ホーム > mixiユーザー(id:5456296) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5456296)

日記一覧

 下記は、2017.1.31 付の産経ニュース【アメリカを読む】です。                      記 ドナルド・トランプ米大統領(70)が指名した閣僚の陣容では退役軍人の積極的な起用が目を引く。「制服」への傾倒は、世界の強力な指導者を

続きを読む

 下記は、2017.1.31 付の JBpress に寄稿した、元共産党 No.3 筆坂 秀世 氏の記事です。                     記 1月28日、トランプ氏が大統領に就任しから初めての電話会談を安倍首相との間で行った。トランプ大統領は冒頭で「娘の

続きを読む

 下記は、2017.1.31 付の産経ニュース【ビジネス解読】です。                       記 トランプ米大統領の対中国強硬姿勢をめぐり、中国側は“報復カード”を相次いで切っている。米自動車メーカーへの制裁措置を科したほか、習近

続きを読む

 下記は、2017.1.31 付の【正論】です。                    記≪憐みもたれたハーンの死≫ 日本は「良い国」か「悪い国」か。明治29年、ラフカディオ・ハーンが小泉節子と結婚、わが国に帰化するや、在留西洋人はHearn wen

続きを読む

 下記は、2017.1.30 付の産経ニュース【参院予算委員会】です。 この蓮舫と言う人物の本当の祖国は、名実共に中国ですから、中国の工作員まがいの事をやるのは当然なのかも知れません。                      記 民進党の蓮舫代表は

続きを読む

 下記は、2017.1.31 付の【ソウルからヨボセヨ】です。この河野洋平と言う人物は、本当の売国奴ですね!                      記 韓国の日本に対する独り相撲が続いている。昨年12月末の釜山(プサン)の日本総領事館前への慰安婦

続きを読む

 下記は、2015.6.24 付の産経ニュースの記事です。                      記 尖閣諸島(沖縄県石垣市)を日本領と記した19世紀後半の英国、ドイツ製地図が現存していることが明らかになった。いずれも日清戦争(1894〜95年)

続きを読む

 下記は、2017.1.31 付の産経ニュース【軍事ワールド】です。                      記 トランプ新大統領の就任に合わせ、「狂犬」のあだ名を持つジェームズ・マティス氏も国防長官に正式に就任。3日に日本を訪れ稲田朋美防衛相と会

続きを読む

 下記は、2017.1.30 付の産経ニュースの記事です。 車輪のタイヤは数回の飛行で、全部新品と交換してる筈ですから、整備ミスでしょうね!                    記 30日午後1時20分ごろ、那覇空港から離陸しようとした航空自衛隊の

続きを読む

 下記は、2017.1.30 付の産経ニュースの記事です。                     記 政党支持率が1桁台の“低空飛行”を続ける民進党で、蓮舫代表の足元がにわかに怪しくなってきた。旧維新の党系の松野頼久元官房副長官らが「蓮舫降ろし」の

続きを読む

 下記は、2017.1.30 付の サーチナ モーニングスター株式会社 の記事です。                      記 28日に春節を迎えた中国は新年の祝賀ムードに包まれている。安倍晋三首相をはじめ各国の首脳がお祝いメッセージを発表

続きを読む

 下記は、2017.1.30 付の JBpress に寄稿した、 加谷 珪一 氏の記事です。   加谷 珪一   評論家。東北大学卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務に従事。その後、コンサルティング会

続きを読む

 下記は、2017.1.30 付の産経ニュース【経済インサイド】です。                      記 1987年4月の国鉄分割民営化からまもなく30年。この節目の年の位置付けについて、JR東海の柘植康英(つげ・こうえい)社長(63)は

続きを読む

 下記は、2017.1.30 付の産経ニュース【衝撃事件の核心】です。                     記 警察当局が革マル派議長の「本名」を突き止めた−。一見しただけでは地味なニュースだが、公安関係者は色めき立った。革マル派は「身内相手にも

続きを読む

 下記は、2017.1.30 付の産経ニュース【経済裏読み】です。                       記 トランプ米大統領による環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)からの「永久離脱」表明や、日本の自動車メーカーへの“口撃”などで、日米の通商

