ホーム > mixiユーザー(id:5456296) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5456296)

日記一覧

 下記は、2018.1.31 付の【神戸「正論」懇話会】です。                        記 神戸「正論」懇話会の第3回講演会が31日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテルで開かれ、同志社大前学長で教授の村田晃嗣(こうじ)氏が「東ア

続きを読む

 下記は、2018.1.31 付の産経ニュースの記事です。                        記 北朝鮮制裁には「抜け穴」があった。核・ミサイル開発資金を獲得する裏ルートを実務者として徹底追跡した国連安保理北朝鮮制裁委員会専門家パネル元委

続きを読む

 下記は、2018.1.30 付の【産経抄】です。                        記 「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ」。平昌五輪の女子スピードスケートの金メダル候補、小平奈緒選手はシーズン前、インド独立の父、マ

続きを読む

 下記は、2018.1.30 付の【ソウルからヨボセヨ】です。                        記 開幕まで10日となった平昌五輪の開会式場の近くで、ボランティアとして五輪に参加する20代前半の男女から話を聞く機会があった。いずれも山間

続きを読む

 下記は、2018.1.30 付の AERA dot. に掲載された、AERA 2018年2月5日号の記事です。                        記 時が経ち、忘れた頃にシレッと出すとは何事だ。早期に津波対策を講じる好機がありながら、あろうことか東

続きを読む

 下記は、2018.1.30 付の サーチナ モーニングスター株式会社 の記事です。                      記 今なお根強い反日感情が存在する中国では、日本は歴史問題に対して誠意ある対応を取っていないという声が存在する。日本

続きを読む

 下記は、2018.1.30 付の 産経新聞 の記事です。現在の中国人の9割は、古代中華文明を築いた人達の子孫では無く、北方から侵入して来た騎馬民族であり、所謂、馬賊の子孫達である為に、マトモナ民族ではありません。それ故、しょうがないのかも知れ

続きを読む

 下記は、2018.1.30 付の【愛媛「正論」懇話会】です。                       記 松山全日空ホテル(松山市)で25日に開かれた愛媛「正論」懇話会の第52回講演会は、北朝鮮による日本人拉致事件をスクープし、新聞協会賞を受賞

続きを読む

下記は、2018年1月30日 付の MONEY VOICE の記事です。                        記バブルに踊る投資家は、常に高いところで買わされ、安いところで売らされる。彼らは「周囲が儲けている」ことに恐怖しているのだ。どういうことか?

続きを読む

 下記は、2018.1.30 付の JBpress に掲載された、HONZ 特選本 『八甲田山 消された真実』です。                        記 (文:塩田 春香) “神成大尉は、二一〇人の兵隊を凍死させたのは自分の責任であるから自分

続きを読む

 下記は、2018.1.29 付の産経ニュース【万象】です。                       記 暗黒の宇宙に輝く鮮やかなリングは「超新星1987A」。巨大な恒星が最後に起こす超新星爆発と呼ばれる大爆発の残骸だ。星の材料となるさまざまな物

続きを読む

 下記は、2018.1.30 付の 文春オンライン に寄稿した、高橋 五郎 氏の記事です。                       記 残留農薬など中国食品の問題はなぜなくならないのか。中国各地の農村に赴き、調査をしている高橋五郎・愛知大学

続きを読む

下記は、2018.01.30 付のMAG2NEWS に掲載された、 津田慶治 『国際戦略コラム有料版』 の転載です。                       記先日、ダボス会議で行った米トランプ大統領の演説が、一部メディアで「中国への貿易戦争宣戦布告」等と報

続きを読む

 下記は、2017年12月21日付のAbemaTIMESよりの転載です。                        記拠点は新橋の雑居ビル「1007号室」 国連制裁の裏で、北朝鮮貿易に暗躍する日本人が! 北朝鮮に科せられた国連制裁。しかしその"抜け穴"に日本人

続きを読む

 下記は、2018.1.28 付の産経ニュース【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】からです。                       記 旧制平壌一中に「●江(ばいこう)」という同窓会誌がある。昨年秋に発行した続編第一号で『“従軍慰安婦”虚報

