ホーム > mixiユーザー(id:545566) > mixiユーザーの日記一覧 > バンクシーだって公共物をイタズラする。整形好きは自分にメスを入れる。われわれも人生を「整形」し続ける。

mixiユーザー(id:545566)

2019年12月08日12:36

141 view

バンクシーだって公共物をイタズラする。整形好きは自分にメスを入れる。われわれも人生を「整形」し続ける。

画家は真っ白なキャンバスに絵の具を塗りたくる。
真っ白なキャンバスはまだ売り物になる「商品」だが、絵の具で汚した後は、「芸術品」になるか?「ゴミ」になるか?わからない。

陶芸家のこねる粘土も、今からどんな形にもなれる「可能性」から、焼いてしまった後は、芸術品になるか?割って捨てるか?しかない。

可能性≒商品から、芸術品になるか?ゴミになるか?

ショップで買った商品が、生涯のお気に入りになるか?もう要らないと捨てられるか?

芸術家も、あなたも、やってることに、大した違いはないのだ。

整形男子・アレンの目標は人造人間「施術はポジティブに。“負の整形”はしてはいけない」
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=54&from=diary&id=5893763

彼も、美を追求する一種の芸術家だ。

画家のキャンバス、陶芸家の粘土が、彼の場合は、自分の肉体だというだけの話。

キャンバスが芸術品にあるか?粗大ゴミか?
粘土が芸術品にあるか?割って捨てるか?
肉体が美しくなるか?醜くなるか?

これも、あなたと、あんまり違いはない。

大学に行って、経済学を勉強するか? 医学を勉強するか? 学校なんか行かずに親方について大工になるか? カネを貯めてラーメン屋を開業するか? 東京に出て働くか? 地元に残るか? あの子と結婚するか? 子供を産むか? 家をローンで買うか? AKBの握手券を大人買いか? この金で酒を呑むか? 貯金するか?

その判断で、あなたの人生は変わる。
後でやり直せる判断もあるが、だいたいは、もうやり直せない。

40歳営業マンが、今から医者になりたい!、というのは、かなり難しい。
子供を作ってから、こんなはずじゃなかった、は通用しない。
整形してから、元に戻せないのと同じである。

バンクシーは公共物にイタズラ描きをする。賞賛する人もいるし、怒る人もいる。
整形好きは自分の肉体にメスを入れる。賞賛する人もいるし、馬鹿にする人もいる。

整形好きを馬鹿にしてる皆さんだって、人生を「整形」し続けているのだ。
頑張ったつもりなのに、こんなに醜く終わるなんて思ってなかった、それが人生の最期ではないか。


10 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
忍者モード登場!