ホーム > mixiユーザー(id:547825) > mixiユーザーの日記一覧 > 「あの日の声を探して」

mixiユーザー(id:547825)

2015年12月22日12:54

314 view

「あの日の声を探して」

フォト


感動的だった「アーティスト」のミシェル・アザナヴィシウス監督の作だというので
楽しみにしていたのですが、今年の春、単館上映で見損なってしまった作品、
ようやくDVDで鑑賞。

1999年のチェチェン。
小さな古い村を無差別に攻撃していくソ連兵の一人が撮っているビデオカメラの画面から
話は始まります。
「『プライベートライアン』じゃない、これが現実の戦争なんだ!」という台詞から
まだ新兵のようだと分かります。
中年の農夫をテロリストと決めつけ、問答無用にその妻ごと射殺する。
殺された両親に絶叫してすがりつく娘は兵士たちに連れて行かれたようですが
その場面はそこで終わります。

フォト

チェチェンに住む9歳の男の子ハジは、目の前で両親を殺されたショックで
口が利けなくなってしまう。
乳飲み子の弟を抱えて一人で歩き出すが、壊されていないチェチェン人の家先に
その子をそっと置く。
物陰に隠れて、赤ん坊がその家の人に抱きかかえられるのを確認して
泣きながら、また一人であてもなく歩いて行く。
9歳といえば、日本では小学校3年生か。
我家の息子たちは、ポケモンやゲームに夢中だった頃だと切ない思いで見ていると
ハジは彷徨った挙句、EU職員のキャロルに出逢って保護されることになる。
哀れに思ってキャロルは世話をするが、ハジは中々心を開こうとしない。
ハジの身内を探そうとするも、一言も話さないのではどうしようもない。
キャロルはまた、チェチェンの悲惨な状況を必死にEUに、世界に訴えようとするが
殆ど無視されて苛立っていた。

フォト

場面変わって、ソ連の地方都市。
友人と女の子のことなどを話ながら街中を歩いていた19歳の青年コーリャは
マリファナ所持という軽微な罪で路上で捕まり、軍隊に入れられる。
上官、仲間からの凄惨ないじめ、しごきで、血だらけになるまで痛めつけられる。
心根の優しい普通の青年が日々非人道的な仕打ちを受け、残虐な兵士へと変わって行く。
やがてコーリャは前線へと送られ、新兵として参戦する。
片っ端から敵を殺し、遺体から金目の物、腕時計や財布などを略奪する。
ビデオカメラを見つけて喜ぶコーリャ。

そして話は冒頭につながるのです。
両親を殺され、姉や弟とも生き別れになったハジの話と
殺人鬼に変貌する青年コーリャの話がどう繋がるのだろうと訝しく思っていましたが
最後で見事に繋がって、あっと驚かされたところで唐突に幕は降ろされる。
なんとも重苦しい気分に包まれて。
そりゃ、人を殺すのが戦争だもの。
略奪だってレイプだっていじめだって生き別れだって、何だってありなのだと
戦争の恐ろしさに改めて身震いするばかりです。

原題は「The Search」。
今年観た中の、ベスト5に入る映画です。
16 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月22日 13:11
    冒頭のシーンがどうつながるのだろうかと思っていると…で、「ああ」となりますね。
    『アーティスト』で無声映画を撮った監督がまたもや<声を失った>映画というのは意味深です。

    自分が9歳当時を思うと言葉が出ません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月22日 13:53
    6月に観てレビューも書いています。
    zooeyさんとマイミクになる前ですね。
    私にも、いつまでも忘れられない映画です。
    お暇な時にでも読みにいらしてね。確か6月の下旬に書いてます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月22日 16:29
    DVD出ているのですね。わたしも見逃しています。良さそうですね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月22日 17:14
    > mixiユーザー 

    そうなのです。
    あのラストには、息を呑みました。
    ああ、こう来るのか?と。

    9歳なんてねえ。
    でも実際、こうした孤児が沢山いたのでしょうね。
    そして今も紛争が続く地域では…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月22日 17:16
    > mixiユーザー 

    レビュー拝見しました。
    これ、私も大画面で観たかったのですが
    何しろ単館上映で、見逃してしまったのです。

    フレッド・ジネマンの「山河遥かなり」は未見なのですが
    リメイクというのは、孤児ハジの部分らしいです。
    青年コーリャの部分は、そうではないようです。

    ついでに日記の「血族」も読ませて頂きました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月22日 17:17
    > mixiユーザー 

    ごく最近、DVDになったばかりです。
    辛いけど、お勧めです!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月22日 20:18
    チェチェンの実情については、未だになかなか情報が入ってきませんよね。
    こんな映画があったとは知りませんでした。
    アネット・ベニングも出ているんですね。

    私は数年前に、ハッサン・バイエフというチェチェン人医師の『誓い』という本を読んで仰天いたしました。
    この本、米原万里が「チェチェンのブラック・ジャック」と表現して強力に薦めていた本だったので手に取ったのですが、もう壮絶に面白く、誰かに面白い本は?と聞かれると、かならずこの本を挙げるようにしています。
    読み終えてまだハァハァしている状態で書いた日記がこちらです。
    お時間のある時にでも。
    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1855864782&owner_id=24016198
    あ、でももしご興味がおありでしたら、この日記なんかより、本をお読みになってください。(笑)
    ほんと、メチャクチャにおもしろいですから。

    この本を読んだ後で、ボストンマラソンのテロ事件が起き、それがどうやら亡命チェチェン人兄弟の犯行だったという報道を聞いて、彼らに何が起こったんだろう?と、心を痛めたものです。
    その後のニュースはほとんど入ってきませんが、兄が死んだ後逮捕拘束された弟は、今どうしているんだろうと時々考えます。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月22日 22:56
    > mixiユーザー 

    この映画、岩波ホールだったかシネスィッチだったか、
    東京でも小さな映画館でしかやってなかったのです。
    今月DVDになったばかりです。
    アネット・ベニング、キャロルのEUの上司として、いい味を出していました。

    米原真理、大好きです。
    ヨシモトさまの日記も拝見しました。
    そんな数奇な運命を辿った人が書いた本とあっては
    これは読んでみなくちゃいけませんね。

    ボストンマラソンのテロ事件、
    ああ、そうでしたね。
    そんなことがありましたね…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月10日 21:45
    そう、あのつなげ方は見事でしたね…ロシア兵と、惨殺されるチェチェン人家族と。
    戦争に巻き込まれ、加担していくコーリャの心の変化が恐怖でした。

    亡くなった父は、大学の卒業を早めて軍隊に入れられたので、
    大学生というだけで生意気だと、古参兵に殴られていたそうです。
    すぐに軍隊での地位は逆転してしまったのですが…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月10日 21:54
    > mixiユーザー 

    はい、観終わってから舌を巻きました。
    終わるまで、まるで気がつかなかったのですが…

    大日本帝国の軍隊の恐ろしさは
    色々な本や映画で観てきたつもりでしたが
    多かれ少なかれ、何処の軍隊でもあるのですよね。
    いずれ人を殺すための組織なんですものねえ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!