ホーム > mixiユーザー(id:547825) > mixiユーザーの日記一覧 > 縞々ニットの「毛糸テロ」

mixiユーザー(id:547825)

2018年05月03日23:28

127 view

縞々ニットの「毛糸テロ」

フォト


六本木ヒルズの巨大蜘蛛が今、カラフルな縞々ニットで覆われています。
ヒルズのオープン15周年を記念して、テキスタイル・アーティスト、マグダ・セイエグによる
アートプロジェクトなのだそうです。

フォト


マグダ・セイエグという人は、街にある道路標識などの無機質なものに毛糸を被せ、
都市の風景を変容させるという「毛糸テロ」を始めたのですって。
このプロジェクトは世界30カ国で実施されており、アジアではこれが初めてなのだそうです。
蜘蛛だけでなく、その周りの広場一帯あちこちに派手な縞々ニットが出現。

フォト


ネットから拾った彼女のバスの写真、凄いインパクトがあるのですが
このバス、「扇沢ー黒部ダム」と出ている!
しかし、実際に黒部ダムを走ったという訳ではなく、
どうもメキシコシティのアート展覧会に展示された作品であるらしい。

フォト


しかしこの巨大蜘蛛、ルイーズ・ブルジョワによる彫刻で
「ママン」という立派な名前があったのか。
いつも、じゃあ大蜘蛛の下で待ち合わせねなんて言っていたのでした。

フォト


お昼は六本木ヒルズの中の「ミスター・ファーマー」で。
ハーブローストチキン、皮がパリパリで美味しい。
こちら、お水もレモン・ミント入り、オレンジ・アプリコット入りなど4種類から
好きに選べ、ほのかな香りを楽しむことができます。

マグダ・セイエグ、アートプロジェクトがアジアで初めて展示
http://girlsartalk.com/feature/29995.html
What’s The Emotional Power Behind “Yarn Bombing”?
https://wamu.org/story/17/11/10/magda-sayeg-whats-the-emotional-power-behind-yarn-bombing/
20 17

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月04日 00:45
    いやだ、その蜘蛛はいつもいるんですか?
    縞々になったらもっと気持ち悪いげっそり
    バスは可愛いけど・・

    ランチは私好み〜!
    ローズマリーはこちらでは冬を越せないのですたらーっ(汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月04日 09:53
    > mixiユーザー 

    大蜘蛛、六本木ヒルズのオープン時からいます。
    私も蜘蛛、苦手なのですけど
    これは大きすぎて気にならないのです。
    よく見ると、胎内に卵まで持っているようなんですけどね。

    あの頑丈なローズマリーが札幌で駄目とは知りませんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月04日 09:58
    ニットのバスが目の前に来たら・・・和むなぁ目がハート
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月04日 11:13
    > mixiユーザー タロウ君、大クモの下では耳を上げている。やっぱり怖いのかな?下の写真では耳下がり?何か貰えそうなのかな?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月04日 13:49
    すこし前に、テレビでこのアートプロジエクトと思われる映像をみました。海外ニュースだったけど、どこの都市か忘れました。街路樹などがみんなニットのシマシマになってました。雨がふっても大丈夫なのかしら。
    バスは可愛いですね。ちょっと冬向きだけど。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月04日 14:58
    毛糸テロっていう命名が面白いですね。都市の無機質な冷たさに対するテロですか。確かに毛糸だとなんだか心がほっこりする感じがするのが不思議です。ずっとこのままでは飽きてしまうでしょうから、期間限定ということなのでしょう?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月04日 16:30
    もう15年なんですね〜

    そして、ニット、真夏になる前には撤去でしょうねぇ…今の時期なら、耐えられそうです。
    見た目は文句なしに可愛くて和みますが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月04日 19:56
    ママンという名は知っていましたが、今こんなイベントが開催されているとは…。
    ニットで包むというと、日本人アーティストにも力石咲という方がいますよね。
    https://www.gov-online.go.jp/eng/publicity/book/hlj/html/201702/201702_11_jp.html
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月04日 20:42
    > mixiユーザー 

    ねえ!?
    でも実際に走ったら、あっという間に汚れるでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月04日 20:49
    > mixiユーザー 

    耳が上がったり下がったりすること、
    本人(犬)は全く気が付いていないようなのです。
    オープンカフェで我々が食事すると
    最後に何かちょっぴりオコボレが貰えるので
    それを期待して待っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月04日 20:56
    > mixiユーザー 

    そのテレビ、見ませんでした、残念。
    街路樹や道路標識などをニットで包むようですね。
    長期には無理だと思います。
    雨ざらし、日晒しじゃ、色が褪せちゃいますよねえ。
    六本木ヒルズも1ヶ月ほどの展示のようですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月04日 21:03
    > mixiユーザー 

    こんなテロなら歓迎ですよね。
    鎌倉だったか、車止めのバーの上の小さな雀の飾りが
    毛糸の服を着ているのを見たことがあります。
    六本木ヒルズのは5月27までですって。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月04日 21:23
    > mixiユーザー 

    そう、もう15年なのです。
    私はこちらのオープン日にも行ったのでした。

    日本の夏にはとても無理ですね、
    このニットのアートは。
    考えたくもないですw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月04日 21:26
    > mixiユーザー 

    まあ、日本にもこんな人がいたとは。
    ご紹介のサイトを見てみたら
    ”都内に佇む公衆電話や変圧器やテーブルなど、様々な物を次々とニットで包み”って
    このヒルズのマグダ・セイエグと全く同じではありませんか!?
    どっちが先だったのかな…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月04日 23:15
    > mixiユーザー 犬ペンギン
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月04日 23:39
    パリでもtricot art(編物芸術)をあちこちで見かけます。
    ルイーズ・ブルジョワ、大好きです。
    母性の粘着質の糸で絡みとる大蜘蛛が毛糸でぐるぐる巻きにされてしまうとは。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月06日 09:55
    > mixiユーザー 

    chiyojiさんに座布団10枚!わーい(嬉しい顔)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する