けば良い方なんですけれど、これは連行されて観に行きました。映画はやっぱりよく分からないけど、父親と再会する場面は、ボンマルシェの向かいにあるホテル・リュテシアだったのを覚えてます。笑。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月19日 23:41
    > mixiユーザー 

    連行されちゃったの?w
    猫さんのお好みなのかしら?
    ちょっと分かりにくい部分はありましたね。
    でも私はあの父親との再会シーン、落涙しました〜
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月20日 17:11
    ギンレイ、一本でも見られますよ…私時間の都合でよく一本見してます。

    この世界の片隅に、冬?秋?未公開部分を足したロングバージョンが公開されるようです。
    夫が漫画の時からのファンなので、見るの楽しみです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!