mixiユーザー(id:5455321)

日記一覧

N−愛すべき人がいて
2020年06月23日19:58

 いきなり思わせぶりなタイトルですみません。 現代最高の歌姫。となると、M−愛すべき人がいての浜崎あゆみさんではなく、オペラ界では、アンナ・ネトレプコでしょう。そのNです。プロ野球が開幕したので、ただのゴロ遊びです。 そのうち、生で聴く機会

続きを読む

 「トスカ」「シェニエ」もよいが、ヴェルディ熱が収まらない。 今年「アッティラ」と「マクベス」に親しみ、最近も「ファルスタッフ」「ドン・カルロ」につづき、「シモン・ボッカネグラ」、さらに初めて「仮面舞踏会」へと聴き進んでいる。有名作だけで2

続きを読む

あんときの・シェニエ
2020年06月08日19:58

 「トスカ」の次に「アンドレア・シェニエ」の舞台映像を観ました。 プラシド・ドミンゴが題名役、名バリトン、ピエロ・カプッチッリがジェラール、チェコのガブリエラ・ベニャチコヴァがマッダレーナ。今年2月に88歳で亡くなったネッロ・サンティ指揮ウ

続きを読む

現代社会のトスカ
2020年06月05日19:16

 自宅にいる時間も多く、オペラ映像を観る機会も増えました。と言っても、テレビの前で何時間も座っていられないので、一度に1幕、2、30分程度で、観劇のように幕間休憩を入れつつ、何日かかけて観るスタイルです。 取り出したのは、プッチーニのトスカ

続きを読む

ジャケ・シリーズも番外編、ちょっとどうかなというものをご紹介。ヘルベルト・ケーゲル指揮 ライプツィヒ放送響 ブルックナー:交響曲第5番(1977年録音)これ、なんの写真ですかね。やっぱり路面に倒れた人型ですよね。さすがにやばいジャケ・ナンバ

続きを読む

もうエンドレスになってしまうので、カラヤン編、やばい失敗ジャケ編を飛ばして、今回は美人ジャケ編とします。と言っても、挙げだしたら3つや6つでも足りない。普段アップしているグリモーさん、ハーンさん、アリス・オットさん、諏訪内晶子さんではなく、

続きを読む

素敵なジャケ写 4
2020年05月20日21:01

そこそこ楽しんでいただいているようですので、調子に乗って、今回は大人の鑑賞に耐えるプロの写真をご紹介します。いずれも、ナイーブというレーベル、オケはフランス国立管です。ブルックナー:交響曲第5番 ロヴロ・フォン・マタチッチ指揮(1979年ラ

続きを読む

素敵なジャケ写 3
2020年05月19日21:20

まだ少しジャケの紹介を。3回目は写真編です。結果として、似たようなテイストのものになってしまいました。エルガー:エニグマ変奏曲ほか レナード・バーンスタイン指揮BBC響霧のロンドン、時計台(ビッグベン)ガーシュイン:ラプソディ・イン・ブルー

続きを読む

素敵なジャケ画 2
2020年05月17日22:35

どうやら私は単に、素敵なジャケ画が好きなだけだと理解しました。音楽を聴き始めた高校生のころ、お小遣いで1枚のLPを買うとなると、きれいなものにひかれたためでしょう。そのころは、レコード会社は人気産業で予算もあり、デザイナーやイラストレーター

続きを読む

素敵なジャケ画 1
2020年05月17日01:02

マイミクさんの日記で話題に出た曲で、ジャケ画が素敵なものを載せてみます。やはり30センチ四方をキャンバスとでき、製作費も余裕があったLP時代のものとなりました。エルガー:交響曲第2番 サー・エイドリアン・ボールト指揮 ロンドンフィル もちろ

続きを読む

 1位 魔笛(モーツァルト) 子ども向け上演機会も多いのでしょう。 2位 ラ・トラヴィアータ(椿姫、ヴェルディ) 日本でも定番作品です。 3位 カルメン(ビゼー) これも超人気オペラ、屋外公演あり。 4位 ラ・ボエーム(プッチーニ) ちょっ

続きを読む

もったいつけても仕方ないですし、ほぼ正解が出揃っていますので、世界で上演される順位の発表です。(このボックスの記載ですので変動はあります)1位 ラ・トラヴィアータ(椿姫) 皆さまの予想どおりでした。ところが、このオペラ、意外にも決定的名盤が

続きを読む

ヴェルディさんは、こんな人です。各作品の紹介画像。映像はきれいです。演出はいろいろありますが、私は観やすく好きです。まだまだ、とっても全部は観ていません。BD27枚と解説書が、こんなにコンパクトに入っています。

続きを読む

オテッロ、イル・トロヴァトーレ、アッティラ、マクベス、ファルスタッフ。ご存知イタリアのオペラ王、ジュゼッペ・ヴェルディ(1813〜1901)の作品だ。昨年秋から、順にこれらの演目を、実演やCD・DVDで集中的に聴いてきた。シェイクスピア原作

続きを読む

 マイミク・ロベルトさんが行っていた企画を拝借します。 2人の人気作曲家の番号つき交響曲を比べて、優劣を決めようという趣向です。彼は、マーラー2勝、ブルックナー4勝、引き分け3だったようです。 彼の日記へのコメントでもよかったのですが、長く

続きを読む

 瀬奈、聖名、世凪、星那、せな、セナ・・・ 1990年ころ生まれの人に、そこそこ見かける名前だ。 佐藤世那というプロ野球選手もいた(オリックス、2016−8年)。 「千夏」 いや、これで「せな」と読ませるのは、キラキラがすぎる。 全員が全員

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。