ホーム > mixiユーザー(id:547825) > mixiユーザーの日記一覧 > 「あなたの名前を呼べたなら」

mixiユーザー(id:547825)

2019年08月08日20:19

137 view

「あなたの名前を呼べたなら」

フォト


農村の貧しい家の出身のラトナは19歳で夫に先立たれ、メイドとしてムンバイに来る。
建設会社の御曹司アシュヴィンの新婚家庭で働く筈だったのだが
結婚直前に破談になり、傷心のアシュヴィンの身の回りの世話をすることになる。
雇い主とメイドの関係でしかなかった二人だが、少しずつ少しずつ、感情を寄り添わせて行く。
しかしインドの階級社会はそんな甘いものではなかった。

フォト


カースト制度はとうに違法になっているといいますが、インドは階級社会です。
ほんの短期間の旅行者の目から見ても、はっきりと分かるほどに。
しかも色々な因習に縛られている。
ラトナは新婚4カ月で未亡人となるが、彼女の郷里では一生、婚家に縛られるらしい。
ブレスレット一つできないし、ムンバイから婚家に仕送りをしている。
アシュヴィンはアメリカで暮らしたこともあり、割と自由な考え方をする優しい青年だが
世間知らずの坊ちゃんから抜け出せないところがある。
ラトナとの恋をすぐに親友に察知され、徹底的に反対されてしまう。
身分違いの恋はどちらにとっても許されない、恥でしかないのです。

フォト


映画の中ほどで、ファッション・デザイナーを夢見るラトナが
綺麗なドレスに魅かれて、高級ブティックに入って行くシーンがあります。
が、たちまち店のスタッフに追い出されてしまう。
その時のラトナは見た目には綺麗なサリーを身に着けていて
少なくとも私には、どうして追い出されるのかさっぱり分からないのですが
多分インドの人には分かるのでしょう。

46歳のインド人女性監督ロヘナ・ゲラ監督はスタンフォード大学を出て、パリでも暮らしていたのだそうです。
欧米での自由な雰囲気を経験した彼女は
「母国の現状ではあり得ないが、社会は変わっていくべきだ」との思いを託して
この映画を作ったのだそうです。

フォト


原題「Sir」は、ラトナがアシュヴィンを呼ぶ「旦那様」という意味。
メイドである彼女は、どんなに想っても、アシュヴィンのことをそう呼ぶしかない。
この甘ったるい邦題からは想像できない、中々に味わいのある映画でした。
ムンバイの高層ビル群、高級マンションの中の豪華な一室、その中の物置のようなメイド部屋、
路上のグチャグチャと喧騒、色鮮やかな布市場、そうしたシーンを眺めるのも楽しいものです。

http://anatanonamae-movie.com/
17 31

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月08日 21:02
     望ましくはないですが、どこの国にも多かれ少なかれ階級差別というものはありますね。
     日本だって、今なお部落差別はありますし、フランスも実質的にはかなりの階級社会と聞きます。
     また、映画『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)の元になったジェーン・オースティンの名作『高慢と偏見』では、くどいほど登場人物が乗る馬車の種類が描かれています。階級によって乗る馬車の種類が変わるからです。
     中学の国語の教科書にも、魯迅の『故郷』という作品が載っていましたが、あれも幼い頃は何の隔てもなく仲良く遊んだ友が、久しぶりに帰郷した語り手を「ご主人様」と呼び、語り手は大きなショックを受けてしまうという話でした。
     どうして、こんな差別が生まれてしまうのかと思うと悲しくなりますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月08日 21:24
    > mixiユーザー 

    フランスもイギリスも、欧州の古い国はみな階級社会だと思います。
    旅行者でもそれと感じるくらいです。
    例えばイギリスの街なかで迷って道を尋ねると、英語であっても本当に色々あるのですよね。

    「高慢と偏見」も「故郷」も十代の頃読みましたが
    馬車の種類には気が付きませんでした。
    今読み直したら、違った味わいがありそうですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月08日 21:24
    原題は「Sir」 シンプルで適確ですね。なぜ日本ではあんな題名になってしまったのやら。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月08日 21:35
    > mixiユーザー 

