mixiユーザー(id:547825)

2016年12月13日17:25

240 view

「コンビニ人間」

本年度芥川賞受賞作。
大学以来18年間コンビニのバイトとして働く、彼氏ナシの36才の恵子が主人公。
子どもの頃から他人とは感性が違い、生きにくさを感じていたが
コンビニのバイトとして、そのマニュアル通りの動作、話し方をしてみたら
初めて自分の居場所を見つけたように感じる。

「そのとき、私は、初めて、世界の部品になることができたのだった。
私は、今、自分が生まれたと思った。
世界の正常な部品としての私が、この日、確かに誕生したのだった。」

以来18年間、恵子はコンビニのバイトを続けているのですが
彼女を取り巻く周りは、何故ちゃんと就職しないのか、何故結婚しないのか、
何故普通でないのかと彼女を問い質す。
ところがどんなに非難されようとも、主人公はまったく動じないのだった。
恵子は、普通でありたいとも、そうでないことが恥ずかしいとも
これっぽっちも思わないのだから。
そこに現れたダメ男白羽を、世間への隠れ蓑に彼女は使おうとするのだが…
この新人バイトの白羽というのが、どうしようもないクズなのです。

コンビニで働く人たちを「底辺」と見下し、
自分はそのコンビニの仕事さえちゃんとやらない。
「皆が足並みを揃えていないと駄目なんだ。
何で三十代半ばなのにバイトなのか。何で一回も恋愛をしたことがないのか。
性行為の有無まで平然と聞いてくる。『ああ、風俗は数に入れないでくださいね』
なんてことまで、笑いながら言うんだ、あいつらは!
誰にも迷惑をかけていないのに、ただ、少数派だというだけで、
皆が僕の人生を簡単に強姦する」

自意識の極端に薄い恵子と、自意識のカタマリのような白羽。
被害者意識に押しつぶされそうになって恵子を責め立てる白羽と
何処までも冷めた恵子とのやりとりが、なんとも滑稽。

普通じゃないものを認めようとしない普通の人たち。
「異質」を排斥しようとする「普通」の暴力性。
この辺りのアイロニーはうまい!と思ったのですが
残念ながら私はあまりに普通すぎて(多分)、
そこまで面白いとは思えなかったのでした。

「コンビニ人間」 http://tinyurl.com/jmxcrov
11 21

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 17:36
    「異種の悲しみ」を冷静に書いたこの小説を私は優れているなあと思いましたが、この主人公のその感情を理解できるには、読者が世界の多数派であると、難しいのかも知れませんね。私は、本好きとは、基本的に世界の少数派なのだろうと、思っているのですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 18:07
    > mixiユーザー 

    ええ私も、本好きは基本ネクラだと思っています。
    この小説、面白いとは思ったのですが
    芥川賞の選考委員が絶賛しているほどには思えなかったものですから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 19:23
    「生きにくさ」というのはえてして苦悩めいて描かれがちですが、、この小説では主人公がコンビニという現場で、型にはめてくれることの多幸感という風に発想を転換しているのがとてもユニークで面白いと思いました。
    コンビニって、自分のいつぞやのパン屋の日記じゃないけど(笑) 無味乾燥な商業主義の権化みたいなネガティヴなイメージで見られがちだけど、その便利さを享受してもいる。

    あの、西村賢太の小説に出てきそうな(笑)クズ男の考えることが実は健全なのかもしれないとも思わされたりしますし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 20:19
    zooey様はとても「普通」とは思えませんが...(><)
    「自分は普通」と思ってる人が案外普通ではなく,「自分は普通ではない」と思っている人が普通だったり^^.
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 20:26
    わたしは最初、コンビニの型にはまったマニュアル通りの業務の人間疎外を描いてるのかと思ったら、
    受賞作を読んでみて、逆にそのルーティーンワークに心地よさと安心を見出す女性だったことに、
    意表を突かれました。

    ところでコンビニのヘビーユーザーのわたしですが、見ているとコンビニ店員さんはレジ対応だけでなく、
    商品管理、陳列棚の整理、コーヒーメーカーのチェック、航空券やコンサートチケットの発券、宅配便の手配など、
    実に多岐にわたります。
    わたしなど、バイトしてもやっていけそうにない、と思ってしまいます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 20:33
    私は本好きで、その他の部分でも、少数派だとおもいます。でも、性格的に本にも好みがあり、少数派のなかでも好みがわかれるのは当然ですね。芥川賞の選考委員が絶賛していても、私には面白くない作品は沢山あります。
    ここにご紹介のはまだ読んでませんが。
    優れた作品でも、興味がない題材ってありますものね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 21:28
    タイトルから推測した段階ではコンビニで生活のすべてを満たすような社会性の狭い人の話かと思ってました。
    「たまにはスーパーやデパートにもいこうよ」という感じで…(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 22:33
    > mixiユーザー 

    主人公がコンビニで、同僚の話し方などを真似しながら
    生き生きと仕事をするさまは見事でしたね。

    日本のコンビニの便利さときたら、本当に凄いと思ます。
    ヨーロッパにはコンビニなんか殆どないし
    アメリカのコンビニは、日本のそれのように便利ではないのです。
    接客態度なんて比べ物になりません。

    あのクズ男のクズっぷりときたら…わーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 22:36
    > mixiユーザー 

    ええと、
    普通以外の何物でもないと思っていますが…

    >「自分は普通」と思ってる人が案外普通ではなく,「自分は普通ではない」と思っている人が普通だったり

    それこそが、著者の意図するところであったかもしれません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 22:40
    > mixiユーザー 

    テンポがよくて平易な言葉を使って、漫画のような小説ですよね。
    コンビニの内部をあんなに明るく描いた作品は、初めて見ました。

    私の住まいのすぐ近くにコンビニがあるので
    次男などはよく使っているようなのですが
    私はそれほど行かないので、よく知らないのですよ。
    でも牛乳が切れた時など重宝しています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 22:42
    > mixiユーザー 

    >>普通以外の何物でもないと思っていますが…

    BOFで同じような境遇の人と接することが多いからとか,それ以外の世界をあまり経験することがないから
    誰しも自分が普通だと思うのかもしれませんね.

