ホーム > mixiユーザー(id:5456296) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5456296)

日記一覧

 下記は、2016.4.30 付の産経ニュース【iRONNA発】の転載です。 多分、舛添都知事の出自と関係しているからではないでしょうか?それ故、日本文化の精神性が、根本から欠けているのだと思われます。                     記 東

続きを読む

 下記は、2016.4.30 付の【産経抄】です。                       記 「軽蔑すべき敵たちを持ってはならない」。ドイツの哲学者、ニーチェはこう戒めている。むしろ、自分の敵を誇りとすれば、敵の成功は己の成功でもあるのだと。滋

続きを読む

 下記は、2016.4.29 付のSPA! の記事です。                      記 乗車率が100%を超える繁忙期の新幹線では、指定席のチケットが取れず、自由席も座れない……なんてことも当たり前。 JR東日本のよると、繁忙期は3月21日〜4

続きを読む

 下記は、2016.4.29 付の産経新聞【正論】です。  毛沢東は、日本軍によって共産党政権が樹立出来たと、日本軍に感謝を致しましたが、それともう一つ、満州国の建国理念を本当は尊敬していたのです。中国共産党の建国理念は、満州国のそれの、コピー拡大版

続きを読む

 下記は、2016.4.29 付の サーチナ モーニングスター株式会社 の記事です。                        記 中国メディア・捜狐は26日、「日本は一体どれだけ発展しているのか」と題し、ネットユーザーから寄せられた「だか

続きを読む

 下記は、2016.4.29 付の【産経抄】です。 舛添都知事は、日本国籍であると言っても、純粋な日本人ではないそうですので、其の辺の文化的精神性が、少し違うのではないだろうか。                        記  江戸町奉行というの

続きを読む

下記は、2016.4.28 付の ロイター の記事です。                       記[東京/パリ/シドニー 28日 ロイター] - 初の大型武器輸出として日本が目指したオーストラリア向け潜水艦「ごうりゅう」の受注は、幻に終わった。首

続きを読む

 下記は、 2016年1月27日付のMAG2NEWSの記事です。本当だろうか?最終組み立ては三菱重工だから、最近の三菱自動車の件を考えると少し不安になります。ただ、米国製の戦車も、米海軍の最新艦艇も、そして米国の高層ビルの鉄骨も、日本製の鋼鉄が使用されてい

続きを読む

 下記は、2016.4.28 付の ダイヤモンド・オンライン 週刊ダイヤモンド編集部 の記事です。                      記 燃費偽装問題に揺れる三菱自動車。2000、04年の相次ぐリコール(回収・無償修理)隠し問題で経営危機に陥った際

続きを読む

 下記は、2016.4.27 付の産経ニュース【世界からみるWEST】です。                        記 5月26、27両日に開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)にあわせてオバマ米大統領が被爆地の広島を訪問するかに注目が集

続きを読む

 下記は、2016.4.27 付の産経ニュース【竹島を考える】です。                       記  日本政府の近隣諸国に対する外交姿勢は、戦前と戦後で大きく変わった。戦後の日本は、竹島問題や拉致問題など難問題は先送りして、戦略的な

続きを読む

 下記は、2016.4.27 付の ダイヤモンド・オンライン に寄稿した、 中島 恵 氏の記事です。                       記 「中島さん、無事にご到着されましたか。すみません。もしかして、出口で私が見つけられなかったのではないか

続きを読む

 下記は、2016.4.27 付の【産経抄】です。 結果的に良かったと、私は思います。                       記 海上保安庁は昨年8月、長崎県の五島列島沖の海底で、24個の船影を発見した。戦後、米軍が旧日本海軍から接収し、爆破処

続きを読む

 下記は、2016.4.26 付の産経ニュース【豪次期潜水艦】です。                       記 オーストラリアの次期潜水艦の共同開発相手選定で日本が敗れた背景には、総選挙を控えた豪ターンブル政権が現地の雇用を優先させたことがある

続きを読む

 下記は、2016年4月27日付のMAG2NEWSの記事です。                       記  ほぼ確実になったと言われる、オバマ大統領の広島訪問。原爆を投下した国の大統領が被爆地に立つという「歴史的出来事」に関しては、被爆者の方々からも

