ホーム > mixiユーザー(id:5437811) > mixiユーザーの日記一覧 > 始めは、バッチと言う音と小さな淡い光だった、

mixiユーザー(id:5437811)

2020年01月25日04:52

10 view

始めは、バッチと言う音と小さな淡い光だった、

その光は核が臨界した事を教えるチェレンコフ光だったそれが、東海村JCO臨界事故の始まりだった。
核反応が止まった後も、短命の製品が減衰するように減光しながら輝き続ける。同様に、チェレンコフ放射は、使用済み核燃料棒の残留放射能を物語っている。
その作業をしてた作業員3人の内2人の死を。

ふざけるではない!騙し続けて!・・・知っているかい、此の泊原発の公聴会での・・・地元高校生の魂の叫びを。
◆泊原発、放射性物質放出を過少報告 88年から、実際の半分
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/377972
2019/12/24
:罪嘘欺瞞ミス言い訳ー⚖―本音真実優しさ信念ゼロ:原発・戦争法案・食品添加物・農薬・科学肥料・多大なストレス・・・流産・奇形が多発する現状、高校生の声を聞いて欲しい2015年07月02日 16:38(記)
何十年か前北海道泊原発の公聴会の時、地元の高校生が質問しました、「私たち友達や同級生の間で子供を生む事の不安を日々話し合っています、私達はここへ集まる無責任な大人たちの顔を見に来たのです、そして私の質問に答えて欲しいのです。
私達、子供を生んでも絶対に大丈夫なんですか」
と言い泣き崩れたそうです
・・・会場の大人達からは一言も声が出なかったそうです。(かなり前のことなので、口調など誤りがあるかもしれませんが)

この子たちの世代が、24〜31歳代を迎えようとしてます。


【ヤバイ】泊原発、計570兆ベクレルの放射性トリチウムを放出していたことが判明!過去25年間で!他の原発も同じように海洋放出!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4224.html

泊原発データ改ざん 作業員男性が急性白血病で死亡 http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1724588&media_id=4

福島第二と泊原発も記載ミス…緊急対策報告書 (読売新聞 - 09月28日 22:54) http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1758511&media_id=20 ..

泊村の突出したガン死亡率と岩内町の反骨の“市民学者”
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-799.html
泊原発周辺 の小さな町村の、ガン死亡率が突出して高いということは間違いありません。

そして本年9月6日3:07に発生した北海道胆振東部地震で泊原発の外部電源は喪失をしました、この事がどれだけ「危険だった」のかを合わせて。

全ての不安は残酷に的中してしまったのですから。

何十年か前の、女子高校生「私達、子供を生んでも絶対に大丈夫なんですか」と言う問いかけは凄く重要なことだ。
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年01月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031