mixiユーザー(id:545566)

2022年06月22日12:26

174 view

日本国憲法第15条「選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。」

投票を増やして、本当にイイのだろうか? イイ結果が出る保証があるのか?

日本国憲法第15条4項
すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。
----------

恐ろしい条文である。

有権者は、「NHK党」と書いても、その責任は取らなくていい。
日本国憲法は日本国民の「無責任」「面白半分」「愉快犯」を保証する。

橋下徹さんの、山本太郎さんの、立花孝志さんの、責任ではない。
「維新」と、「れいわ」と、「N国党」と、自分の手で書いた有権者の責任なのである。
そして、有権者は、その責任を取らなくていい。

NHK党は、政党交付金で、つまり税金で、全国にカカシを立てまくりである。
「N国党」と書いた有権者が立てたのだ。

そして、維新、れいわ、NHK党、に続いて、今回の選挙で「参政党」が議席を取る可能性がある。
支持者は認めないが、前回「れいわ」と書いた有権者の一部が、参政党支持に移動している。
もはや保守とかリベラルではないのだ。「常識」と「陰謀論」の戦いなのである。

面白半分や、愉快犯や、陰謀論者の投票を増やして、いったい、何が嬉しいのか?
マジメな人はマジメに考えて欲しい。


長澤まさみ・松本まりか・池田エライザ・賀来賢人・北村匠海ら投票呼びかけ 参院選公示日に「私も投票します」メッセージ動画公開
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=137&from=diary&id=7005323

13 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2022年06月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930