ホーム > mixiユーザー(id:547825) > mixiユーザーの日記一覧 > たった一日で

mixiユーザー(id:547825)

2015年12月19日14:01

284 view

たった一日で

マクフライ・アリという名前のチワワ、この子は生まれて一日目に
ミア基金という、NYの障害ペット保護団体に捨てられたのだそうです。
産まれつき、ちゃんとした前足がなかったので。

フォト

でもマクフライはとても元気でタフで明るい。
手羽先のような前足でボクシングしたり、後ろ足でピョンピョン立ったり、
全身でコロコロ転がったりして、周りの誰にでも元気をくれるのだそうです。

フォト

"They gave a puppy away when he was just 1 day old.
But they had no idea what they were losing."
たった一日でこの子を捨てた人間は、大事なものを失ったことに
気づいてないのだと記事は言っている。
この子の可愛い動画があるのですが、FB限定公開のようで
お見せできないのが残念です。

フォト

何の特技もない我家のタロウ(夫に言わせればウレションが特技ですが)、
家族に元気をくれる点では同じです。
相変わらずピョンピョン跳ね回っていますが
そのタロウももう8才、今や中年。
寝ている時間が、以前より少しづつ長くなったような。
今、私と同じくらいの歳で、これからどんどん追い抜かれるのだろうなあ。
いつまでも元気でと願うばかりです。

フォト


Rescued Chihuahua Born Without Front Legs Is Adorable Little Fighter
http://www.reshareworthy.com/adorable-chihuahua-mcfly-born-without-front-legs/
16 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月19日 14:09
    FBでは感動もののペットのお話が満載でつい見入ってしまいます。
    それにしてもタロウ君はいつもフォトジェニックですワン。
    タロウ君が本当のクリスマスプレゼントに囲まれているのかと思いました。
    きっとなさるのでしょうけど。ウインク
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月19日 14:38
    うちの猫も生まれてすぐにごみ箱に捨てられていたそうです。近所のご婦人が保護したのをうちでもらい受けました。同じく8年たちますが、我が家の主になってます(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月20日 10:03
    > mixiユーザー 

    FBは動物ものの感動記事、本当に多いですね。
    私がそういうのを中心に見ているからでしょうけど。
    残酷なのはつらいけど、こうした記事にはほっこりさせられます。
    これね、インテリア雑貨のフランフランの店頭なのですよ。
    子どもや若いお嬢さんがこの椅子に座って写真を撮っていたので
    タロウも撮らせて貰いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月20日 10:04
    > mixiユーザー 

    いらっしゃいませ。
    コメントありがとうございます。
    ゴミ箱に…
    酷いことをする人間が世の中にはいるのですね?
    温かいフミヤス家に貰われてよかったです!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月21日 00:38
    チワワはそう好みじゃないのですが、マクフライはとっても可愛い。表情がいいですね揺れるハート
    アメリカやドイツでは、障害のある犬猫を積極的に引き取る人も多いと聞きました。
    日本でも引退盲導犬の世話をするボランティアがいますが、私にはとても出来ない・・・もうすぐ死ぬと分かっている犬や猫を引き受けるには、よほどこちらの精神状態が健康でなければ・・・盲導犬は健気なだけに余計に辛いんじゃないかしら涙
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月22日 17:20
    > mixiユーザー 

    チワワ、結構うるさい子が多いですよね。
    でもこの子は本当に可愛い。

    >引退盲導犬の世話をするボランティア

    私もその存在を知った時には、頭が下がる思いでした。
    死に別れるのも辛いし、
    レトリバー位の大型犬となると、その介護も大変なのに…涙

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!