mixiユーザー(id:5476786)

2021年09月16日02:30

24 view

ユーモアのために隙間を (#476)

side A
1. 雨の夜明け / 大貫妙子
2. Dive / AB's
3. どろん / King Gnu
4. Drifter / キリンジ
5. Finally Found You out / Julie Driscoll, Brian Auger & the Trinity

side B
1. Fresh as a Daisy / Emitt Rhodes
2. 5月のシンフォニー / 堀込泰行
3. 飛行艇 / King Gnu
4. 君を呼んだのに / RC Succession
5. Less Than Love / くるり

bonus
1. Maestranza / Fleet Foxes
2. Oh! Baby / RC Succession
3. 恐るべきジェネレーションの違い(Oh,Ya!) / RC Succession
4. Overflow / King Gnu

しまった! 649巻めを組み終わってから「君を呼んだのに」にはAnd I Called Your Nameという英題が付いていることに気づき、2曲めに曲順変更していたのに、それをMP上に反映するのを忘れておりました。Oh,Ya!のほうはどっちにしてもこの場所になるんだけどね。
両曲は、渋谷陽一氏のFM番組サウンド・ストリートでRCのBEAT POPS特集が清志郎&チャボ来臨のもとオンエアされた時からよく知ってまして。大家は当時から曲調も歌詞も大好きでしたが、
「君を呼んだのに」は久し振りに聴いて、「こんなすごい曲だったんだ」と改めて感じ入った次第。しかもたまたま、夕暮れ時にトキワ荘の近所をぐるぐる歩いてるときにあたっていたのは良かったよね。
どっちの曲も…来年の命日には演りたいですねえ。

最近の若い売れてるバンドたちが才能豊かである感触には決して素通りできないものがあり、とりあえず
「これはオレもイケるかも知れない」
と思わせたKing Gnuさんのアルバムから注文してみることにしました。
うーん。とりあえず言えるのは、他のバンドもそうなんだけどBPM速いなあ…。なんか生き急いでる感じばかりが伝わってくると言うか。歌詞もそういう感じだよね。
だいぶ時代は遡って2005年くらいかな、erskinという日本のバンドのCDを1枚持っているのですが、このバンドを思い出しました。この辺のミクスチャーロックのシーンから影響を受けたと思しき音の密度の濃さではあります。
歌詞における自意識の強度もそれ自体は決して悪くはないんだけど、たとえばこう、ユーモアのためにスペースをつくってくれたらいいのになあ、って思う。それこそRCみたいに。

今日は80.0kgジャスト!
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する