ホーム > mixiユーザー(id:5456296) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5456296)

日記一覧

下記は、2016.6.30 付の ロイター の記事です。                     記 [北京/アムステルダム/ワシントン 30日 ロイター] - オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所は29日、南シナ海の約90%に主権が及ぶとする中国の

続きを読む

 下記は、2016.6.30 付の JBpress に寄稿した、 北村 淳 氏の論考です。中国共産帝国主義は、南支那海でも尖閣同様の強盗を正当化しようとしてますので、日本も尖閣諸島を断固として守り抜かなければならないと思います。中国の手先と化して、沖縄を中国に手

続きを読む

 下記は、2016.6.30 付の Bloomberg の記事です。                    記 (Bloomberg) -- 英国が欧州連合(EU)離脱を選んだことは、バーバリーやハロッズ、リバティといった英国の高級品店やメーカーと、そこで買い物をし

続きを読む

 下記は、2016.6.30 付の【阿比留瑠比の極言御免】です。                       記 29日の産経新聞朝刊1面(東京版)で、2つの記事を読んで、深い感慨を覚えた。中国軍機が東シナ海上空で、航空自衛隊機に「攻撃動作」を仕掛け

続きを読む

 下記は、2016.6.30 付の産経ニュースの記事です。                        記 東シナ海の軍事的緊張が、海上のみならず上空でも高まっている。中国軍の戦闘機が今月17日など複数回にわたり、航空自衛隊機に対し、これまでにない

続きを読む

 下記は、2016.6.29 付の ロイター の記事です。                    記 [ブリュッセル 27日 ロイター] - 欧州議会の幹部は27日、英国が欧州連合(EU)を離脱すれば、英語はEUの公用語ではなくなる可能性があると

続きを読む

 下記は、2016.6.28 付の JBpress に寄稿した、元空将 織田 邦男 氏の論考です。この事も、日本国民全員が知っておくべき内容だと考えます。                        記  6月9日、中国海軍ジャンカイ級フリゲート艦1隻が尖閣諸

続きを読む

 下記は、2016.6.29 付の産経ニュース【スポーツなんでやねん】です。                     記 むやみに「歴史」を歪曲(わいきょく)したがるのが常套(じょうとう)手段の韓国でも、さすがに唖然(あぜん)となっているようだ。韓国

続きを読む

若旦那の道楽 
2016年06月28日17:29

 下記は、2016.6.28 付の【産経抄】です。                       記 落語に出てくる若旦那といえば、大方は道楽者と決まっている。ちやほやされているうちはいいが、親に勘当されるとたちまち窮してしまう。 ▼「船徳(ふなとく)

続きを読む

 下記は、2016.6.27 付の産経ニュース【日本共産党研究】です。現在の憲法に反対したのは、当時の日本共産党でした。その理由は、独立国が軍隊を持つのは当然だとしてです。しかし、スターリンの指示で、途中から反対を止めました。それは共産軍が武力進駐し

続きを読む

 下記は、2016.6.27 付の産経ニュース【経済裏読み】です。                      記 毎年10月になると韓国メディアは、自然科学分野のノーベル賞受賞者ゼロをめぐる原因分析、政府などに対する責任追及に余念がない。しかし今年は

続きを読む

 下記は、2016.6.27 付の 東洋経済オンライン に寄稿した、 山本 謙治 氏の記事です。                       記 肉、魚、野菜――。こうした食品は、われわれが毎日のように口にするものだ。しかし、その安全性について、

続きを読む

 下記は、2016.6.27 付の産経新聞【正論】です。                        記 6月23日の国民投票の結果には一瞬絶句した。英国の大衆迎合型民族主義を過小評価したことを思い知らされた。同日付本紙コラムで筆者はこう予想した。

続きを読む

 下記は、国際政策コラム<よむ地球きる世界>No.207 by 大礒正美(国際政治学者、シンクタンク大礒事務所代表)からの転載です。これは、日本人必読の内容です。                     記 平成28年6月27日          中

続きを読む

 下記は、2016.6.26 付の 東洋経済オンライン に寄稿した、 近藤 大介 氏の記事です。                      記 このたび、『パックス・チャイナ 中華帝国の野望』(講談社現代新書)を上梓した。「パックス・チャイナ」という

