mixiユーザー(id:547825)

2016年12月26日19:38

261 view

「スターウォーズ・ローグワン」

フォト


この映画に関しては、スピンオフ(番外編)であるとか、エピソード3.5であるとか、
正直、位置づけがよく分からなかったのですが(あまり予備知識を入れたくもなかったし)
予想外に面白かったので、ネタバレしない程度に簡単に記します。
去年の「スターウォーズ・フォースの覚醒」では正直ややがっかりしたのですが
こちらは、往年のスターウォーズ(以下SWと記します)に戻ったような感じ。

フォト

確かに「SW3」と「SW4」の間の物語です。
「SW4」でレイア姫がR2-D2に託した帝国軍の最終兵器「デス・スター」の設計図が、
いかにして反乱軍の手にもたらされたのかを語ってくれる。
デススターの設計図が入ったカード。
何故、無敵のデススターに1ヶ所、致命的な弱点があったのか。
その弱点を含めた設計図、それを入れた一枚のカードのために、
どれだけの血と汗と涙が流されたか。
「希望を胸に命をかけて戦った戦士たちがいた」
というコピーが、鑑賞後には悲しく胸に響きます。

フォト


しかしこれ、戦闘シーンが長すぎ、残酷過ぎる嫌いもある。
戦士たちがいかに無謀な戦いに挑んだのかということを説明するためには
仕方ないのかもしれませんが。
過激派のソウ・ゲレラ率いる戦闘集団のやることは
現実世界のIS辺りがやっていることと同じじゃないの、と思ってしまう。
大義のために自分を犠牲にする反乱軍の有志たちも、自爆テロを仕掛ける
テロリストの姿と重なってしまう。
現に、6歳の頃から反乱軍に加わっているというキャシアン・アンドーは、
「反乱軍のためにこれまで手を汚してきた。スパイ、破壊工作、暗殺。
後暗い任務を終える度、これは大義のためだと自分に言い聞かせてきた」と
告白しているのです。

ローグ(Rogue)とは、英語で悪党、ごろつきといった意味です。
以前、ブッシュ大統領がイラン、イラク、北朝鮮を指して「ならず者国家」と
言った時、この言葉が使われたのでした。
帝国軍を倒すためにデススターの設計図を盗もうと決心した戦士たちは
無許可で宇宙船を発進させるのですが、その時、管制官から「コードを言え」と言われて
パイロットが咄嗟にこう答えるのです。
「ローグワン」と。

フォト
ターキン提督

それでも、ならず者たちの自己犠牲の勇気に泣けてくる。
あちこちにSWシリーズのオマージュも散りばめられ、
往年のSWフアンを満足させてくれる作品です。
40年前の「SW4」に出て来た帝国軍NO.2のターキン提督が、同じ顔で現れて驚きましたが
俳優はとっくに亡くなり、CGによって造られたのだそうです。
ラストシーンの、若き日のレイア姫も。
今はそんなこともできちゃうのですね。

公式HP http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

12 9

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月26日 20:01
    この作品、評判がいいですよね。たまたまSW7 を観たのですが、女性の扱いが一作目から随分変わったなと思いました。戦争でドッカーンと爆発するのも今はあまり見たくないです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月26日 20:07
    最後は泣けてきました。カタルシスとほろ苦さがこんなにも表裏になっているSWも無かったと思います。

    戦闘シーンが生々し過ぎる。あれは今この現実世界で起こっていることと同じじゃないの?という印象は自分も全く同感でして、ソウ・ゲレラの人物像にせよ、ジェダでの襲撃シーンなんてイラクかどこかだと思ってしまって、ちょっと考えさせられましたね。

    それをさて置けば、「七人の侍」よろしく顔ぶれが徐々に集結してクライマックスに突き進んでいく展開は見事でした。
    自分はやっぱり、昔から大好きなジアン・ウェンがベイズ役で出ているのが嬉しかったし、盲目の戦士チアルート存在感も良かった(どう見てもモデルは、あの人ですよね?ww)

    監督のギャレズ・エドワーズは典型的なSWチルドレンで、監督をオファーされた時は天にも昇るほど嬉しかったのだけど制作に入るまで固い守秘義務を負わされてそうとう辛かったそうですよ(笑 、 J WAVEのサッシャさんの番組で)

    自分もzoneyさんと同じくEP7でがっかりした者ですので、このスピンオフが素晴らしい「お口直し」になったのは間違いありませんあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月26日 21:13
    > mixiユーザー 

    スピンオフなんて、おまけ?くらいに思ってたのですが
    驚きました。
    ただ、反乱軍の戦闘というのはこの時期、ね…涙
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月26日 21:24
    > mixiユーザー 

    私も泣きました。
    SWは、今や夫が観たがる数少ない映画の一つで
    嫌々付き合ったようなものだったのだけど、驚きました。

    スターウォーズといえば、正義が悪に勝つ、
    勧善懲悪の話だと思い込んでいたのに
    あの残虐な戦闘シーンは…
    反乱軍だって、やってることは同じですよね、あれじゃ。

    そう、「七人の侍」、そして盲目の剣の達人。
    このところハリウッド映画は、やたら中国に媚を売っていて腹が立ちましたが
    久しぶりに日本テイストが出て来ましたね。

    J-Waveのサッシャさん、ヒルズのTOEIC CAFEで間近に会ってお話ししたのに
    そう言えば、番組まだ聴いてないのでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月26日 22:42
    ギャレスが撮影した最初のバージョンはあまりに重苦しくてディズニーは別の監督に撮影をさせたそうですが、どこがどう変わったのかな?
    おそらくは終盤のドンパチだとは思うのですが、船頭が多くなると大変そうです。

    懐かしいキャストにオールドファンは色めき立ちますね。ウインク
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月26日 23:13
    > mixiユーザー 

    ギャレス監督は
    結末も違うのを考えていたんですって。
    https://oriver.style/cinema/rogue-one-original-ending/

    しかし、CGであそこまで再現できちゃうのねえ?
    驚きました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月27日 00:18
    まぁね。
    40年近く前の話になりますが…
    最初のSW、Epsode 4で「白人しか出ないファンタジー」と評されて、慌てて次でランド・カルシリアンを出した作品ですから、この時代女性が主人公で人種混成チームなのは仕方ないのか当然なのか。

    で、とてもディズニーが絡んでいるとは思えないストーリーでしたね。

    ストーリーそのものも、既に出ている結果を追認するためのエピソードは後付でいくらでも作れる訳で…
    制作者達は勿論SWフリークスでしょうから、面白く作れない訳もない。
    できなきゃデクモボーでしょう?

    しかし、SWフリークは、取り敢えず観とけ!観ないと後悔するぞ。でしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月27日 10:06
    > mixiユーザー 

    そうか、30年前じゃなくて40年前ね?
    早速直しました。

    ディズニーなんて
    あの悲しい人魚姫でさえ、ハッピーエンドにしちゃうのに
    こんなビターな結末を、よく許しましたね。

    まあでも、思いがけない拾い物でした。
    なくてもいいものをまた造り上げて、くらいの気持ちで観に行ったのですが
    ここまで泣かされるとは。
    後味が悪いから、もう一度観たいとはあまり思いませんが…

    その点ではEP4はあくまでも明るく、何度で観たくなる
    爽やかな冒険活劇でしたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月30日 02:03
    これから日記あげますが、私も、ストーリーの面白さ云々もありますが、それ以前に映画全体のテイストが旧3部作っぽくて気に入ったクチです。昨年のエピソード7には、それが無かったので。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する