    >>それこそが、著者の意図するところであったかもしれません。

    とすると「うそつき村」のパラドクスじゃないけれど,zooey様はやはり「普通」ではない^^.
    なんとか無理やり本題に結び付けていただいてありがとうございます.
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 22:45
    > mixiユーザー 

    >芥川賞の選考委員が絶賛していても、私には面白くない作品は沢山あります

    はい、今までにもそれは散々ありました。
    ただ、今までは選考委員の意見も結構分かれることが多かったと思うのですが
    今回は殆どの人が絶賛しているようで…
    それほどの面白さが分からない私って何?と思っちゃった訳です。
    興味を持てなかったら、どうしようもないですけどね?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 22:46
    > mixiユーザー 

    >コンビニで生活のすべてを満たすような社会性の狭い人

    ある意味、主人公はまさにそうなのですよ。
    彼女にはコンビニがすべてなのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 22:53
    > mixiユーザー 

    BOF、birds of a featherですね。
    いえ、だから勘違いなさってますってば…

    ま、「普通」の定義も色々あるということで。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 23:06
    > mixiユーザー 

    平易な言葉でテンポよく、非常に読みやすい作品でしたね。

    >「そうか、だから直さなくてはならないんだ、治らないと正常な人たちに削除されていくんだ。」
    という受け止め方が淡々と描かれ

    ええ、そうなのですけど
    彼女はそれで本当に疎外感を感じている訳ではないのですよね。
    それで傷ついたり、悩んでいるという訳ではなくて
    とりあえず生きていくために居場所を作っておかなきゃという感じなのではないでしょうか。
    その辺の共感性のなさが、が面白いと言えば面白かったのですけど。

    >「決めつけんなよ」というメッセージ含まれてる

    はい、それは私も思いました。
    読みやすいし短いので、私は2回ほど読んだのですけど
    絶賛されるほど面白いとは思えなかったのです涙
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 23:21
    この本を読んですぐに、「あ、発達障害だわ!」って。物事の理解の仕方が、すごく直截だったのですね。
    「空気を読む」というのが、最も苦手なことが、とてもよく描かれていると思いました。

    「私は発達障害です」という方々と、初めてお会いした頃、私は、
    「何でそうなるの?」「どうしてそう受け止める?」「なぜ出来ないの?」と、「?」が一杯つきました。

    主人公のように暴力行為までは行かなくても、「え? そう反応するの?」と驚くことが多かったのですが、
    今は、もう少し付き合い方が上手になったかもしれません。

    例えば、「A氏に連絡しておいてね」「チラシと封筒の印刷をよろしく」という雑駁な頼み方ではなくて、
    「○月○日までに、A氏から、○○について、イエスかノーか返事をもらってください」
    「々岷薀船薀靴蓮◆日までに必要なので、チラシを先に印刷してください。⊆,防筒用の名簿シールを印刷する。
    I筒の印刷をする ぬ省蹈掘璽襪鯆イ襦廚箸いΔ茲Δ法△垢襪戮ことに順番を付け、文書にして渡すなど、
    相手が理解しやすいように、行動しやすいように配慮すれば、大丈夫と分かってきました。

    法律に詳しいとか、英語もフランス語もできるとか、将棋にとても強いとか、能力的には優れているけれど、
    コミュニケーションは苦手な人たちなので、こちらが理解すれば、互いに生きやすくなると思いました。
    ですから、この小説は「分かる分かる…」という感じで、とても面白く読みました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 23:49
    > mixiユーザー 

    私もそう思いました。
    最近すぐ、アスペルガーとかADHDとか発達障害とか分類したくなる嫌いがあるので
    敢えて書かなかったのですけど。

    >「空気を読む」というのが、最も苦手なことが、とてもよく描かれている

    はい、それは分かったのですが
    私が不思議だったのは
    主人公はクズ男に相当酷いことを言われても、腹を立てないんですよね。
    友達や家族にあれだけずけずけ言われても
    怒るということがない。
    そんなものなのでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月13日 23:52
    > mixiユーザー 

    ありがとうございます。

    >世間や他者に紛れ込むように生きていく様、ストーリ、またウエットさがあまり感じられない文体が好き

    はい、その辺は見事だと思ったのですが
    私はそれほど楽しめなかったので
    ちょっと悔しかったのです…涙

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月14日 09:21
    > mixiユーザー 普通であることに余り抵抗はないのですが、ステレオタイプの人間にはなりたくないです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月14日 20:52
    > mixiユーザー 

    私のマイミクさんの中に、ステレオタイプの人はいないのでは?
    私も含めて…わーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年12月14日 22:45
    > mixiユーザー 御意!

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する