mixiユーザー(id:545566)

2018年07月21日13:05

218 view

白河院「賀茂河の水、双六の賽、山法師、是ぞわが心にかなわ ぬもの」(平家物語)

パヨクの枝野さんが
「7世紀末、本朝は持統天皇の御代、双六禁断の綸言あり!」
と、日本の歴史と伝統を持ち出してきたのに、

それに対する反撃が
「枝野は革マル!」
じゃあ、あまりにも情けないでしょ(笑)。

もしも、枝野さんが革マルシンパなら、代々木が選挙協力するわけがないし、
中核派シンパの山本太郎が、国会内でゲバ棒フルスイングしてますよ(笑)。

もしも #立憲民主党 枝野代表= #革マル派 / #山本太郎 = #中核派 ならば、代々木共産党と協力なんて絶対に無い(笑)。 
http://nationoflequio.hatenablog.com/entry/2017/10/31/001335 

パヨクが、天皇を持ち出したんだから、
ネトウヨさんも、天皇で反撃すればいいじゃん。

11世紀、日本中世最初の覇王、白河院の有名な御言葉があるじゃないか。

「賀茂河の水、双六の賽、山法師、是ぞわが心にかなわぬもの」

この世に自由にならないものなどないが、
加茂川の治水、バックギャモンの賽の目、比叡山の僧兵、
この3つだけは手に負えない。

偶然にも、西日本大水害を被った今の日本にとって、これ以上の金言はない。
比叡山の僧兵は、現在のトランプさんの比喩だと思えば、ピッタリだ(笑)。

そして、恐れ多くも、白河院御自ら、バックギャモンが大好きだったのである。
天皇が夢中になっていたんだから、本朝はバクチの国、カジノOK!なのだ。

しかし、なんで、日本人じゃない琉球人が、日本史の「使えるエピソード」を、わざわざ日本人に教えなきゃいかんのか(笑)?

まさか、愛国者ともあろう者が、尊皇家ともあろう者が、
枝野さんが双六の話を持ち出した時に、
白河院の双六のエピソードが思い付かなかった、
なんてマヌケなことはないよね? 

「枝野を攻撃しようと、革マル派はすぐに思い付いたけど、白河院は頭のスミにも浮かびませんでした」
それで、保守や愛国や尊皇が名乗れるのだろうか?

というか、そもそも、革マル派と中核派の区別もついてないのに(^^)。

ネトウヨさんは、安倍ちゃんを好きになるのと同じくらいの熱量で、
もう少し、日本の歴史や、天皇を、好きになった方がいいような気がする(^^)。

山本太郎議員らを懲罰委に カジノ実施法の採決で垂れ幕
(朝日新聞デジタル - 07月20日 23:23)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5209431

11 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月21日 15:10
    私は日蓮宗徒ですが、じゃあ私は創価なんでしょうか?顕正会なんでしょうか?
    もちろん煙草のCMが禁止されたように酒のCMにも規制をかけるべきです。
    ビールの国ドイツでもワインの国フランスでも子供が見るような時間に酒のCMは流せません。

    私はアルコール依存症です。
    入院経験もありますし、多分投薬されている薬を考えればあと10年程度しか生きられないでしょう。

    酒に対する恨みはありますが、では飲酒=アル中なのかと言えばまた別です。

    禁酒法はいらない。
    そんなディストピア国家にはしたくない。
    (だいたい私が本当に肝臓も腎臓もズタボロになるまでおかしくしたのはそれ以上に睡眠薬依存症だったからだし)


    で、枝野の革マルについてですが、JR東日本の労働組合と付き合いがあっただけの事。
    本物の活動家とは違います。
    山本太郎の中核派は選挙で協力しただけの事。
    青島幸男や中山千夏の昔と違って左派のタレント候補には厳しい時代です。
    そのまんま東や橋下徹みたいなのはまた別ですが。
    やっぱり本物の活動家ではない。

    飲酒とアル中はまた別の事と同じように。
    何かを利用することと何かにハマる事は全く別です。
    よく在日琉球人さんがリバタリアンの例として西原理恵子を出されます。
    西原理恵子は事実上高須と婚姻関係です。

    しかし彼女の死んだ夫、鴨志田は戦場カメラマンで、戦争という辛い人間の真実を目の当たりにしてアル中になり、死にました。
    私と鴨志田さんは同じ病院に入院経験があります。

    そして西原理恵子は高校時代の飲酒での退学に対する裁判について、保坂展人と協力関係にありました。
    と、いうかここが彼女の一番のターニングポイントでしょう。
    もし保坂と出会わなければ高知の片田舎でヤンキーのまま野垂れ死んでたかもしれません。
    学校における人権意識のなかった昔ではそのくらい攻撃姿勢がなければ生きていけなかったのです。
    ネトウヨの皆さん、今は甘い世の中だね。


    ですが、西原も青生舎の活動家だったか?というとまた別です。


    山本太郎がパチンコ反対派だという事実をネトウヨの皆さんは認めませんね。
    「カジノ推進派の皆さん、サミーやアルゼからいくら貰っているんですか!?」そう問い詰めていました。
    これまでパチンコはグレーゾーンでした。
    まだ名目上は「遊び」でしたからね。
    かくして国は公式にギャンブルを認めました。
    遊びの時間は終わりました。
    これからは真剣勝負なんですよ、公営鉄火場には銀行のATMもおかれるみたいだし。
    利用することとガチになる事はまた別であると前述しましたね?
    それがパチンコと本物のギャンブルの違いです。

    え、尚私の入院した病院は久里浜医療センターと申します。
    アルコール依存症だけでなくネット依存症やギャンブル依存症も診療科目にあります。
    この病棟の奥にはなぎさ病棟・しおさい病棟という、麻薬で事件起こした人の実質的な刑務所もあります。
    (厚労省と共に法務省の管轄でもある)

    2ちゃんねるは本当に勢い無くしましたね、薬違法板がなくなってから。
    フジテレビデモ主催者が北朝鮮からの薬の注射を売っていたこともありましたなあっかんべー

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年07月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031