ホーム > mixiユーザー(id:5456296) > mixiユーザーの日記一覧 > 「立ち位置」見失った韓国外交、日本は放っておけばよい

mixiユーザー(id:5456296)

2015年05月27日18:51

110 view

「立ち位置」見失った韓国外交、日本は放っておけばよい

 下記は、知人から来たメールの転載です。

                         記

 2015.05.17付の夕刊フジ:連載:大前研一のニュース時評

  「2トラック政策」に言及した朴大統領だが、反日姿勢は変わりそうにない(聯合=共同)


 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は4日、韓国の外交について、「歴史問題に埋没することなく、別の観点に基づく明確な目標と方向を持って進めている」と述べた。対日政策では、歴史・領土問題と安全保障・経済問題を切り離して対応するという考えを示したといえる。

 韓国では最近、日本との関係強化を求める声が高まっている。外交当局も、歴史と他の問題を分ける「2トラック政策」で対応していると主張してきた。この件について朴大統領が正式に言及するのは初めてのことだ。

 これは朴大統領の敗北宣言といっていい。大統領自身がこういう発言をしたのは、自分たちの立ち位置がわからなくなってしまったからだろう。

 中国にすり寄ってはみたものの、隷属するのは屈辱だ。かといって、日本とは仲良くしたくない。さらに、自分たちが取り込んでいると思っていた米国が、先日訪米した安倍晋三首相を予想以上に厚遇したことも衝撃だった。もちろんロシアにすり寄るのも、今の北朝鮮と仲良くするのもメリットがない。かといって韓国は韓国だ、と言ってみても国民は納得しない。韓国は自分たちのポジションを再び探らなければいけなくなったのだ。

 長い歴史の中、日韓の間にはいろいろなことがあったが、1965年、朴大統領の父親である朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領は、「日本統治時代の問題はすべて清算しよう」と日韓基本条約を結んだ。そして、日本からの援助金や技術で「漢江の奇跡」といわれる経済成長を達成した。

 戦後の日韓関係はそこからスタートしている。日本は償いもしているし、韓国経済発展のために技術や資本も提供している。そういう歴史の事実を、金大中(キム・デジュン)以降の韓国は認識していない。特に現大統領は当事者の娘なのに、こういうことを無視して、意固地な態度を続けた。このお嬢様大統領につけるクスリはない。今回のように少し態度が変わっても、反日姿勢は変わらないだろう。

 私は日韓関係については、しばらくほっといたらいいと思っている。ビジネス面では、日本の部品や機械を依然として買ってくれているから、あまり実害はない。

 韓国の若者たちの日本離れは、98年に就任した金大中元大統領のころから始まった。経済の建て直しを図るため、米国に範を求めて、英語やIT産業を奨励し、その結果、韓国はIT先進国と呼ばれるようになり、日本への留学生は激減した。

 さらに、日韓関係をここまで悪化させたのは、2012年8月の李明博(イ・ミョンバク)前大統領の竹島上陸だ。当時、現役の大統領だったにもかかわらず、歴史を深く理解せず、天皇陛下に謝罪を要求するようなことを口走って反日政策を前面に押し出し、韓国の国民やマスコミを「嫌日」に追い込んでいった。行き過ぎだったと思う。

 だいたい、「日本は歴史認識ができていない」と中国も韓国も言ってくるが、歴史を正しく認識している国なんて世界に1つもない。いつの間にか民主主義のチャンピオンということになっている米国だって、歴史を忘れている。メキシコから奪った州はいくつあるのかと言いたい。

 韓国も中国も歴史問題については、おかしなことだらけ。すべての国が歴史問題を正しく国民に伝えていない。為政者に都合のいい歴史を語っているだけだ。日本だけが諸外国から「歴史認識」を責め立てられるのは外交技術が弱すぎるからだ。
--------------------------------------------------------------------
補記:ありもしない・常識外れの「ねつ造」:「20万人従軍慰安婦強制連行」&「性の奴隷捏造」は記事元である「山口の共産党員・吉田清治の捏造」であり、吉田清治は生存中の最後には:秦邦彦氏(高名な歴史研究の第一人者)のインタビューに対して、自信の証言は捏造であり、全くのフィクションであるが、小説の様に、何を書いも自由ではないか。との様な言い分でもあった。

 さすがに歴史専門家であり、幾多の実績が認められている:秦邦彦氏に対しては、虚言捏造を言い通すことが出来ずに、「強制連行の捏造」を認めて、虚報を自己批判して:死んでいったのであった。このインタビューの詳細は『戦場の性』秦邦彦著:新潮社:1996年・6月)に詳細にレポートされ、出版されていた。

 吉田清治に便乗して1992年以来「20万人強制連行の犯罪」レポートを積極的にレポートしてきた:朝日新聞は:まことに遅ればせながら2014年9月に:3日間・毎日:数ページにわたって、全面紙面数ページにわたる自己批判レポートを掲載、朝日の記事が:吉田清治証言をうのみにして書かれた捏造記事:誤りであったことを、全面的に謝罪し:社長は首謀者として責任を取って辞任したのであった。

 韓国政府は「ソウル日本大使館前に建てられた『慰安婦碑』なるもの」をいまだに撤去していない。「従軍慰安婦問題」は吉田清治・共産党の「20〜16万人強制連行」の虚言・捏造証言をうのみにした朝日新聞報道を悪用して:反日国是の国である韓国が:事実無根の「20万人強制連行・性奴隷」の虚言と捏造記事を根拠にして:日本糾弾に悪用した悲劇であった。

 韓国は自らの間違いを:吉田清治と朝日新聞に次いで日本と韓国国民と神様に謝罪すべきであろう。有りもしない「20万人強制連行」と書かれた:「慰安婦碑」を日本大使館前に設置した愚かな恥ずべき失敗を韓国政府は謝罪すべきなのが:従軍慰安婦問題である。

 反日・恨日・怨日の情念が吉田清治と朝日新聞と韓国国民とを結んでしまった:「悪霊現象:怨霊現象」が「慰安婦事件」であろう。

 朝日新聞にに次いだ「韓国の誠実な謝罪」&「慰安婦碑の撤去」が必要である。合掌

 2015:5・27

1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2015年05月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31