続きを読む

 下記は、2016.6.25 付の 東洋経済オンライン に寄稿した、 中村 陽子 氏の記事です。                       記 病院ランキングや名医ガイドのたぐいが相変わらず人気を集めている。だが、『一流患者と三流患者』を書いた

続きを読む

 下記は、2016.6.25 付の産経新聞【ソウルからヨボセヨ】です。日本にも、特に日教組の中に、所謂「主体思想」を信奉している輩がいるようですね。                       記 江戸時代、禁止されていたキリスト教をひそかに信じてき

続きを読む

 下記は、2016.6.25 付の 東洋経済オンライン の記事です。                      記 英国保守党・労働党双方のブレーンでもあったロジャー・ブートル氏は、2015年に上梓された『欧州解体』で、英国のEU離脱を予言していた

続きを読む

 下記は、2016.6.25 付の産経ニュース【英EU離脱】です。これは、正論だと思います。                        記 英国の欧州連合(EU)からの離脱は金融主導の経済体制崩壊連鎖の号砲である。衝撃度は2008年のリーマン・シ

続きを読む

下記は、2016.6.24 付の ZUU Online の記事です。                          記伝説の男が、また伝説を生み出した。1992年に英国中央銀行にポンド売りを浴びせて巨額の利益を上げ、当時の欧州為替相場メカニズム(ERM)か

続きを読む

 下記は、2016.6.23 付の産経ニュース【緊迫・南シナ海】です。                       記 【シンガポール=吉村英輝】インドネシア政府は23日までに、中国が軍事拠点化を進める南シナ海での自国の権益保護に向け、国連海洋法条約

続きを読む

下記は、2016.6.23 付の MAG2NEWS の記事です。                      記「一つの中国」という立場で、台湾を自国の一部と主張する中国。しかし、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著

続きを読む

 下記は、2016.6.23 付の産経ニュース【シャープ株主総会(1)】です。確かに日本社会では、企業の株主と経営者・従業員の関係が、良く解って無い面がありますね。はなはだしいのは、労働組合の中には株主責任などと言う、信じられないような無知蒙昧な発言

続きを読む

 下記は、2016.6.22 付の産経新聞【正論】です。                        記 ≪強烈な不満示した国防総省幹部≫ 先週、古屋圭司元拉致問題担当相と米国ワシントンを訪れ、多くの議員事務所で北朝鮮問題を中心に意見交換を行ってき

続きを読む

 下記は、iRONNAからの転載です。日本は反対に、その実力を隠そうとしますね。                    記 小原凡司(東京財団研究員・政策プロデューサー) 中国人民解放軍の活動が、ますます活発になっている。 特に、南シナ海の南沙諸

続きを読む

 下記は、2016.6.22 付の産経ニュース【防衛最前線(75)】です。                        記 6月9日午前0時50分ごろ、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域で海上自衛隊の護衛艦「せとぎり」の警戒監視網が、1隻の不審な船影

続きを読む

 下記は、2016.6.22 付の【産経抄】です。                        記 1972年9月、日中国交正常化のために訪中していた田中角栄首相の一行はある夜、毛沢東主席の家に案内される。「(周恩来首相との)喧嘩(けんか)は済みま

続きを読む

下記は、2016.6.21 付の MAG2NEWS の記事です。 トヨタは日本の新幹線技術を中国に、二束三文で売り渡した張本人です。正しく売国奴企業と言っても、間違いでは無いと思います。                      記「なぜトヨタが5年

続きを読む

 下記は、2016.6.21 付の ダイヤモンド・オンライン に寄稿した、 加藤嘉一 氏の論考です。この加藤嘉一と言う人物は経歴詐称など、一部信用できない面もありますが、この論考は一見マトモニ思えます。しかし、よく考えて見ればやはり中国共産党に

続きを読む

 下記は、2016.6.21 付の産経ニュースの記事です。流石に共産党らしいやり方ですね!                      記 ハーバード大学の研究チームの調査で、中国政府は1年間に推定5億件弱の「ニセのソーシャルメディア投稿」を行っているこ

続きを読む