mixiユーザー(id:547825)

日記一覧

私が毎月新幹線に乗るのは新横浜駅からだし、東京駅近辺に行くことはあっても乗り換えに使うくらいで、外に出てその駅舎を見るということは少ないのです。今回、そこの東京ステーションホテルで食事をすることになり、久しぶりに東京駅丸の内駅舎をじっくり眺

続きを読む

「最強のふたり」のリック・トレダノとオリビエ・ナカシュ監督コンビの新作というので、期待していました。社会からはじき出された重度の自閉症の子供たちの面倒を見ている、二人の男性の実話を映画化。冒頭から、少女がパリの雑踏の中を全力疾走しています。

続きを読む

予想以上に下剋上
2020年09月15日11:18

最近、長男が発案した「下剋上鮎」がTwitterでつぶやかれ、5万近くのいいねを頂いたようです。長男によると、早速取材が来たり、オンライン販売の売り上げが増加していると。SNSの力って凄いですねえ。折しも、先日発表された日本パッケージデザイン大賞で菓

続きを読む

若い頃に作って長年実家に放置したままだった着物を、去年頃から少しずつ着始めました。今、着付け教室にも通っている身として、着物の本などにも目が行くようになりました。作家宮尾登美子の、着物にまつわるエッセイ集。綺麗なカラー写真がふんだんにあり、

続きを読む

誰もその正体を知ることのない匿名のアーティスト、バンクシー展に行って来ました。70点以上のオリジナル作品や版画、立体オブジェクトが横浜に集結!オンライン完全予約制、アプリをDLして音声説明を自分のスマホで聞けるのはありがたいのですが、説明が翻訳

続きを読む

2003年、イギリスの諜報機関GCHQで働くキャサリン・ガン(キーラ・ナイトレイ)は、アメリカの諜報機関NSAから驚きのメールを受け取る。イラクを攻撃するための違法な工作活動を要請するその内容に強い憤りを感じた彼女は、マスコミへのリークを決意。メール

続きを読む

ごく若い頃に井伏鱒二の「ジョン万次郎漂流記」を読みましたが、中身を綺麗に忘れた状態で、アメリカ版のこの本を読んでみました。マーギー=プロイス著「Heart of a Samurai」邦題は「ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂」。著者は児童文学者で、この本は2011

続きを読む

ヨシダナギという人が撮った、アフリカの幻想的な写真を以前観たことがあります。どういう女性なのかと興味を持っていたので、その著書を読んでみました。1986年生まれ、小学校の時にいじめに遭って登校拒否気味になり、中2でドロップアウト。以来学校には行

続きを読む

父親が反政府運動をしていたせいで命の危険に晒された、バングラデシュの少年ファヒムは、父親と共に難民としてパリに移住する。チェスの才能に恵まれたファヒムは、フランス屈指のチェスのコーチであるシルヴァン(ジェラール・ドパルデュー)に鍛えられ、その

続きを読む

まさかの…
2020年08月28日09:49

先に発表された大阪・関西万博のロゴには驚きました。この5案の中から選ばれたのはまさかのE案「いのちの輝きくん」。私はこの中だったら、A案かな、いやちょっとつまらないからB案かな?なんて思っていたのですけれど。E案は失礼ながら、捨て案かと思ってい

続きを読む

自分の無知を棚に上げて言えば、「ホロドモール」(Holodomor)という言葉をどれだけの人が知っているのだろうと思います。1932〜33年にウクライナでスターリンによって起こされた、人工的な大飢饉のことです。スターリンは工業化を優先し、外貨獲得のために農

続きを読む

これを読むとヒリヒリする、という感想を何処かで見かけて読んでみました。五編の短編集です。油井は、アル中の父親のせいでしょっちゅう夜逃げを余儀なくされる家庭の長女。中学生の時、長身で喉仏の美しい桐原という同級生に出会い、惹かれ合う。”桐原と出

続きを読む

伊豆高原の犬の天国
2020年08月24日13:17

この週末の天気は荒れると、早くから天気予報は言っていました。伊豆地方は土曜日曇りのち雨、日曜は雷付きの大雨だと。宿を予約してあったので仕方ない、温泉でゆっくり休んで読書でもするかと本を数冊鞄に入れて、土曜の朝出発。しかし土曜日は朝から晴天で

続きを読む

「少年と犬」
2020年08月21日20:36

歌舞伎町の中国人マフィア社会を描いた「不夜城」の著者、馳星周は実は大変な愛犬家で愛犬のためにかつて東京から軽井沢に引越し、その生活を綴ったブログを書いています。その著者が犬を描いた小説が今回直木賞を取ったというので、楽しみにしていました。第

続きを読む

コロナを抑え込んだように見られた韓国で先週、教会から数百人のクラスターが発生。1日の新規感染者は14日から連続100人を超え、ここ6日間の新規感染者数は計1288人。ドイツでも一旦落ち着いていた新規感染者数が、5月の水準まで急増。スペインでもフランス

続きを読む

ゾンダーコマンドのこと
2020年08月17日11:25

昨夜のNHKスペシャルは「アウシュビッツ死者たちの告白」と題する、ゾンダーコマンドの特集番組でした。”ガス室跡の地中から謎のメモが見つかった。最新技術で解読したところ、書いたのは同胞をガス室へ誘導する役割や死体処理などを担ったユダヤ人特殊部隊