    邦題にはしょっちゅう腹を立てているのですが
    これも酷かったですげっそり
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月08日 22:00
    私が観に行った日曜日のル・シネマでは、監修の松岡環さんのトークイベントが2回行われていて、大いに観賞の手助けになりました。
    興味深かったのが、インドの人たちは初対面の人を目の前にすると、相手の出身カーストや職業、知的レベルなどを瞬時に読み取り、それ相応の対応をすることが普通なのだいうお話。また職業カーストのようなものも根強く、多くの人は世襲的に家業を継ぐため、そのレイヤーから抜け出すことは難しい。だからラトナが仕立て屋の縫い子ではなく、自らファッションデザイナーをめざすと公言するのは非常に現代的なことなのだそうです。
    さほど大きな起伏のある物語ではありませんでしたが、本作のようなシチュエーションはインドでは絶対あり得ないことなのだそうで、そのせいかインド国内では上映されてないんですね。さまざまな意味で味わい深い作品でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月08日 22:09
    私も?今日みにいきました。
    せつないという言葉が久しぶりにぴったりな抑制された映画でした…
    瞬時に見分ける…私には暮らせそうにありません…

    確かにボンだなーおいおーい、彼女の方が年上か?と言いたくなる素直さというか真っ直ぐさでしたね、ヒーロー。。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月08日 22:18
    > mixiユーザー 

    それはよかったですね。

    >インドの人たちは初対面の人を目の前にすると、相手の出身カーストや職業、知的レベルなどを瞬時に読み取り、それ相応の対応をすることが普通

    これって凄いことですよねえ?
    夥しい数のカーストがあるのにねえ。
    サリーの着方で出身階層や教養、地方が分かるということを、私も聞いたことがあります。

    インドでは上映されない、そうなのですか。
    ゲラ監督自身が、こんなことはインドではあり得ないと言ってるのですものねえ。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月08日 22:28
    > mixiユーザー 

    切なかったねえ。
    ダンスどころか、音楽もろくになくて、これでもインド映画?という感じでした。
    インドでは上映されないと聞いて、凄く納得。

    あのボンじゃねえ、性格はよいけれど。
    ラストには微かな希望がありましたが、あの二人がというのは、無理でしょうねえ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月08日 22:54
    これは観たい映画です!
    カースト制度っていつまで続くのでしょうね。人種的にも違いがあるとか。
    社会として物凄くマイナスだろうと思いますが、因習ってなかなか無くならないのでしょう。日本でも士農工商はありましたが、商人が裕福になって徐々に崩れ、明治維新を経て、実際に無くなったのは、農地解放された戦後でしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月08日 23:02
    インドはIT産業も発展しているし、そんな遅れた社会の有り様だとは、思いもよりませんでした。いつまでもそんな状態が続く社会では、進歩は望めませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月08日 23:04
    ああ、なるほどねぇ。
    Sirとしか呼べないから、「あなたの名前を呼べたなら」になるわけですね。
    フランスでは「Monsieurムッシュー」でした。

    「LUNCH BOX」(邦題:めぐり逢わせのお弁当!)みたいな映画を想像していたら
    ひねりのない直球の映画で、ちょっとがっかりでした。

    ラトナがアシュウィンのお母さんの家のパーティーに派遣されていろいろサーヴィスした後、
    下働きの者たちだけで床に座って食べているシーンがありましたよね。
    あれを可哀想と思うのは、実は監督の上から目線じゃないかなと思いました。
    床に座って手で食べるのが習慣だったら、彼らにとっては一番くつろげる姿勢なのではと。
    そういえば、ラトナ、家事の後、よく座り込んでいましたね。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月08日 23:13
    > mixiユーザー インドを見ていると階級社会の不合理が際立って見えてきます。生まれた時の親の身分で人の一生が決められ、変えることもできない不合理は、トランプの白人至上主義にも通じる悪弊です。近代国家の基本原理であるはずの平等思想と真っ向から対立する悪とも言えますね。確かにせつないですげっそり
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月08日 23:31
    予告編は何度か見て気になっている1本です。
    …が、中々時間が作れずに…(涙)

    どんどん見たい映画や行きたい展覧会がたまっていきます。(そしてこなせない)
    こうしたミニシアター系のドラマの邦題って、たいがいポエム系にしますよね。
    それが集客につながるとみられているのでしょうか?
    (日本以外の他の国ではここまで改題されることはないのではないかと思うのですが、実際はどうでしょう?)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月09日 08:15
    > mixiユーザー 

    tamaさんのお好きな映画だと思います。
    私は文化村で観ました。
    インドでは様々な人種がいるけれど、大雑把に言って
    色が白いほど階級が上なのだと聞いたことがあります。
    真偽のほどは分かりませんが…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月09日 08:17
    > mixiユーザー 

