ホーム > mixiユーザー(id:5456296) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:5456296)

日記一覧

 下記は、2016.1.31 付産経ニュースの【iRONNA発】です。                       記  中国はことあるごとに、「侵略戦争」を発動した日本という“歴史問題”を持ち出して、日本を国際社会における「永遠の罪人」に仕立て上げ

続きを読む

 下記は、2016.1.31 付の産経ニュース【「慰安婦」日韓合意】に関連する記事です。                       記  政府は2月15日からジュネーブで開かれる国連女子差別撤廃委員会の第63回会合で、慰安婦問題について「日本政府が

続きを読む

 下記は、2016.1.31 付の産経ニュース【露軍機領空侵犯】の記事です。                       記  トルコ外務省は30日、ロシア軍機がトルコ領空を侵犯したとして、ロシア大使を呼び出し強く抗議したと発表した。トルコが加盟する

続きを読む

 下記は、2016.1.31 付のプレジデントオンラインに寄稿した、中島 恵さんの記事です。                      記 「えっ、そんなことで怒られるの?」新興国の文化やマナーは、日本人にとってともすれば欧米よりわかりにくいもの。

続きを読む

 下記は、2016.1.29 付の産経ニュースの記事です。私も、彼女が嘘を言っているようには思えませんでした。                      記  STAP細胞論文の筆頭著者だった理化学研究所元研究員、小保方晴子氏(32)が28日、手記『

続きを読む

 下記は、2016.1.30 付の【産経抄】です。                       記  その小さな生き物を、首相官邸の外通路で見かけたのは数日前のことだ。だいだい色と黒の明暗が鮮やかな1匹の蝶(ちょう)が、羽を立てて壁面にひっそりととま

続きを読む

 下記は、2016.1.30 付の産経ニュースの【日韓頂上決戦】です。                       記  韓国紙中央日報(電子版)の日本語版は「独島(竹島のこと)、慰安婦…韓日戦はいつもサッカー以上に熱かった」との記事を掲載した。思わ

続きを読む

 下記は、2016.1.29 付の産経ニュース【長州「正論」懇話会】です。大変参考になります。                      記  長州「正論」懇話会の第12回講演会が29日、山口県下関市の下関市生涯学習プラザで開かれ、拓殖大学客員教授で

続きを読む

 下記は、2016.1.29 付の産経ニュースの記事です。中国内の様々な批評や意見が、大変面白いです。                       記 国産初のステルス戦闘機「心神」が28日に初公開されたことを受け、中国のインターネットには、称賛や批

続きを読む

 下記は、知人から来たメールの転載です。                       記  サーチナ 2016年1月20日 09時33分 (2016年1月23日 00時00分 更新)  中国メディア・鳳凰網は18日、「日本が核爆弾を保有するのにどれほどの時間が必要か」と

続きを読む

 下記は、2016.1.29付けのJBpressに寄稿した、 経済学者 池田 信夫 氏の論考です。     池田 信夫     経済学者。1953年生まれ。東京大学経済学部を卒業後、NHK入社。93年に退職後、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)教

続きを読む

 下記は、2016.1.29付のJBpressに掲載された、 Financial Times の記事です。                  (2016年1月28日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)                      記 今年に入って中国から流れてきたニ

続きを読む

 下記は、2016.1.29 付の産経ニュースの【スポーツなんでやねん】です。いずれ、真実の歴史を知ることになると思いますが、その時に韓国人は、本当に恥ずかしい思いをする事でしょう。  北朝鮮だけでなく、韓国も100%と言って良いほど、嘘八百の歴史教

続きを読む

 下記は、2016.1.29 付の【産経抄】です。                       記  英国の作家、ジェフリー・アーチャー氏(75)ほど、浮き沈みの激しい人生は、世界でもまれであろう。29歳で下院議員に当選したものの、投資詐欺にひっかか

続きを読む

 下記は、2016.1.27 付の産経ニュースの記事です。【動画】元零戦パイロット「仲間は傾きゆく天を支える気持ちだった」鹿児島鹿屋市でテスト飛行、フェンス越しに歓声は、下記のアドレスをクリックして下さい。                     

