ホーム > mixiユーザー(id:547825) > mixiユーザーの日記一覧 > ビックリの結末「フィデリオ」

mixiユーザー(id:547825)

2018年05月28日10:28

180 view

ビックリの結末「フィデリオ」

フォト

ワーグナーのひ孫でバイロイト音楽祭総監督であるカタリーナ・ワーグナー演出の
ベートーヴェンのオペラ「フィデリオ」、新国立劇場新制作。
ここ数年、夫に付き合って結構な数のオペラを観て来ましたが
昨日の舞台ではそのストーリーといい、終演後のブーイングといい、かなり驚きました。
クラッシック音楽に疎い人間が抱いた素朴な感想、ネタバレありです。

ベートーヴェン唯一のオペラ作品というこの演目、
夫婦愛の強い絆によって妻が夫を救い出すという、いわゆる「救出オペラ」です。
貴族の青年フロレスタンは、刑務所長ピツァロの陰謀で、地下牢に幽閉されている。
その妻レオノーレは男装してフィデリオと名乗り、刑務所に勤めて夫を救い出そうとし、
紆余曲折の後、その救出に成功する。
というのが、大まかなストーリーなのですが。

フォト


フロレスタン役にステファン・グールド、レオノーレ役にリカルダ・メルベート。
ところがこの新制作作品、第2幕の途中でフロレスタンとフィデリオが
刑務所長によってナイフで殺されてしまうのです。
ええ!?
しかし本来のストーリーはあくまで成功した救出劇ということで
最後は囚人すべてが救出され、全員で高らかに「この日に祝福あれ」を歌い上げるのです。
で、舞台には、殺されたフロレスタンとフィデリオ、再会を喜ぶフロレスタンとフィデリオ、
二組が同時に存在している。
これってシュール劇だったのか…?

今月24日の毎日新聞の批評によれば
この舞台の初日(20日)では、メディア関係者を含む海外からの観客・聴衆が約100人も集まり、
終演後には喝采に交じって激しいブーイングも浴びせられたということです。
昨日の舞台ではそこまでではありませんでしたが、ブーイングの声も聞かれました。
”善懲悪の単純なハッピーエンドに収めるのではなく、そこに今の時代を反映させたメッセージが込められ、観客・聴衆は終演後も見たばかりのステージについてさらに思いを巡らす。
それが彼女のスタイルであり、ドイツを中心としたオペラ界を席巻するムジーク・テアターの潮流でもあるのだ”
と記事では断じています。

フォト


あまりに直球な救出劇に捻りを加えて、アイロニカルな意味を持たせたかったのか?
でもあれでは、どう考えても話の辻褄が合わない。
第一幕の舞台は刑務所の1階と暗い地下牢の2階建て、
第二幕では更にその下の地下牢がせり上がってくるという3階建ての
大掛かりなハイテク舞台機構は見応えがありましたが…
謎の残る演出の、新制作作品でした。

「フィデリオ」http://www.nntt.jac.go.jp/opera/fidelio/

15 11

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月28日 11:14
    私は古典音楽にはまり込んだ中学生で、その全作品解説を楽譜とともにしているベートーヴェン全集5巻というものを、楽譜も読めないのに読破したのですが、その時点ですでに、この歌劇は何だか深みがなくつまらない勧善懲悪のストーリーだなと、思いました。フィデリオや、全部で3曲も作曲したレオノーレ序曲など、ベートーヴェンの熱の入れ方はよく分かるにしてもです。
    その私の少年期の受け取りかたからは、このひ孫の演出の背景や狙いは、それなりに理解できるのですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月28日 11:39
    > mixiユーザー 

    >何だか深みがなくつまらない勧善懲悪のストーリー

    それは分かるような気がしますが…
    しかし主役二人を殺しちゃうなんて!?
    それであの明るい大合唱「この日に祝福あれ」は
    そぐわないと思うのですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月28日 11:47
    やはりカタリーナ・ワーグナーらしい「トンデモ演出」という感じがしますね。ドイツのレジーテアターの流行で実に様々な読み替え演出やストーリーの改変が多くなっていますが、なんだかカタリーナの舞台は、納得感がなくて、スキャンダルをもたらすことが目的のように感じられます。

    こんなフィデリオを観に初台に今回行っていたら、たぶんブーイングしていたと思います、、、
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月28日 12:05
    > mixiユーザー 

    クラッシック音楽にまるで詳しくない、オペラ初心者の私が観ても
    「ええ!?」と思うものでした。
    何度もご覧になってる方が観たら…??

