ホーム > mixiユーザー(id:547825) > mixiユーザーの日記一覧 > 村上隆の五百羅漢図展

mixiユーザー(id:547825)

2015年12月05日22:56

372 view

村上隆の五百羅漢図展



フォト


「五百羅漢図」は東日本大震災の後、鎮魂の祈りとして制作されたのだそうです。
高さ3メートル、全長100メートルという大作は
「白虎」「青龍」「朱雀」「玄武」と4つのパートに分かれて展示されていました。
日本の美術館にしては珍しく撮影可ということだったので、iPhoneで撮りまくりました。
でも大きすぎて、とっても撮り切れない。
もの凄い迫力です。

フォト


羅漢というのは、阿羅漢ともいい、
仏教において尊敬や施しを受けるに相応しい聖者のことなのだそうです。
でもここに描かれた500人の羅漢は、泣いたり怒ったり笑ったり、
肩に亀を乗せていたり、頭から木が生えていたり、ヘンな人たちばかり。
聖獣やら鬼やら妖怪やら、訳の分からないものもいっぱい。
そのダイナミックな大きさと色の洪水に只々圧倒されます。

フォト


私の下手な感想よりも、村上氏の言葉を。
”五百羅漢の発生は日本文化そのものだった。
釈迦の教えを広めた羅漢と、それが500人いるということはまったく無関係で、
日本人にとっての宗教、哲学は常に流動的で、いい加減。
でも、いい加減なものにすがって浮世を生きていくのはある種のテクニックです。
日本は天災が多い。次の日のことを考えるより、今の災難を忘れることに
重きが置かれた文化から生まれた五百羅漢は、非常にリアル。
だったら、これを描いてみようと思ったんです。”

フォト


達磨大師も、村上氏にかかるとこうなる…

フォト

六本木ヒルズ、53階の森美術館にて。

村上隆の五百羅漢図展 http://www.mori.art.museum/contents/tm500/
14 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月05日 23:13
    撮影可能でも、このスケールは収まらないですよね。
    しかし、本当に細かいところまで良く描いているなぁと思いました。

    美術館を身近に感じるためにも撮影可のイベントは増やして欲しいところですけど…。
    (時間帯も遅いのは都会人には配慮があると思います。)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月05日 23:17
    鎮魂の祈りとは言っても、この人の手にかかると、こんな鮮やかな色彩で、何か可愛らしかったり、おかしみのある聖者になるのですね。やっぱりエネルギッシュな村上氏らしいと思いました。これは見る側にも、エネルギーが要求されそうですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月06日 01:38
    観に行こうと思いつつも行きそびれてしまいました。専ら映画ばかりでほっとした顔 岡本太郎の渋谷のマークシテイにあるのと同じくらいの大きさかしらん。迫力ありますね。色使いは好きかも。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月06日 09:53
    村上氏が描くと、こんなにポップで自由になるのか、と圧倒される作品ですね。
    東京だけの展示なのかなあ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月06日 21:49
    > mixiユーザー 

    本当に納まりきらない。
    ヒルズの53階にこんな世界が展開されてるとは驚きました。
    あの製作段階の紹介ビデオもよかったですね。

    日本はまだまだ撮影禁止の展示会が多くて悲しい。
    もの凄い人出だったりするので、仕方ないかとも思うのですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月06日 21:51
    > mixiユーザー 

    そうなのです。
    なんとも奇抜でユーモラスで。
    エネルギーを貰ったような気もしましたが
    あまりにも巨大な絵や彫刻が他にも山ほどあり、
    正直疲れました〜
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月06日 21:53
    > mixiユーザー 

    私もヒルズで映画はよく観るのだけど
    53階のこの美術館までは滅多に行かない。
    でも凄い迫力でしたよ。
    全部を入れれば、岡本太郎よりはるかに大きい。
    五百羅漢、以前はドーハで展示されたらしいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月06日 21:55
    > mixiユーザー 

    ここまで巨大とは、圧倒されました。
    これだけのものを展示するには、会場も選ばなくてはでしょうね。
    この他にも巨大な絵や彫刻が山とありました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月06日 23:21
    これが「鎮魂の祈り」と言われると、私にはすごく抵抗があるんです。
    実際に見たら素直に受け止められるのでしょうか。
    何だか水を差すような感想でごめんなさい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年12月07日 08:59
    > mixiユーザー 

    どのような感想でも結構ですよ。
    私も何故これが鎮魂?と思ったのですが
    ”日本人にとっての宗教、哲学は常に流動的で、いい加減。
    でも、いい加減なものにすがって浮世を生きていくのはある種のテクニック”
    という村上氏の言葉に、なんとなく納得してしまいました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する