続きを読む

 下記は、2016.1.28 付の産経ニュース【日本千思万考】です。                      記 東南アジア諸国連合(ASEAN)が48年前に誕生した際は、もともと「政治・安全保障」と「社会・文化」両面で、共産主義化を逃れるなどの意

続きを読む

 下記は、2016.1.28 付の産経ニュース【「日本版ステルス機」お披露目】です。                       記  「先端技術を集めた兵器は美しい。秘密のベールに包まれた技術も神秘性をただよわせる」 とは、官民の防衛関係者が兵器を

続きを読む

 下記は、2016.1.27 付の産経ニュースの記事です。                       記 松山市道後町のひめぎんホールで26日、ジャーナリストの櫻井よしこ氏が「戦後70年 国家の岐路」と題して講演し、最新の国際情勢を披瀝(ひれき)し

続きを読む

 下記は、2016.1.27 付の産経ニュースの記事です。                       記  太平洋戦争中、日本海軍の主力戦闘機だった零式艦上戦闘機(ゼロ戦)を復元した機体が27日午後、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)で試験飛

続きを読む

下記は、2016.1.27 付のJBpress に寄稿した、一般社団法人ガバナンスアーキテクト機構研究員 部谷 直亮 氏の記事です。 部谷 直亮 一般社団法人ガバナンスアーキテクト機構研究員 成蹊大学法学部政治学科卒業、拓殖大学大学院安全保

続きを読む

 下記は、2016.1.26 付の産経ニュースの記事です。                       記 第二次世界大戦中に就航した潜水艦の中で最大の大きさを誇り、特攻機3機を搭載可能なことから“潜水空母”とも呼ばれた旧日本海軍の潜水艦「伊400」

続きを読む

 下記は、誠究塾のひとこと(38) です。                     記●歴史戦:歴史を学び未来を考える本部:猶太人対策要綱を取り上げるのはどうですか?━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

 下記は、2016.1.27 付の産経ニュースの【防衛最前線(54)】です。                      記  海上自衛隊の主力として、敵の艦艇や潜水艦への対処を主任務とするのが「たかなみ型」護衛艦だ。「むらさめ型」護衛艦の改良発展型と

続きを読む

 下記は、2016.1.27 付の ビジネスジャーナル の記事です。                      記 日本航空(JAL)の破綻以来、「日本の翼」の役割を背負ってきたANAホールディングスが大きな岐路に直面している。 中型機全盛の世界的な流れに

続きを読む

 下記は、2016.1.26 付の【九州「正論」懇話会 詳報】です。                      記  産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が26日、福岡市中央区のホテルニューオータニ博多で開かれた九州「正論」懇話会の特別講演会で、「読者や

続きを読む

 下記は、2016.1.26 付の【経済インサイド】です。三菱重工での2度に亘る火災事故は、放火だった疑いを私は感じております。名古屋工場でのF15のオーバーホール時の事故なども、私は異常さを感じておりましたから・・・・。                

続きを読む

 下記は、2016.1.26 付の産経ニュースの記事です。                      記  中谷元防衛相は26日の記者会見で、航空自衛隊「第9航空団」を今月31日に那覇基地(那覇市)で新編すると発表した。新たな航空団の編成は約50年ぶ

続きを読む

 下記は、2016.1.26 付の【産経抄】です。                      記  昭和37年11月、当時の皇太子ご夫妻は、フィリピンのマニラ国際空港に到着された。大統領官邸のマラカニアン宮殿までのパレードには、2、3メートルおきに完

続きを読む

 下記は、2016.1.26 付の産経ニュースの【視線】です。                       記  南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島が、元は日本の領土だったことをご存じですか。南シナ海問題をめぐる背景知識の一つとして紹介したいと思いま

続きを読む

 下記は、2016.1.25 付の産経ニュース【国外退去の仏女性記者独占インタビュー(上)】です。                      記 中国から昨年末に国外退去となったフランスのウルスラ・ゴーティエ記者が産経新聞の独占インタビューに応じ、中

続きを読む