ホーム > mixiユーザー(id:5437811) > mixiユーザーの日記一覧 > ///企業は決して責任が有ろうと責任を認めません…真実を知って因果関係があると解った時には手遅れも有りますし、責任を取らせるのには手を取り合い因果関係を解明証明する事が一つの手です。

mixiユーザー(id:5437811)

2020年01月17日22:31

15 view

///企業は決して責任が有ろうと責任を認めません…真実を知って因果関係があると解った時には手遅れも有りますし、責任を取らせるのには手を取り合い因果関係を解明証明する事が一つの手です。

:::日本は(多国籍籍企業も含め)どうして人の命(や生命を持つ生態系の存在)よりも目先の経済利益を優先されるのでしょうね涙 :::上記は、質問に(失礼して注略を入れました)
真逆の考えが「生命倫理」学です、この考えを今ダカラこそ基本的な考えにしなければ、人類は自ら進んで他の生命を犠牲にしながら下記の*印の内容などで滅亡を選ぶ事に必ずなる道を歩みます。
*エネルギー収奪戦
*戦争
*優性思想
*人的原因による異常気象
*世界的な大気汚染公害
*¹航空機公害/あまり知られていない事では*墜落事故より怖い航空機の排気ガス https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/3248/
*ロケット燃焼によって大気中に放出された排気物 - J-Stage
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jar/5/4/5_4_272/_pdf/-char/ja
*ロケット燃料に含まれる有毒な化学物質:EPAがガイドライン
https://wired.jp/2005/02/23/%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e7%87%83%e6%96%99%e3%81%ab%e5%90%ab%e3%81%be%e3%82%8c%e3%82%8b%e6%9c%89%e6%af%92%e3%81%aa%e5%8c%96%e5%ad%a6%e7%89%a9%e8%b3%aa%ef%bc%9aepa%e3%81%8c%e3%82%ac/
:大気汚染で認知能力が低下、年齢が高いほど顕著
ナショジオ
:世界の「抗生物質汚染」、今すぐ対策を、最新研究
ナショジオ
:環境汚染でホッキョクグマのペニス折れやすく
ナショジオ
*インドネシアの野焼きの環境被害を算出
ナショジオ
環境の最新記事環境の記事一覧へ
2010年代は観測史上最も暑かった、NOAAとNASA発表
*川や海にも深刻な被害の恐れ、オーストラリアの森林火災
*厳戒続くフィリピンの火山噴火、専門家の見解
*【解説】最大級の淡水魚ハシナガチョウザメが絶滅
*¹TOP ニュース 墜落事故より怖い航空機の排気ガス
News
ニューストップ動物古代環境旅&文化宇宙&科学動画雑誌
環境
墜落事故より怖い航空機の排気ガス
2010.10.12
東京の羽田空港を飛び立つ日本航空(JAL)の旅客機(2010年1月撮影の資料写真)。
Photograph by Koji Sasahara, AP
空の旅で一番心配なのは墜落事故だろう。しかし最新の研究によって、墜落事故に遭うよりも、排気ガスに含まれる有害な汚染物質で命を落とす可能性の方が高いと明らかになった。 近年では、毎年1000人前後が航空機事故で死亡している。一方、ジェット機の排気ガスは年間約1万人の命を奪っているという。これまでの研究は、離着陸時に発生する排気ガスだけが人体に害を及ぼすという前提に立っていた。今回の研究では初めて、巡航時も含めて早死にした人の数を総合的に試算している。
アメリカ、マサチューセッツ州ケンブリッジにあるマサチューセッツ工科大学(MIT)の航空工学者で、研究チームを率いたスティーブン・バレット氏は、「高度約900メートル以上で発生する排気ガスは未規制で害が多い。人の死につながるような汚染をもたらす」と警告する。
航空機の排ガスは車と同様、二酸化硫黄や窒素酸化物といった大気汚染物質を何種類も含んでいる。汚染物質の中でも特に小さい「粒子状物質」が人体に悪影響を及ぼす主因だと言われている。微粒子が肺の奥深くに入り込み、血流まで到達する場合があるためだ。
バレット氏らは飛行経路の記録、飛行中に消費する燃料の平均量、排気ガスの推定値を組み合わせたコンピューターモデルを使用した。実験データに基づくこのコンピューターモデルは、大気中の汚染物質の動きを正確にとらえた。また大陸間、特にアジアから北アメリカへの汚染物質の移動も明らかになったという。
バレット氏らの試算では全世界で毎年8000人前後が、約1万メートルの巡航高度で航空機から排出される汚染物質によって命を落としている。一方、離着陸時の汚染物質による死者は約2000人にとどまるという。
国際連合の世界保健機関(WHO)によると、大気汚染による最も一般的な死因は、肺癌(がん)など呼吸器や心臓血管の疾患だ。
ただし今回の研究によれば、離着陸数と健康被害に直接の因果関係があるわけではないようだ。
雲よりも高く飛ぶ巡航高度では、気流が汚染物質を遠くまで押し流し、偏西風に代表されるような卓越風に乗せてしまうことがある。その結果、例えば汚染物質が飛行経路の1万キロほど東まで運ばれ、そこで地上に降り注ぐ事態になる。
アメリカでは毎年450人前後が飛行機の排気ガスで命を落とす。汚染物質が飛行機から地上に真っすぐ落下するとしたら、その数は7倍ほどに上るはずだという。一方、インドでの死者は1640人と推定されている。この国の離着陸数から予測されるより、7倍も多い数字だ。
「Environmental Science & Technology」誌の10月号で発表された今回の研究によると、大部分の原因はインド上空を通過する飛行機ではなく、ヨーロッパや北米の高高度で発生し、風に吹かれてアジアまで流されて来た排気ガスだという。
とはいえ、航空機の汚染物質による死者は、大気汚染全体からすればまだ少ない。同じく「Environmental Science & Technology」誌で発表された2007年の研究によると、例えば船舶からの排気ガスは年間6万人ほどの命を奪っているという。
さらに、国連環境計画によれば、大気汚染による死者をすべて合わせると毎年100万人前後に達する。
それでもMITのバレット氏は、「航空産業は急速に拡大しており、今すぐ手を打たなければ死亡率を抑制できない。巡航時の排気ガスが人体に及ぼす影響について、規制当局はしっかり考えるべきだ」と指摘する。
その上で、同氏はこうも提言している。「主な有害物質はジェット燃料に含まれる硫黄だ。しかし、1ガロン(3.8リットル)あたり5セント(約4円)ほど余分にコストを掛けるだけで、大部分の硫黄は取り除くことができる」。
Photograph by Koji Sasahara, AP
文=>Mason Inman
1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!