ホーム > mixiユーザー(id:5456296) > mixiユーザーの日記一覧 > 反トランプ勢力の共通点 日本のテレビ報道ではわからない真実

mixiユーザー(id:5456296)

2017年08月31日12:33

24 view

反トランプ勢力の共通点 日本のテレビ報道ではわからない真実

 下記は、2017.8.31 付の【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】です。

                        記

 米南部バージニア州シャーロッツビルで12日、人種差別問題をめぐって衝突が起き、死者1人と十数人の負傷者が出た。南北戦争時に奴隷制度の維持を求めた南軍の司令官、ロバート・E・リー将軍の像撤去が原因だった。ドナルド・トランプ大統領のコメントを受け、日本メディアは「批判が一段と強まった」などと報じている。(夕刊フジ)

 騒動の根本には、米国のリベラル派が「米国版の文化大革命」を目指しており、これを阻止したい保守派と対立していることがある。私がこう説明しても、大半の日本人には意味不明だろう。日本メディアで米国の情報を十分に得ることは不可能だからだ。

 このコラムでも、残りの行数で説明するのは困難だ。23日に出演した「真相深入り! 虎ノ門ニュース」で詳しく解説したので、ユーチューブなどで見てほしい。

 本件に限らず、日本のテレビ報道をうのみにしたら、「トランプ氏はどうしようもない」「何もかも失敗続きだ」と印象付けられることは確実だと思う。米国人として「それは事実とは違う」と断言したい。

 偏向報道の故意犯は、最も糾弾されるべきだ。そして、疑うべき相手を信じて、信じるべき相手を疑った人は、「印象操作の被害者」ではあるが、冤罪(えんざい)に加担した過失犯でもあることを認識してほしい。

 トランプ氏に敵が多いことは事実だ。

 まず、大統領戦で負けた民主党である。おそらく「ヒラリー・クリントン大統領がよかった」と考える日本人は今も多いだろう。だが、クリントン財団の腐敗を知れば、一瞬で考えを改めるはずだ。腐敗した民主党には捜査のメスが入りつつある。この件は別の機会があれば書く。

 共和党内にも反トランプ勢力がいる。トランプ氏は予備選で勝つために、過激な発言を繰り返した。それを根に持ち、下品さを許せない人たちは、共和党の議員や支持者なのに、「ネバー・トランパーズ」(何が何でもトランプを支持しない人々)の一部になった。

 一方、トランプ氏を常に支持する「オールウェイズ・トランパーズ」もいる。私の妻はそれに近いかもしれないが、私は是々非々だ。

 官僚やFBI職員など、公務員にも反トランプ勢力がいる。仕事をサボったり情報をリークするなど、卑怯(ひきょう)な手を使う。

 そして、予備選のときから「メディアは嘘ばかりだ」と批判したトランプ氏にとって、主要メディアは最大の強敵である。

 複数の反トランプ勢力の共通点は、既得権益を守りたいことだ。トランプ氏は現在、公約通りに既得権益と戦っている。一筋縄ではいかない。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『儒教に支配された中国人・韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)、『日本覚醒』(宝島社)など。

 http://www.sankei.com/column/news/170831/clm1708310006-n1.html
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年08月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031