    しかし、昨日の舞台の後のブーイングはおとなしいものでした。
    ロベルトさん、是非いらして盛大なブーイング噛まして下さいな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月28日 13:02
    フィデリオは、私のような者が見ても気恥ずかしくなる(あるいは、勇気づけられる)オペラですが、制作当時の政治的興奮を現代に残すには、主役が悪い権力者に殺害される必然性を演出家は感じたのかも知れません。
    人柱です。人間社会が少しよい方に進むために、犠牲になる人命が必要なのかも知れません。人間は愚かと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月28日 13:04
    話題にならない新演出よりは、賛否両論の演出もたまにはいいかなと思います。
    悲劇が大きいほど、残された人々の解放の喜びも大きいのでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月28日 18:47
    > mixiユーザー 

    >制作当時の政治的興奮を現代に残すには、主役が悪い権力者に殺害される必然性

    そういう考え方もあるのですね。
    なるほどです。

    賛否両論、昨日の舞台の後のブーイングは
    毎一新聞の批評に出て来た20日の”激しいブーイング”に比べれば、小さなものでした。
    外国人観客が昨日はそれほど多くなかったからかしら?
    日本人の聴衆はおとなしいですね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月28日 19:14
    > mixiユーザー やはり、新演出初日というのは、ハプニング見たさも含め、聴衆も特別なのでしょう。

    日本人はおとなしいです。国のトップが、あれだけでたらめ、言い訳し放題でも、ギロチン革命も起きなければ、30〜40%の人々が唯々諾々と支持しているらしいのですから。
    強きを助け、弱きを挫く。今朝は、国会中継を少し見ただけで、怒りで血潮が熱くなり、気分が悪くなりました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月28日 21:38
    > mixiユーザー 

    そうですねえ。
    実は20日の初日、私のFBの友人が観に行ったそうなのです。
    そうしたら凄いブーイングに驚いたというので
    実は昨日、期待していたのです。
    そうしたら意外に小さなブーイングでしたので…

    モリカケも日大アメフトも心臓によくないですね〜
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月29日 00:05
    もしかして映画の「シックスセンス」や「アザーズ」と同じような傾向ですか?
    私はああいう映画はすっごく頭にくるんですよ。見て損したってね。

    ベートーヴェンの声楽作品は器楽曲に比べるとサエない、というのが私の独断と偏見。フィデリオはワクワクするような場面がないですしね。
    だいたいオペラに余り社会的なメッセージなど込めてほしくない。まぁ演出家は何か目新しいことをしたいのでしょうけど、見る方の身にもなってほしい。
    フィデリオというと思い出すのは、ずっと昔パリで待ち合わせの時間つぶしにシャンゼリゼの大きな映画館に入り、オペラ映画のフィデリオを見た時のこと。ガラガラなのに隣の席にやってきた男は痴漢でした(脱線してごめんなさい)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月31日 09:29
    > mixiユーザー 

    いや、「シックスセンス」「アザーズ」とまではいきませんが…
    同じ舞台に、生きている二人と死んでいる二人が同時の存在するのは事実です。
    あ、死んでる方も動いているのですけどね。
    服に血をつけたまま。

    >ベートーヴェンの声楽作品は器楽曲に比べるとサエない

    ベートーヴェん自身、作曲家たるものオペラの一つも作らなくてはという
    プレッシャーに苦しんでいたとプログラムに書いてありました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する