続きを読む

子犬を抱いた少年
2020年08月16日16:50

FaceBookでこの写真が廻ってきました。説明がないのでよく分からないのですが、特攻隊兵の写真といったら普通は恐ろしいほどに真剣な顔をしているのに、子犬を囲んでみんな、なんと和やかな顔をしていることか。右後ろの少年はおどけた顔をして斜め方向を向い

続きを読む

暑苦しい夏
2020年08月15日22:36

熱中症警戒アラートは発令されるわ、コロナは蔓延するわ、どうにも暑苦しい夏です。今日のコロナ関連のニュースの中で一番驚いたのは、飛行機内での感染事例でした。新千歳空港発成田空港着の飛行機に搭乗していた、40代の男性が感染。その前の座席に座ってい

続きを読む

結婚して40年になる専業主婦ブリット・マリーは、忙しい夫のために食事を作り、家の中を綺麗に整えることが自分の仕事と信じていた。ある日夫が急病に倒れたと知らされ駆け付けると、そこには愛人が付き添っていた。ブリット・マリーはスーツケース一つで家を

続きを読む

「東京奇譚集」
2020年08月10日12:08

村上春樹の「一人称単数」を読んで、その中の「品川猿の告白」の前編が収められている「東京奇譚集」を読み返してみました。2005年の発売で、ブログを始める前だったので私は読後感想を書いていない。結構面白いのにということで今更ですが、簡単な感想文を書

続きを読む

今日という日は
2020年08月09日10:41

今日の時点で日本の感染者は4万7千人超、死者は1043人。東京は連日400人越えの新規感染者。都知事は東京から出るなと訴え、政府はGoToトラベル・キャンペーンを続行中。地方は自治体によって、来てくれるなと訴えたり、気を付けて来てくれと言ったり。一体ど

続きを読む

「一人称単数」
2020年08月08日16:39

6年ぶりの短編集ということで、おおいに期待したのですが。しかも表紙が、今までの春樹の作品とまるで違う。パステルカラーのイラスト調で、公園のベンチと長い髪の少女が描かれている。帯には「短編小説はひとつの世界の切り口だ 世界は流れていく 物語が

続きを読む

第二次世界大戦直前、オーストリアはナチスドイツによる併合が迫っていた。自然に囲まれたアッター湖畔に暮らすフランツ(17歳)は、ウィーンのタバコ屋で働くことになる。店主のオットーに教えて貰い社会に馴染んでいく日々、馴染み客のフロイト教授(ブルー

続きを読む

渋谷の新名所Miyashita Park
2020年08月05日21:57

映画を見る前のランチに、昨日オープンしたばかりのMiyashita Parkに行ってきました。渋谷駅のすぐ隣、明治通りにある細長い宮下公園。私の学生時代には恋人たちの憩いの場所、その後ホームレスのねぐらとなり、その後フットサルコートなどがあるNikeパークと

続きを読む

うっとりフルーツ
2020年08月04日12:53

今年の首都圏の7月は、まったく雨が降らなかった日が一日しかなかったのですって。今更ながらにビックリ。しかし、長い梅雨が明けたら、猛暑にもうフラフラ。こんな時は、甘く冷たいフルーツが本当に美味しい。頂きものの宮古島の完熟マンゴー。この剥き方だ

続きを読む

「平場の月」
2020年08月02日10:30

中学の同級生であった二人の男女(青砥と須藤)が地元で三十数年ぶりに再会したことから始まる、50代の恋愛小説です。ともにバツイチ、触れられたくない過去や、老親や、病気やしがらみなど色々なモノを抱えていて、惹かれ合ったからといって若者のようにすぐ

続きを読む

公共図書館に立てこもったホームレスたちと、巻き込まれた図書館員の一夜を描いたヒューマン・ストーリー。大寒波の夜のシンシナティ、避難シェルターが満杯になったからと、ホームレスの集団が図書館を占拠。図書館員のスチュアート(エミリオ・エステべス)

続きを読む

今日、全国のコロナの感染者は1002人。そして岩手でも遂に2人が。そんな今日の新聞の週刊現代の広告の見出しに、目が釘付けになりました。「結局、日本だけが生き残るかもしれない 日本のコロナは他の国とは別物です 一日千人感染でも怖がってはいけない 

続きを読む

雨が止むのを待って昨日の夕方、タロウの散歩に行った時に見かけた花。6時半頃だったでしょうか。なんとも妖艶にレースを広げた、カラスウリの花。これは夜にだけ咲いて、朝にはしぼんででしまいます。こんなにもあでやかなのは、花粉を媒介してくれる夜行性

続きを読む

梅雨のさなかの四連休
2020年07月25日20:42

本来、オリンピックの開幕に合わせて作られたという四連休は、梅雨も明けないまま、ジメジメムシムシの中で過ぎていきます。昨夜のニュースで、タイは24日時点で連続60日間新規感染者ゼロであると言っていました。そしてタイでもGoToトラベルのようなキャンペ

続きを読む