ホーム > mixiユーザー(id:547825) > mixiユーザーの日記一覧 > 瞬時に読み取り、それ相応に

mixiユーザー(id:547825)

2019年08月11日22:15

117 view

瞬時に読み取り、それ相応に

先のインド映画についての感想をSNSにアップしたら
色々なコメントが寄せられました。
インドに詳しい人によると、サリーの着方で出身階層、教養、地方が分かるのだそうです。
またこの映画の監修の松岡環氏の説明によると、インドの人たちは初対面の人に会った時、
相手の出身カーストや職業、知的レベルなどを瞬時に読み取り、それ相応の対応をすることが
普通なのだそうです。
映画の中で、メイドのラトナが高級ブティックから即座に追い出されたのは
そういう訳だったのですね。

バラモン、クシャトリヤ、ヴァイシャ、シュードラ。
遥か昔、社会科で習った言葉。
そこから職業や地域などで更に細分化され、数千のカースト集団があるとされるのに。
インドに生まれなくてよかった…

フォト


あまりにも暑いので、タロウを連れてインド料理店ラディカでランチ。
冷たく甘酸っぱいラッシーが、辛いカレーによく合って美味しい。
トルコのヨーグルトドリンクはしょっぱくて驚いたものですが。
この巨大なナンには、日本に来たインド人も驚くそうです。
インドでは、小型の丸いクレープのようなものが多く出されました。
日本でこの巨大ナンを焼く窯が製造され、独自の発展を遂げたのだそうです。

「カレーにナン」本場インド以上に普及・巨大化
https://www.sankei.com/premium/news/180728/prm1807280014-n1.html

17 21

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月11日 22:24
    太郎君+ご馳走=? 大丈夫かな?ペンギン
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月11日 22:31
    > mixiユーザー 

    タロウ、巨大なナンのひとかけらを貰って大喜びでしたわーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月12日 00:00
    えええ、あの巨大ナンは日本仕様だったのですか…私も丸い普通もサイズを何枚かがいいなぁ。食べやすそうですし。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月12日 00:10
     身分制の一種なので望ましくないのは確かだと思うのですが、ただインドのカースト制のちょっと面白いところは、カーストの上下と経済的豊かさとが一致していないところです。極貧のバラモンもいれば、潤沢な経済力に恵まれているシュードラもいるということです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月12日 09:08
    > mixiユーザー タロウ君、良かったね犬ハート達(複数ハート)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月12日 09:38
    > mixiユーザー 

    巨大なナン、インドでちっとも見ないから驚いたのでした。
    でもね、丸いのはパサパサしていて、バターたっぷりふっくらの巨大ナンの方が美味しく感じました。
    好みがあるでしょうが…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月12日 09:41
    > mixiユーザー 

    バラモンは僧ですものね。
    尊敬はされても経済的には…
    ただ、実際、インドの街なかでボロボロの服、裸足で路上暮らしをしている沢山の人々を見ると
    カーストの残酷さを見せつけられる思いでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月12日 09:42
    > mixiユーザー 

    わーい(嬉しい顔)犬
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月12日 12:52
    > mixiユーザー 手(チョキ)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月12日 13:06
    来日するインド人が日本で初めてナンを知り作り食べるという。インドの南部は米文化だからナンはほとんど無いらしいですよね。日本のインドカレー店はあの窯を作った人のフランチャイズ業種みたいなもんですよね。。。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月12日 17:47
    インドのホテルルームサービスでは日本的?ナンを食べたような、覚えも。

    サリーの着方で階層わかるのは興味深いです。下層カーストの人がキリスト教に改宗するわけですね。男性はやや下のカーストとの結婚はアリで女性はNG故にバラモン階級の、女性独身問題があるとか、大きく異なるカースト間の子供がスードラになるとか、下のカーストの調理したものは食べられないから料理人は上位カースト者だとか、洗濯屋が下位カーストに位置付けられているから日本が職業聞かれクリーニング店経営と言ったら態度変わったとかいろいろカーストエピソードは耳に今なおします。

    トルコではチーズ系すべて塩味がきつかった覚えがあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月12日 21:33
    > mixiユーザー 

    私は北インドしか行ってないのですが、インド南部出身の人と話したことがあります。
    ライスや小さな丸いクレープ状のものを食べるということでした。
    でも南部と言っても広いですからねえ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月12日 21:37
    > mixiユーザー 

    インドはどちらにいらしたのでしょう?
    私はニューデリー、アグラ、ジャイプールを廻りましたが
    こんな大きなナンは一向に見かけませんでした。

    インド映画を結構観ていますが、カースト制について声高に訴える訳ではないけれど
    それが下敷きになっているという話はよくあります。
    日本人には中々理解できませんよね。

    トルコ、ヤギのチーズはしょっぱかったかな。
    ヨーグルトは普通に美味しくて、色々なジャムや蜂蜜を入れて頂きましたが
    アイランというヨーグルトドリンクはしょっぱくて驚いたのでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月12日 21:41
    > mixiユーザー 

    ちょこっとググってみたくらいじゃ、割合は分かりませんでした。
    最近スリランカに行った叔母の話だと、
    スリランカにも厳しいカーストがあるのだそうです。
    不可触浅眠の下に不可視浅眠というのもいて、見られちゃいけないから夜しか動けないんだって。
    驚きました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月12日 22:01
    > mixiユーザー 

    ふかしょくせんみんって入れても
    その字出て来なかったんだものふらふら
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月12日 22:37
    > mixiユーザー 

    いや少なくとも、昼間行動できるのだから。
    そういえばPCの不具合、マウスを買い換えたら直りましたわーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 00:22
    サリーの着方で階級が分かる・・でも上の階級の着方をしたからって法律違反ではないのでしょう?みな自分の階級の縛りを従順に守っているのでしょうかねぇ?それが因習といものなのでしょうが・・

    最近の辞書ではいわゆる差別用語は出て来ないし変換も出来ませんね。初版の広辞苑にはいっぱい載っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 09:54
    > mixiユーザー 

    私も分かりませんが
    何しろ先祖代々の階級ですから…
    もう身に沁みついているのでは?
    日本のようにゆるい社会では、例えば普段あまり豊かでない人が
    たまには奮発して一流レストランへ、ということもよくあるのでしょうが
    インドではあまりにも桁が違い過ぎて、そういうことが到底できない気がします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 09:55
    > mixiユーザー 

    PC、たまによく機嫌損ねていますがわーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 15:00
    > ルネさん

     横からすみません。
     私も詳しくは知らないのですが、インドでそのようなサリーの着方をすると、おそらくカーストから追放されてしまいます。一旦、カーストから追放されてしまうと場合によっては妻子とすら会えなくなり、事実上、社会から抹殺されてしまいます。これは死刑宣告を受けたに等しいことで、彼らが最もおそれることです。
     彼らにとっては、カーストを追報されるよりは、下層カーストではあっても、そこに置づけられる方がまだマシなのだと聞いたことがあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月15日 00:19
    なるほど・・・
    カーストは法律で禁止されているのに、自分たちで自分たちを縛っているのですね。それが因習というものなのでしょう。形を変えたものが今の日本にも根付いているかも知れません。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する