mixiユーザー(id:547825)

2016年12月22日13:01

195 view

「幸せなひとりぼっち」

フォト


本国では「スターウォーズEP7」を超えての大ヒットというスウェーデン映画。
愛する妻に先立たれ、悲しみに暮れる孤独な毎日を送っていた頑固老人オーヴェ。
することといったら、家の近くの見廻りと、妻の墓参りくらい。
しかもその頑固ぶりが半端じゃない。
ホームセンターで安売りのクーポンが使えないと言って怒鳴り散らし、
近所の違法路駐の車や散歩中の犬に悪態をつく。
43年間勤めた鉄道局をクビになり、孤独に耐えきれず自殺を決意するが、
首を吊ろうとしたその瞬間、軒先に、隣に越してきた一家の車をぶつけられる。
その隣人の主婦パルヴァネは、イラン人の移民だった。

パルヴァネはオーヴェとは真逆の性格、明るくて人見知りというものをしない。
ペルシヤ料理を押し付けたり、車の運転指導や子供の世話を頼んだり、
静かなオーヴェの生活にどんどん闖入して来る。
オーヴェは戸惑い、腹を立てながらもいつしか彼女に心を許し、
自分の過去を語っていく。

フォト


つぶらな瞳の男の子がやがてスラリとした好青年になり、
苦虫を噛みつぶしたような顔の頑固老人になっていくのを見るのは
息子の母として、中々忍び難いものがあります。
しかし、恋愛や結婚、交通事故、思いがけない悲しい別れ。
どんな平凡な人生にも、様々なドラマがあるのだという事実。
そして、やはり人間は一人では生きていけないということを
全編で訴えているような作品です。

フォト


海外の映画を観るということは、その国の人々の生活や考え方を覗き見できると
いう楽しみもあります。
昔スウェーデンに行った時、彼の地の友人が愛車ボルボであちこち案内してくれました。
その時、ボルボとサーブはスウェーデンの2大自動車メーカーで
根強いライバル関係にあると聞いた覚えがあります。
その言葉そのままに、サーブ愛好者のオーヴェが、ボルボ愛好者の友人と
意地を張りあい、それが原因で仲たがいまでしてしまうのが面白い。
しかし、あのでぶっちょ猫は、最後まで名前つけて貰えなかったのかな…?
原題は「 En man som heter Ove」、オーヴェという名の男、
英語だと「A Man Called Ove」という感じでしょうか。

公式HP http://hitori-movie.com/

18 23

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月22日 13:26
    〉海外の映画を観るということは、その国の人々の生活や考え方を覗き見できると
    いう楽しみもあります。

    学生時代に好きだった中国文学者の竹内好が、「外国文学を読む目的とは何か。それはその国の人びとの生活を知るためだ」と書いていました。それを読んだときは、何だそれでは単純すぎるのではないかと感じたものですが、よくよく考えると、これは、やはり、含蓄に富む言葉だったと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月22日 14:20
    英題はまさにそれです。
    …というよりも世界中で日本だけでしょ。意訳が激しいのは。(笑)
    大半の国では題名に主人公の名前が入ってますよ。
    ガラパゴス以上にガラパゴスなのは日本ですね。

    映画で使われた猫は二匹いたそうですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月22日 14:29
    学生時代、欧米の生活に強い関心をもったのは当然のなりゆき。それを覗き見る手段として映画はベスト・リソースでしたが、シアーズ・ローバックの分厚い通販カタログも楽しい読み物でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月22日 14:34
    > mixiユーザー

    この映画の中で、主人公の近所の友人が半身不随で車椅子の生活を余儀なくされ、
    奥さんが長年世話しているのですが、
    とにかく施設に入れようとする行政と対立するのです。
    日本だったら、施設にいれたくても中々入れられないのに…と
    驚きました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月22日 14:35
    スウェーデンらしい生活感がたっぷりな、いい映画でした。

    自分もオリジナルの『ウーヴェという男』の方が物語をよく現していると思いましたが、このままではとても日本公開できそうにないし、かと言って邦題は意味を成してませんよね・・・

    まあしかし、元友人とのクルマ争いは、かつてクルマ好きだった自分としてはくすぐられる可笑しい場面です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月22日 14:38
    > mixiユーザー

    ああ、そうなんだ。
    日本はやたら愛とか幸せとか青春とかいった言葉がタイトルにつけられて辟易していましたが、
    村上春樹の小説「ノルウェイの森」が
    イタリアでは「トーキョー・ブルース」というタイトルだと知って
    日本だけじゃなかったと
    ちょっと安心したのでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月22日 14:42
    > mixiユーザー