続きを読む

 下記は、2017:1・29 付の 朝鮮日報 の記事です。知人から来たメールの転載です。                    記 【コラム】韓国はみんな狂っている、まともではない  「朴大統領ヌード風刺画」事件は、芸術の話とはいえない

続きを読む

 下記は、2017.1.30 付の【黒田勝弘のから(韓)くに便り】です。                      記 長崎県対馬市の寺から韓国人が盗んでいった仏像について韓国の地方裁判所が、日本に返さなくてもいいという判決を出した。その際、寺の元住

続きを読む

 下記は、2017.1.30 付の【野口裕之の軍事情勢】です。                      記 長目のネクタイを垂らした米国のドナルド・トランプ大統領が、先の尖った竹の枝で巨大なパンダをつっついている。 こんな政治漫画とともに、英紙フィ

続きを読む

 下記は、2017.1.30 付の ダイヤモンド・オンライン の記事です。 第一、SWAPに応じるのは、日本国民自身が許さないでしょう!                      記 厳しい経済状況の韓国が、日本との通貨スワップを望まないと言うの

続きを読む

 下記は、2017年1月29日 付の MONEY VOICE の記事から一部引用です。 非常に興味深い記事ですが、今後の展開を注意深く見守りたいですね!                    記 プロフィール:斎藤満(さいとうみつる) 1951年、東京生まれ。グロ

続きを読む

 下記は、2017.1.29 付の産経ニュース【世界ミニナビ】です。                      記 「世界に広がる春節(チャイニーズ・ニュー・イヤー)の祝賀は中国のソフトパワーだ」。中国共産党の機関紙、人民日報系の環球時報は28日に迎

続きを読む

 下記は、国際政策コラム<よむ地球きる世界>No.214    by 大礒正美(国際政治学者、シンクタンク大礒事務所代表) 平成29年1月29日          不可逆はない半島民族の日本蔑視 ある日本の大学で、韓国の大学教授を招いて特別講義をして

続きを読む

 下記は、2017.1.29付の毎日新聞 の記事です。                     記 風力発電の風車の羽根に野鳥がぶつかる「バードストライク」は、餌につられた「よそ見」が原因の可能性があるとする観察結果を、NPO法人「バードリ

続きを読む

 下記は、2017.1.29 付の【田村秀男の日曜経済講座】です。                     記 トランプ米政権が始動するや否や、口撃の矛先が日本車にも向けられたが、慌てることはない。事実関係を説明すれば済む。新政権の最大の標的は中国で

続きを読む

 下記は、2017.1.28 付の産経ニュース【一筆多論】です。                      記 米国のトランプ新政権が始動した。就任演説は大半が内政に割かれたが、外交面で気になる一文があった。「新しい同盟を形成する」。これはロシアとの

続きを読む

 下記は、2017.1.28 付の 毎日新聞の記事です。                     記 名古屋市立工業高校(名古屋市中川区)の飛行機同好会の生徒が1人乗り動力飛行機を作り、津市香良洲町の民営飛行場で28日、試験飛行に臨んだ。「日

続きを読む

 下記は、2017.1.28 付の産経ニュースの記事です。                     記 戦後最長の政権を築いた佐藤栄作元首相の首席秘書官を務めた楠田實氏が残した約9万2千ページの資料を、神田外語大の和田純教授が13年かけて分析、分類し

続きを読む

 下記は、2017.1.29 付の【花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈602〉】です。                      記 『週刊文春』『週刊新潮』(ともに2月2日号)、今週のトップが大混乱の韓国。ただし扱い方はかなり違う。 『文春』は記者を現

続きを読む

 下記は、2017.1.29 付の HARBOR BUSINESS Online の記事です。                      記 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2017年1月24日の夕方、防衛省の防衛通信衛星「きらめき2号」を搭載したH-IIAロケットを

続きを読む

下記は、MAG2NEWS に掲載された、2017.01.22 付の 伊勢雅臣『Japan on the Globe−国際派日本人養成講座』からの転載です。                      記今や日本を代表する企業として不動の地位を築き上げた「トヨタ自動車」ですが、その

続きを読む