mixiユーザー(id:547825)

2016年12月15日09:16

199 view

「マダム・フローレンス 夢見るふたり」

フォト


1945年にNYのカーネギーホールでコンサートを開き、今も同ホールのアーカイブの
一番人気となっている実在のフローレンス・ジェンキンス(メリル・ストリープ)の物語。
彼女は、資産家の父親からの遺産と、前夫からの慰謝料にものを言わせ、
NYの社交界の花形となり、40歳過ぎから音楽家としての人生をスタートさせた。
しかし本人だけが知らない公然の秘密、彼女は絶世の音痴なのであった。
彼女を献身的に支えるのは、年下の夫シンクレア(ヒュー・グラント)。
批判しようとするマスコミを買収し、信奉者だけを集めた小さなリサイタルを開催する。

フォト

シンクレアは、英国貴族の庶子という触れ込みの役者崩れの男。
フローレンスを優しく支える傍ら、こっそり若い愛人を作って
妻が眠りにつくと、毎晩その家に帰るのです。
実はフローレンスは最初の夫から梅毒をうつされ、今も後遺症に悩む日々。
二人は夫婦として20年以上過ごしながら、性交渉は一度もなかったと。

フォト


シンクレアが財産目当てで彼女に近づいたことは一目瞭然なのですが
しかし、二人の様子を見ていると、それだけではないことが伝わってくる。
経済的にはまるでオンブ、実に身勝手な愛し方ではあるけれど、そこには確かに愛があった。
フローレンスの天真爛漫さ、人柄に魅せられて、彼女に尽くすことによって
シンクレアは自分自身の矜持をも取り戻したような。
これを下品じゃなく演じられるのは、ヒュー・グラントを置いていないでしょう。

意外に楽しめた映画でした。
しかし気になったのは、あれだけ音楽を愛したフローレンスが
自分の音痴に気がつかないってあり得るのか?
彼女は幼少より音楽教育を受け、ピアノを教えていたこともあるというのです。

フォト
(フローレンス本人)

Wikiによれば
”彼女の演奏したレコードを聴くと、ジェンキンスは音程とリズムに関する感性が
ほとんどなく、極めて限られた声域しか持たず、一音たりとも持続的に発声できないこと、
伴奏者が彼女の歌うテンポの変化と拍節の間違いを補って追随しているのがわかる”と。
そりゃ自分の音痴に気づいていれば、カーネギーでのコンサートなんてできないよねえ。
エンドロールに流れる、実在したフローレンス本人の歌声に実に説得力があります。
しかし”音楽は楽しむもの”というメッセージを世に伝えたということが
彼女の最大の功績なのかもしれません。

FLORENCE FOSTER JENKINS(2016イギリス)http://gaga.ne.jp/florence/

12 15

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月15日 10:24
    フランス版「偉大なるマルグリット」は観ちゃったので、観ようかどうしようか迷います。その時にユーチューブで実際のお歌を聞いてびっくり。これだけ外していて、自分が音痴だって分からないことがあるのかしら?と私も思いました。
    https://www.youtube.com/watch?v=qtf2Q4yyuJ0&list=RDqtf2Q4yyuJ0#t=60

    ただね…私も自分が僅かに音が下がっているという時、分からないんです。「この音よ」と訂正されて、気を付けて歌い直せば正しい音に乗せられるのですが、これの極端?と思ったり。

    こちらの方が実話に近いのですね。メリル・ストリープの「絶唱」も聞いてみたい気がしますし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月15日 10:45
    先にフランスでつくられたカトリーヌ・フロ主演の「マルグリット」を見て、それはそれでロマンチックだったのですが、真実により近い、こちらの方に軍配をあげます。メリル・ストリープが嬉々として演じてるのがいいです。

    いいウチのお嬢様なのに夫の不実で梅毒にかかるというのが哀れです。ちょっと「愛と哀しみの果て」のカレン・ブリクセンを思い出したんですが、こちらもメリル・ストリープが演じているのでした。耳が悪かったのも最終的な死因も梅毒が関係してると、どこかで読みました。
    しかし、音痴でも、(当時の)不治の病いでも、めげないのがいい。まあお金にモノを言わせたのでしょうが、ずんずんやりたい放題なのがいい。コールポーターも彼女のリサイタルに必ず顔だしたそうです。きっと、音痴なだけでなく、何かがあったのかも。残る音源で「夜の女王」とか聴くと、ズッコケますが楽しい気持ちになるwww

    戦時だからこし、こんな特異な個性が生まれ、驚くような事がまかり通るものなのかもしれませんよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月15日 12:44
    > mixiユーザー 

    そう、この歌声です。
    アメリカ版映画では、エンドロールで少しですけど本人の歌声が流れるのですよ。
    にしてもこの動画、猫ちゃんが面白いw

    私も正確な音程なんて分からないのです。
    ただ、外れているということは分かるつもりです。
    メリルの「絶唱」たいしたものでしたよ!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月15日 12:49
    > mixiユーザー 

    私はフランス版の方は見逃してしまったのです。
    あちらはフローレンスの夫が浮気して
    その寂しさを紛らわすために、彼女は歌にのめり込んだのですってね?

