ホーム > mixiユーザー(id:547825) > mixiユーザーの日記一覧 > 「武士の娘」

mixiユーザー(id:547825)

2019年08月13日16:02

95 view

「武士の娘」

1873年(明治6年)、越後長岡藩の家老の家に生まれた杉本鉞子(えつこ)は
武士の娘として厳格に育てられ、結婚によりアメリカに住むようになっても
「武士の娘」としての矜持を失うことはなかった。
これは、大正時代に米国の雑誌に英文で連載された彼女の自叙伝です。
連載後の1925年にアメリカで出版されて人気を博し、7ヵ国語に翻訳されたといいます。

武士の娘として育てられたということが具体的にどういうことなのか、
興味を持って読み始めたのですが、中々に面白い。
著者は幼い頃より歴史や文学、仏教、漢籍、生け花や裁縫などを教えられていたが
例えば、その漢籍を教えられている時の様子。
”お稽古の2時間の間、お師匠様は手と唇を動かす外は、身動き一つなさいませんでした。
私もまた、畳の上に正しく座ったまま、微動だも許されなかったものでございます。唯一度、私が体を動かしたことがありました。どうしたわけでしたか、落ち着かなかったものですから、ほんの少し体を傾けて、曲げていた膝を一寸ゆるめたのです。
すると、お師匠様のお顔に微かな驚きの表情が浮かび、やがて静かに本を閉じ、きびしい態度ながらやさしく、「お嬢様、そんな気持ちでは勉強はできません。お部屋に引き取って、お考えになられた方がよいと存じます」とおっしゃいました”

やがて著者は12歳で兄の友人、アメリカで日本骨董の店を営む松雄と婚約。
東京の女学校で4年間英語を学んだ後、渡米してシンシナティのウィルソン家に身を寄せ、
やがてその親戚筋の家で、そこの未亡人「アメリカの母上」と共に新婚生活をスタート。
二人の娘に恵まれ、平穏に暮らしていたが、12年後に夫が急死して帰国。
数年間日本で暮らした後、アメリカを懐かしがる娘たちを連れて再び渡米、
そこで生活のために書かれたのが本書だった訳です。

アメリカで鉞子が身を寄せたウィルソン家というのは地元の名家であり、
その親戚筋の未亡人という人も、大きな家でメイドや下男を使っている。
なので
”朝食を終わると「母上」は裁縫や編物を、私は新聞を手に、そこに出るのでした。おそばの小さい安楽椅子に陣取って英語の勉強のために私は毎日新聞を読み、解らぬ所々を教えて頂きました”
という、優雅な生活であったようです。
しかし、いかに金持ちであろうと教養があろうと、人が一緒に暮らせば(しかも異国の人と)
様々な摩擦が起こるのではないかと私などは思ってしまうのですが、
鉞子の文章は、この人への感謝の思いに満ち満ちているのです。
「我を捨てる」という教育が染み渡っているので、不満など持たないのかしら?

その時代に日本からアメリカに行けば、さぞかし文化も違って戸惑ったことと思うのですが
鉞子は些かも卑屈になることがない。
アメリカの主婦たちが家計を任されておらず、例えば教会への寄付金も自分の裁量ではままならず、
身なりの良い、上流夫人のように見える女性が、夫のポケットからこっそり調達したと言うのを聞いて
なんと浅ましい、恥ずかしいことと胸のうちでこっそり批判しているという具合です。

著者の祖母が語ったというこの言葉が、武士の娘としての教えをすべてを語っているようです。
”「住むところは何処であろうとも、女も男も、武士の生涯には何の変わりもありますまい。
御主に対する忠義と御主を守る勇気だけです。
遠い異国で、祖母のこの言葉を思い出して下され。
旦那様には忠実に、旦那様の為には何ものをも恐れない勇気、これだけで。
さすればお前はいつでも幸福になれましょうぞ」”

この本は英語で書かれた原作を翻訳されたものですが
翻訳者大岩美代の後書きによると、原作者本人と毎週読み合わせをしながら
作業を進めたとあり、原作とのニュアンスの違いの心配は不要のようです。

「武士の娘」 https://tinyurl.com/y47r7kpv

26 15

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 16:19
    何も存じ上げませんが、zooeyさんご自身の境遇と重なる部分があったのでしょうか。
    明治維新後、商才がなく正直な武家の一家の中には、零落した者も多く、あるいは、杉本氏は、米国で暮らしたのが幸せだったでしょうか。
    そもそも、江戸時代、武家の娘さんというのは、勉学の教育を受けたのかしら。
    いずれにせよ、人への感謝の中、幸せな人生を送られたのは、素晴らしいと思います。

