ホーム > mixiユーザー(id:545566) > mixiユーザーの日記一覧 > 「やらせ」でないテレビ番組なんか、この宇宙のどこにあるのか?

mixiユーザー(id:545566)

2019年01月12日12:22

49 view

「やらせ」でないテレビ番組なんか、この宇宙のどこにあるのか?

東海道四谷怪談という狂言がある。
その舞台を見て、
「なんで、毒殺されたお岩が、伊右衛門に復讐できるのか? 幽霊なんか存在するはずがないだろう!」
と、クレームをつける客がいたら、説明する必要はない。
「二度とまたぐな」と、木戸銭を叩き返して、小屋から追い出しても、許されると思う。

「イッテQ!」がBPO審議入り
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5453608

みんな、大丈夫か? ホントに、正気の沙汰か?

テレビのバラエティで、「やらせ」は許さない???

「宝塚や歌舞伎や新派の役者が化粧をしてるのは変だ。現実世界にあんな厚化粧をしている人間はいない」
「映画に、なぜ、脚本があるのか? 主人公は思い通り行動すべきだ」
言ってることは、これとほとんど変わらない。

発言者は、BPOじゃなく、心療内科が対応すべき事案だろう。

BPOの役目は、やらせ(=脚本、演出、仕込み)が大前提のテレビ番組で、
詐欺まがいの内容で、視聴者を騙し、金銭的な損失や健康上の被害を招きかねない内容だった場合、
特定の国家、民族、集団、個人などを、虚偽によって、不当に貶める内容があった場合、
などに、チェック、審査、告発する仕事をすればいいのである。

もし、「イッテQ!」のやらせで、誰かが不当に貶められたのならば、信じた人間が損害を受けるような内容だったのならば、BPOの出番である。
知らないけど、そういう内容だったのだろうか?

怒るべき対象はテレビじゃなく、番組を信じる馬鹿〜「相棒」シャブ山シャブ子、「世界の果てまでイッテQ!」やらせ祭り。 
http://nationoflequio.hatenablog.com/entry/2018/11/16/004146 


6 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月12日 12:43
    「この番組はフィクションです。必要な演出を編集にて加えております。」

    このテロップをいれれば済む話。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年01月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031