    そう、私もメリルが演じた「愛と悲しみの果て」を思い出しました。
    どちらもいいウチのお嬢様で金持ちで、どちらも梅毒にかかっちゃいますものね。

    >音痴なだけでなく、何かがあったのかも

    そう、あのひどい歌声を、よくお金を出して聴きに来るものだと
    アメリカ人のユーモアのセンスにはある意味、脱帽です。
    しかも戦時中なのに、と思ったのですが
    そうか、戦時中だったからこそ、なのかもしれませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月15日 13:37
    自分の出している音が分からないから音痴なのでしょう。

    自分の声って録音したのを聞くと別人に感じませんか?
    そういう程度が甚だしかったのではないかしら?

    フランス版と両方観ましたが、ドラマとしてはこっちかな?
    いかにも音痴そうなマダムはあっちの方が説得力があったかも。
    (やはりメリルは抜け目なさがにじみ出る)

    コズメが楽しかったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月15日 17:33
    ほぼ同じ感想で、嬉しいです。
    最初はお金目当てのはず、と思わせるのがミソ。
    じゃないと、この珍妙な夫婦愛が際立ちませんから。
    監督のヒュー起用は、大正解だったみたい。

    ゴールデン・グローブ賞は、メリルにヒュー、ゴズメ役のサイモン・ヘルバーグがノミネートされたようです。
    オスカーもノミネートして欲しいな。
    ノミネートだけで充分です(笑)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月15日 18:20
    > mixiユーザー 

    でもねえ
    レコードまで出したからには、嫌でも自分の歌、聴けるでしょうにね?
    本人の動画、聴けば聞くほど凄いです〜げっそり

    コズメ役、いい味出してましたね。
    小柄で、眼と鼻と口が顔の真ん中に固まっていて
    真面目ですっとぼけていて…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月15日 18:22
    > mixiユーザー 

    こちらこそです。
    シンクレア役は、一つ間違えたらタダのヒモですものね。
    それをあれだけ品よく仕上げたヒュー・グラント、さすがです。

    確かにノミネートだけなら
    誰にも迷惑かけないし…w
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月15日 20:23
    ずっと昔に彼女の歌をレコードか何かで聴いて、とにかくビックリ仰天しました。
    大金持ちの夫人だと言うこと以外知らなかったので、そういう境遇だとは・・・
    でも、これでリサイタルを開くということには、複雑な気持ちです。
    だってお客は可笑しいから聴くのでしょう?ご本人は喜劇役者の積もりはないのでしょうから、聴いていていたたまれなくならないかしら。そこを彼女の天衣無縫さで聴衆に一種の感動を与えているのでしょうか。う〜〜ん、分からない。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月15日 20:42
    > mixiユーザー 

    あの映画によれば、本人はとにかく歌いたい、お客を喜ばせたい、
    そういう気持ちなのじゃないかしら。
    本人は喜劇役者のつもりはなく、
    お客が可笑しいから聴いているとは思ってないのでは。
    客観的に見たら、あり得ないことなんですけどね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月15日 21:17
    メリル・ストリープの演技はとにかく絶賛でしたよね\(^o^)/
    ヒューも、今回初のオスカーノミネートなるかも?
    ハナミズさんの日記にも残したんですが、サイモン・ヘルバーグさんの普段着のピアノを弾く姿です↓
    https://youtu.be/lAwzDetyvA8
    なかなか、かっこよくないですか?指でOKわーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月16日 09:08
    > mixiユーザー 

    サイモン・ヘルバーグ、私は知らなかったのですけど
    いい味出してましたね〜!
    この記事によると、クラッシックピアノの経験はなかったのだそうです。
    それであれだけ弾きこなしちゃうなんて凄いねえ!
    http://www.cinemacafe.net/article/2016/11/28/45210.html
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月16日 16:49
    映画はほとんど見ないけれど、『マルグリット』は見ました。こっちも見たいなあと思ってます。

    ジェンキンスは業界では有名で、下手な歌手の代名詞みたいになっていて、いまでもド下手な歌手がでると「現代のジェンキンス」とか言われてしまいます。哀れな事に。↓の人なんかまさにそう。

    https://www.youtube.com/watch?v=xdLyL2_mFaA
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月16日 19:41
    ↑ああ、可笑しい!!
    オケ付きで動画があるとは、一体どういういきさつなんでしょうね。
    ジェンキンス物真似大会とか?
    後ろのヴァイオリニストが笑いをこらえていますね。
    声と音痴ぶりは本物よりずっとマシですがわーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月17日 23:17
    > mixiユーザー 

    私も笑いました〜!
    確かにヴァイオリニスト、苦しそう。
    大っぴらに笑う訳にもいかないし、大変ね!わーい(嬉しい顔)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する