    私もIT先進国と思っていたのですが
    普通に街を歩いている分には、それ何処の話?という感じでした。
    ゴミや牛やヤギやニワトリや裸足の人々がごったになっていて。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月09日 08:23
    > mixiユーザー 

    こんな甘ったるい邦題をつけるくらいなら
    「Sir」のままでいいのにね?

    chiyojiさんのお好みではありませんでしたか。
    確かに捻りはなかったですねえ。
    でも私は「巡り合わせのお弁当」はあまり好きではなかったのです。
    「スタンリーのお弁当箱」の方がよかったかな。

    あのシーンは確かに上から目線でしたが
    インドの上の方の階級の人が、いまだに国中で手で食べているのは情けないというようなことを言っているのを
    聞いたことがあります。
    そう思う人もいるのかもねえ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月09日 08:27
    > mixiユーザー 

    本当ですね。
    日本でも例えば学歴社会の闇がよく言われますが
    少なくとも当人の努力で何とかなるという点では、はるかにフェアですよねえ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月09日 08:30
    > mixiユーザー 

    ちょっとたるい部分もありましたが
    予告編よりもよかったかもです。

    海外に住んだことはないので分からないのですが
    日本以外では、その国の言葉に吹き替えてしまう所が圧倒的に多いみたいだから
    タイトルそのままで訳をつける方が多いのじゃないかなあ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月09日 09:49
    > mixiユーザー  そういうチャンスに見たいです。DVDも初め普通に見て気がつかないところ解説のでみると本当に面白いので。でもレディースディとか狙いだとなかなかあせあせ(飛び散る汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月09日 09:55
    予告で、すでに、今年のベスト10に入るんじゃないかしらんという予感わーい(嬉しい顔)
    最後はどういう展開になるの〜〜、気になるぅうう。
    近々観てきます!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月09日 10:15
    > mixiユーザー 手(パー)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月09日 10:18
    > mixiユーザー そんな日とは知らずに出かけていったので、とてもラッキーでした。是非はともかく、長い社会慣習からくるものはなかなか外国人には理解しがたいです。本作はその点でかなりタブーに踏み込んでいるようで、変わっていくインドと全然変わらないインドを対比させているところが、とても「今」な作品なのだろうなという気がします。
    レディースデーは有り難いのですが、おばさまばっかりで上映開始までお喋りがうるさいのが玉に瑕ですね(;´∀`)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月09日 11:32
    > mixiユーザー 

    私はそこまでは行かなかったのですが
    味のある作品だと思います。
    寄せられたコメントで、インドでは上映禁止と聞いて驚きました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月09日 12:23
    二人の女性が高層ビルから海を見下ろす写真はすてきですね。
    どんな場面だったのでしょう?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月09日 12:34
    > mixiユーザー 

    この女性たち、2人ともメイドなのです。
    これはラトナが見つけた、こっそり息抜きができる所で
    彼女が住み込んでいる高層マンションの上かと思われます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月09日 20:50
    みたいなと思ってはいるのですが、近くで上映してないので、この暑さの中、行くか?どうするか?悩み中です。苦笑
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月09日 21:19
    > mixiユーザー 

    思い切って文化村でミュシャ展と合わせていかがですか?
    私は文化村の回し者ではありませんが…わーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 00:17
    現代の一応大国であるインドで、しかも法律で禁止されているのに今なお厳然とカースト制度が続いているのは何故なのか。特権階級が手放したくないからなのでしょうか。この種のことをテーマにしたルポなとを見聞きするたびに怒りを覚えます。と同時に、そういうところに生まれなくて良かったと自分勝手な感想も。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月13日 09:50
    > mixiユーザー 

    IT大国なんて何処の話?と実際にインドの街なかを歩いて思いました。
    一言で言うなら、カオス。
    それしか言いようがない…

    >そういうところに生まれなくて良かったと自分勝手な感想

    それは誰もが思う所ですよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月14日 11:12
    毎日新聞夕刊にも結構大きな映画評出ていました。先にブログ拝読してたので一層関心持ちましたウインク
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月31日 19:22
    遅ればせながら、レビュー日記をアップしました。

    こちらの日記をリンクさせていただきましたので、ご報告します。<(_ _)>

     https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1972807609&owner_id=1833905
     

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する