mixiユーザー(id:5476786)

2021年09月22日03:08

61 view

デビュー戦略は難しい (#477)

side A
1. Overflow / King Gnu
2. Somebody Made for Me / Emitt Rhodes
3. (That Is What They Call) Paradise / AB's
4. We Are Between / Modest Mouse
5. With My Face on the Floor / Emitt Rhodes
6. BZ BZ / Rei

side B
1. 小さな惑星 / King Gnu
2. Czechoslovakia / Julie Driscoll, Brian Auger & the Trinity
3. 誰かがベッドで眠ってる / RC Succession
4. ぷしゅ / くるり
5. 毒味 / 東京事変
6. Fuck Your Acid Trip / Modest Mouse

bonus
1. 銀河民 / 東京事変
2. Lark / 角銅真実
3. Long Time No See / Emitt Rhodes
4. Lullaby / 角銅真実
5. 赤の同盟 / 東京事変
6. The Reflection / Rei
7. Stay in the Night / AB's

Reiという名前の女性ギタリストのことを知ったのは、2017年に河出書房新社から出た「文芸別冊 ジェフ・ベック」というムック本に彼女のインタビューが6ページにわたって掲載されていたことからです。当然ながらギタリストとして影響を受けたジェフについての質問がほとんどで、当時24歳という年齢よりもずいぶん幼く見えるポートレイトは載っていたものの本人のプロフィールの記載がないという、ムックの誌面構成においてなんとも不思議な存在感を呈していたのですが、インタビューの終盤に、

わたしがいつか、自分のシグネチャーサウンドを手に入れたときに、正々堂々、共演できるようになりたいです。

この言葉に、グッと胸を掴まれるものがあったんですね。そもそもこの本で取材を受けるくらいだから、かなり本格的なミュージシャンシップをお持ちなのではないかという期待はあったのですが、
それからしばらく経ってブッ飛ばされたんですね。20年頃だったかな。東京モード学園のCM! こんなカッケーんだ!!

それからたまたま回したWOWOWのチャンネルで細野さんのステージのゲストで独演しているところにもブチ当たったり。うわーホント凄いなこの子、とりあえずタワレコオンラインで探してみるかと思い立ったのが今年の夏とはだいぶ遅れちゃってはしまったんですが、
デビューアルバムはどれなんだ? どうやらこれだな?――というのが18年リリースの『Rei』。まずこれから聴いてみよう、と。

ジャケットのどアップポートレート、まるで●橋未歩さんみたい。これは☆跡の1枚か? なんてことを言っちゃいけませんが、(逆に)一抹の不安は過るのであります。
――うーん、とりあえず東京モード学園も細野さんのゲストで演ってた曲も、これには入っていないようだなあ。というか、それに近い骨太なオーセンティックロッカーとしての彼女は、この時点ではまだ姿を現してはいないようです。
でも、例のムックに登場してある意味ビッグマウスを叩いている頃に制作されていたわけですから、ポテンシャルはそこここに十分感じられるんですよ。ギターめちゃ上手いし。ただ、「弾きまくっている」感じはまだないんだよね。

まあ、「どういう路線で売り出そうか」という企画会議的なものが例によってあって、「キュートなオールディーズ好き少女」的なイメージを打ち出そうとしたものと思われます。50年代ポップスおよびその影響下の80'sニューウェーブ(近田春夫プロデュース的な)寄りの曲群が一定の割合を占め、彼女の声質には合っているものの、ギターの腕と楽曲作りの巧みさとの間になんとも言えぬ齟齬が感じられ、雑多な印象となってしまった嫌いがあります。
しかもこの「中途半端なアイドル路線」、19年くらいから次々に出てきた異常にスキルの高いバンド/ユニット群の隆盛とともに、あっという間に「古くなってしまった」ように感じられる。本人も周囲も痛感してるんじゃないのかなあ。
――そう。もっとやりたいことをやりたいように演って正解、なのです。

それでも、アルバム冒頭のBZ BZなんてめっちゃ格好いいですけどね。Jeffで言ったらWho Else!的なサイバー感です。
ちなみに彼女はジェフのアルバムの中ではFlashがいちばん好き、なのだそうです。オジサンたちにはわからないなあ…と思うけど、彼女はこの頃からジェフがフィンガーピッキングにシフトしたことを重く見ているんですね。

というわけで、今日のウォークのお伴は前回の続き、649巻めのD面からはじまり、A面最後のBZ BZからが最新巻No.650です。
今日は80.6kgもあっただよ…。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年09月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930