    私の場合の海外への入口は
    「少年少女世界文学全集」でした。
    子供の頃、暗記する位読んだので、
    今でもフレーズを覚えていたりします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月22日 14:47
    > mixiユーザー それは凄い!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月22日 15:39
    スエーデンや北欧の福祉対策がなにげなく紹介されると、日本の貧しさが身に沁みます。世界に誇れる五輪施設を、などというひとは、日本のいろんな地位が低ランクなのを知らないのでしょうか。先日、平均年齢より長生きしたら介護の対象から外せば、という意見をmixi でみました。日本人のいう豊かさとはなんでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月22日 16:36
    そうそう、ウーヴェさんは父の代から鉄道労働者で、いわゆる「ネクタイ族」を毛嫌いしているのにも注目させられました。この辺なんかも共感を呼んだのでしょうかね。
    彼の気難しい性格は若い頃からじゃないかと回想シーンで伺えモシタnですが。
    原作が長編小説だけに色々な含みが見えて、だからこそ観ごたえがありました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月22日 22:47
    > mixiユーザー 

    いえいえ、お恥ずかしい。
    スウェーデンですと
    「長靴下のピッピ」「不思議の国のニルス」「やかまし村のこどもたち」なんかが大好きでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月22日 22:48
    > mixiユーザー 

    >平均年齢より長生きしたら介護の対象から外せば

    物凄い意見ですね?
    平均年齢を超えたら死ねってこと?
    いやいや、恐れ入りましたげっそり
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月22日 22:52
    > mixiユーザー 

    上のコメント見逃して、失礼致しました。

    そう、彼はホワイトカラーを毛嫌いしていましたね。
    鉄道労働者の世界でも結構イジメにも遭ってたりしたのにね?
    まあ若い頃から、気難しくなる要素は持っていたのかも…
    あの原作も、読んでみたいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月22日 23:27
    彼の頑固さや「でなければならない」というのは、
    周りも大変だけれど、本人もつらい生き方ですよね。
    そうとは意識しないのでしょうが…。

    ときどき「でなければならない」という方にお会いすると、
    正直に言えば,ちょっと辟易しちゃいますもの。

    パルヴァネの物怖じしないズケズケっぷりも、
    実際に出会えばタジタジになりそう。
    その2人の組み合わせが何とも妙でした。

    原作、私も読んでみたいです!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月23日 01:43
    面白そうな
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月23日 08:50
    早く観たい!じゃないと、皆さんについていけない。。。
    でも、子供が冬休みに突入・・・あせあせ(飛び散る汗)
    ちなみに、小6ぐらいでも、楽しめるというか、わかる作品でしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月23日 11:01
    > mixiユーザー 安倍が信奉する新自由主義では「自助」「自己責任」がキーワードですから、自分で自分の面倒をみられなくなった人間は邪魔者として排除されます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月23日 14:30
    友人を見てると 結構 怒りぽくなっています・・それを見て 老いとは手ごわいな・・と思います・・ところで 自分を振り返ると 怒りはしないんですが・・みんなが 馬鹿に見えて しょうがない・・・北欧は憧れの国ですが ちょっと寒そう
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月23日 22:45
    > mixiユーザー 

    この主人公の頑固さ、半端じゃなかったですよね。
    あれじゃあみんなに敬遠されるのも無理はない。
    正直、こんなのが近所にいたら大変だろうと思います。
    片や、隣人の移民主婦も、明るいことはいいが
    驚くほどにずうずうしい。
    どちらも、あんまりお近づきにはなりたくないかもです。

    この二人が、いい化学反応を起こすのですけれどね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月23日 22:47
    > mixiユーザー 

    お子さんが見ても大丈夫だと思いますが
    途中でちょっと退屈しちゃうかも。
    ウチの息子たちなら絶対ダメでしたが
    こればっかりは子供によるからね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月23日 22:48
    > mixiユーザー 

    ここに来て、どんどんメッキが剥がれて来ましたねえ…涙
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月23日 22:50
    > mixiユーザー 

    性格って変わりませんね?
    頑固な人は、加齢によってもっと頑固になっていくようです。

    欧は端整で綺麗な印象でしたが
    食べ物が味は今一つのくせに、高かった…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月24日 07:49
    > mixiユーザー 早く消えて欲しいです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する