続きを読む

 下記は、2016.4.26 付の産経新聞【正論】です。これは国民必読の論考だと思います。                       記  安倍晋三首相が憲法改正を「在任中に成し遂げたい」と発言して以来、憲法改正論議が過熱化してきた。改正反対派はす

続きを読む

 下記は、2016.4.26 付の ダイヤモンド・オンライン に寄稿した、中島 恵 氏の記事です。                     記 熊本地震が発生し、中国のSNSでは被災地の熊本を思いやる投稿や、スマートフォンやSNSを介した義援金の「中国

続きを読む

 下記は、2016.4.25 付の産経ニュース【産経・FNN世論調査】です。                      記  産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は23、24両日に合同世論調査を実施した。安倍晋三内閣の支持率は49.4%で前

続きを読む

 下記は、2016.4.25 付の産経ニュースの記事です。                         記 激動の明治期。話し言葉と書き言葉を一致させ、全国民が理解できる日本語(標準語)を作ろうと奔走した男がいる。日本人初の言語学者、上田万年(1

続きを読む

 下記は、2016.4.25 付の産経ニュース【軍事ワールド】です。朝鮮動乱の時、韓国陸軍は直ぐに逃げ出したそうですが、日本陸軍士官学校出身者の指揮する中隊だけは最後まで頑張ったと聞きました。同様に北朝鮮軍も、米軍を主力とする国連軍の反撃にあうと、金

続きを読む

 下記は、2016.4.24 付の産経新聞【正論】です。                       記  今、三つの「妖怪」が世界を徘徊し、人々の心を不安にさせている。 その一つはイスラム過激派による「テロの大波」である。二つ目は、冷戦後の世界で急

続きを読む

 下記は、2016.4.23 付の産経ニュース【慰安婦をめぐる損賠訴訟】です。                         記  「慰安婦記事を捏造(ねつぞう)した」などの指摘で名誉を傷つけたなどとして、元朝日新聞記者の植村隆氏から訴えられている

続きを読む

 下記は、2016.4.24 付の産経ニュースの記事です。                       記 島根県で唯一、本格的な鋼船の製造を手がける松江市の福島造船鉄工所で、フィリピンの海運会社から受注した貨物船が建造された。今年1月に進水式を行い

続きを読む

 下記は、JOG-Mag No.948の転載です。                      記■■ Japan On the Globe(948) ■■ 国際派日本人養成講座 ■■ 歴史教科書読み比べ(26) 足利義満の野望 貿易のために明への臣従外交を行い、皇位簒奪まで図

続きを読む

 下記は、2016.4.24 付の産経ニュース【新聞に喝!】です。                         記 新聞社や、新聞記者などニュースに携わる関係者の「使命」って、何でしたか。 例えば産経新聞では、昭和45年策定の「産経信条」がネット

続きを読む

 下記は、2016.4.24 付の サーチナ モーニングスター株式会社 の記事です。                      記  国産初のステルス実証機「X2」が22日、名古屋空港を飛び立ち、航空自衛隊岐阜基地までの初飛行に成功した。中国ではかねて

続きを読む

 下記は、2016.4.23 付の【産経抄】です。やはり特定の反日勢力による、一方的な意見に基づく結果だったのですね。                   記 「日本の報道の独立性は重大な脅威にさらされている」。国連人権理事会の特別報告者、デービッド

続きを読む

 下記は、2016.4.23 付の産経ニュース【単刀直言】です。 オスプレイは単なる高性能な輸送機であるだけなのに、それに反対する本当の目的は別にあるからです。                        記  熊本地震の救援活動のため、在日米海兵

続きを読む

 下記は、2016年4月22日付のMAG2NEWSです。                      記  開催が迫る伊勢志摩サミットでの来日時に、オバマ大統領が広島平和記念公園に献花を行うのではないかと噂されています。米国の大統領が原爆の責任を認め謝罪する

続きを読む

 下記は、2016.4.22 付の産経新聞【正論】です。                       記  国連体制下で生まれた新生児 憲法改正への賛否を問われるならば、私は賛成論者である。1974年に防衛大学校で教壇に立つことになった私にとっては、

続きを読む