ホーム > mixiユーザー(id:5437811) > mixiユーザーの日記一覧 > それでも森の精、モノノケたちがいる 2、

mixiユーザー(id:5437811)

2019年11月13日05:10

15 view

それでも森の精、モノノケたちがいる 2、

みおは汚れてはいない、百鬼丸も汚れていない…失ったものの大きな大きな存在を知りまた旅する百鬼丸…祈りは時として人を自然も破壊する。それが百鬼丸の父だとは

English translation
https://www.youtube.com/watch?v=ZLaAix7lO24
赤白の天幕 穢れ ミソギ
赤い花 白い花 (画像は手塚治虫氏描くどろろ現代版…女性は戦争孤児を助ける為敵味方に売春を…そして汚らわしいと言われて殺される)

私の思うに、一神教は対立を作ると言うジレンマを歴史的にも抱えていますし造ります。
これが、日々浴びている太陽光、光一元論なら粒子で有り波の光故 弁証法で言う対立を超えたジンテーゼ 新たな高次の概念による、矛盾の解決。統合が生まれます。
祈りで穢れ地は変わりません癒す事はできません。
癒し地は祈りから生まれません。 先住民アイヌの世界感や世界の先住民の世界感も多神教そして日本古来の古神道の八百万(ヤオヨロズ)ノ神々の世界(注1)は、光の色の波動の世界感でもあると思っています。
光は重ねても重ねても透明で重ねれば重ねるほど強く輝きます。
どんな命でも、光そのものです。 絵の具の色の世界は、その真逆です。 まるで人が良く落ちる物質欲の様になり
ます。
(注1)
千と千尋の神隠し
https://www.youtube.com/watch?v=Q3580ndaVII

Red and white tent
Red flower White flower (Image is a modern version drawn by Osamu Tezuka. Females prostitute to help orphans)
In my opinion, monotheism has historically had a dilemma of creating conflict.
This is the solution of contradiction by the new high-order concept of the synthesizer beyond the confrontation in the dialectic. A synthesis is born.
The land of drowning does not change with prayer.
A healing place is not born from prayer. The world of indigenous Ainu and the world of indigenous peoples are also thought to be the world sense of the wave of light color. The
The light shines brighter the more you stack, the more transparent it is.
Any life is light itself. The color world of paint is the opposite. It ’s almost like a substance craving
The
(Note 1)
Spirited Away
https://www.youtube.com/watch?v=Q3580ndaVII

2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する