    そう言えば、今朝の芸能ニュースに、森三中の大島美幸さんという人が、小泉進次郎氏と結婚発表した滝川クリステルさんに対し、「男を立てて。夫は社長、妻は秘書」とアドバイスを送ったとありました。
    「おもてなし」の滝川氏には無用と思うが、一芸能人、いや、人気構成作家の妻は、今や相当に偉くなったのだろうか。
    令和になって、人の考え方が、昭和どころか、明治時代に逆戻りしつつあるのかも知れません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 16:54
     読んでいない私が言うのもなんですが、タイトルこそ「武士の娘」とはなっているものの、あくまでも武家に育った娘の一人の考え方、感じ方であって、必ずしも一般化できるとは限らないなのだろうと思います。
     もちろん、武士の娘はこのように考えることが多いということはあるでしょうが、一口に武士の娘といってもいろんな女性がいたことでしょうから、武家文化よりも個人の感じ方・考え方次第といった局面では、著者個人の感じ方・考え方が表に出ていることを意識して読む必要はあるような気がします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 17:05
    > mixiユーザー 

    いえいえ、たまたま紹介されて、面白そうだったので読んでみたのでした。

    この人の生家も、維新後、見事に没落したようです。
    長岡藩は幕府政治を支持していたので、維新の騒ぎの時、父親はとらわれの身となり、
    母は家族を連れて逃れ、大きな家屋敷が敵の手に落ちることをいとうて自らこれに火をつけた、とあります。
    他の武家の娘さんはどうか知りませんが
    この人は相当の教育を受けたようですよ。
    本のあちこちに、小さい頃に聞いたという、日本の神話や伝説が出て来ます。

    森三中がどれだけ偉いのかは知らないし、
    「男を立てて。夫は社長、妻は秘書」は些か古臭いようではありますが
    男を立てるように見えて、実権を握っているのは女というニュアンスもあるように思えます。
    この本の時代から、それは連綿と続いているみたい…w
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 17:14
    > mixiユーザー 

    訳者の後書きに、著者の言葉として
    アメリカで色々な方から日本についての様々な質問を受けた、
    お友達の問いにお答えするつもりで書いたのがこの本だ、
    というのがありました。
    著者も別に文化論を書いたつもりはないでしょうし、
    私も日記を読むような気持で読みました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 17:37
    山川菊栄の「武家の女性」というのは以前読みましたが、幕末の水戸藩の漢学の教授格の武士の娘として生まれた祖母からの聞き取りでその日常を中心に綴った本でした。そのご紹介のほうも読まなければ確たることはいえませんが、水戸藩は貧しさで有名、またそちらの家が家老職ということもあるのかもしれませんが、こっちは相当慎ましい暮らしだったようです。それと、そちらは明治になってからの生まれでも、武士の娘の躾はそんなに厳しかったのですか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 17:50
    > mixiユーザー 「武士の娘としての矜持」が全てを物語っていると思いました。封建時代の武士の厳しい属性は、この矜持という言葉が雄弁に物語っていると理解しています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 21:26
    > mixiユーザー 

    「武家の女性」は未読ですが
    こちらは家老職だけあって、相当の家であったようです。
    上述したように、本来の家を焼き払って借り住いのような家に移っても
    広い家屋、庭、爺やに乳母に何人もの女中がいたようです。
    明治になってもこんなに厳しかったのかと、私も驚きました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 21:29
    > mixiユーザー 

    「武士の娘としての矜持」、本当にその言葉に尽きますね。
    封建制度は特に女性には非常に生きづらいものであったと思いますが
    あの時代に、アメリカに行っても些かも卑屈にならなかった、そのことに打たれました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 21:48
    > mixiユーザー 手(チョキ)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 22:07
    大河ドラマに出てきた姫様たちは全員くだけすぎですね。
    ましてや、朝ドラ『まんぷく』で松坂慶子が演じたお母さん。
    彼女は「私は武士の娘です!」が決め台詞でしたけど、あれは論外。笑

    本物の武士の娘って凄いなぁ…凄すぎる!と圧倒されました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 23:26
    私がこの本を読んで一番驚いたのは維新後の世の中の進展の速さと
    人々の適応力でした。
    かなり前に読んだので記憶が不確かですが、
    東京に出るのに籠に乗って途中何泊もして行かねばならなかったのに、
    数年後には汽車に乗って帰郷していたような。
    敵の首を入れていた籠を当然のようにさらりと描写したのと同じ人物が洗礼を受け、アメリカにわたって社交もこなしていたことにも。
    訳の上品な日本語にうっとりしました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月14日 06:58
    昔ラジオの朗読の時間で知ってから読んだ本1です。ファン。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月14日 07:58
    > mixiユーザー 

    大河ドラマにも朝ドラにもあんまり詳しくないのです。
    本物の武士の娘の躾けの厳しさには、圧倒されました。
    寝る時も大の字になってはいけないとか、何があっても泣いてはいけないとか、
    他にも色々…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月14日 08:03
    > mixiユーザー 

    ああ、お読みでしたか。
    そうなの、とんでもないことがさらっと書いてあるのですよね。
    敵の首を入れていた籠のシーンには、私も驚きました。
    上品な、丁寧な日本語でしたね。
    著者が子供の頃、祖母に質問をするシーンで
    そんな男の子のような、無作法な物言いをしてはいけないとたしなめられるところがあるのです。
    「お祖母さま、どなたか、どなたかお亡くなりになりそうなのでございますか」
    これの何処が無作法なのか、何度読み返しても分かりませんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月14日 08:03
    > mixiユーザー 

    ご紹介ありがとうございました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する