続きを読む

 下記は、2018.1.29 付の【正論】です。                        記 松陰を慕ひ、松下村塾に言及する人は今尚(なお)多い。しかし松陰の何に人は惹(ひ)かれてゐるのか。下田に停泊中の黒船に乗り込む勇気、罪せられても恐れず直

続きを読む

 下記は、2018.1.29 付の JBpress に寄稿した、 高濱 賛 氏の記事です。                        記「株価と雇用」を自画自賛するトランプ ドナルド・トランプ米大統領は、就任2年目に入り、株価の上昇や低い失業率など好調な経済

続きを読む

 下記は、2018.1.29 付の【野口裕之の軍事情勢】です。                        記 韓国が「約束を守る」国だとは、知らなかった。 何しろ、韓国の文在寅・大統領が10日の年頭会見で、「最終的かつ不可逆的な解決」を確認したは

続きを読む

 下記は、2018.1.29 付の産経ニュース【平昌五輪】です。                       記 韓国・平昌(ピョンチャン)五輪がにわかに、オリンピックならぬ「ウリンピック」の色彩を濃くしてきた。北朝鮮と韓国の「従北」文在寅(ムン・ジ

続きを読む

 下記は、2018.1.29 付の 文春オンライン の記事です。中国人の中には、我々日本人の想像を超える倫理観を持っている者が、数多くいるのではないでしょうか・・・?                        記 野菜作りに欠かせないのは

続きを読む

 下記は、2018.1.29 付の ダイヤモンド・オンライン に寄稿した、武藤正敏 氏の記事です。                        記北朝鮮のオリンピック参加で文大統領は宣伝工作に利用される 南北朝鮮は、1月9日の閣僚級会談で「平昌

続きを読む

 下記は、2018.1.28 付の 産経新聞 の記事です。                         記 中国を訪問中の河野太郎外相は28日夜、王毅外相らとの一連の会談を終え、北京市内のホテルで記者団の質問に答えた。ぶら下がり取材の詳報

続きを読む

 下記は、2018.1.29 付の JBpress に寄稿した、渡邊 光太郎 氏の記事です。                       記 世界の自動車産業はロシアに依存する・・・。ロシアの自動車産業の実態を知る方々にとってはオイオイと言いたくなるフ

続きを読む

下記は、2018.1.28 付の BUSINESS INSIDER JAPAN に寄稿した、小島寛明 氏の記事です。                       記仮想通貨取引所コインチェックから、約580億円相当の仮想通貨NEM(ネム)が不正に引き出された問題を受け、B

続きを読む

 下記は、2018.1.28 付の【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】です。                       記 北朝鮮のアイスホッケー女子選手団が現地入りするなど、平昌(ピョンチャン)冬季五輪は9日の開幕に向け始動したが、いまだに不透明な

続きを読む

 下記は、2018.1.28 付の サーチナ モーニングスター株式会社 の記事です。                       記 まもなく開幕する平昌冬季五輪。2020年には東京五輪も控えているが、五輪出場はスポーツ選手にとって重要な目標で

続きを読む

 下記は、2018.1.28 付の AFPBB News の記事です。                       記【AFP=時事】中国の劇的な経済成長を支え、故郷から遠く離れた地であくせく働いてきた出稼ぎ労働者たちが今、お払い箱にされようとしている。当

続きを読む

 下記は、2018.1.27 付の 東洋経済オンライン に寄稿した、二階堂 遼馬 氏の記事です。                        記 失ったのは580億円相当――。1月26日、仮想通貨取引所大手のコインチェックで大規模な不正アクセスが明

続きを読む

 下記は、2018.1.27 付の産経ニュース【編集者のおすすめ】です。                        記 2017年ほど、報道の真実性について議論が巻き起こった年はない。第2次安倍政権の誕生によって政治状況が安定して以来、メディアは

続きを読む

 下記は、2018.1.27 付の産経ニュース【外交安保取材】です。                       記 河野太郎外相(55)が8日、地元の神奈川県茅ケ崎市の会合であいさつした際、「日本の外交は危機に直面していると言わざるを得ない。今まで

続きを読む